ロードバイクのシフトワイヤーが切れた 前兆があった

Pocket

ロードバイクのシフトワイヤーが切れてしまった 自宅での整備中に切れたので良かったが外出中だったら苦労するところだ

自転車のロードサービスも利用できるが以前タイヤのバーストで利用しようとしたら使い勝手が悪く結局家族に救助を頼んだことがある 以来ロードサービスはどうしようもない時の非常用だと認識している

シフトワイヤーの断線だったら重いギアを踏んで自力走行できるのでトラブルとしては軽い方かもしれない

本題に戻り、今回のロードバイクのシフトワイヤーは以下のとおり完璧に切れてた

当然シフターを動かしてもスカスカ状態

ロードバイクのワイヤーはフラットバーのブレーキワイヤーに比べ見にくいので切れる前兆を見逃してしまったが あるにはあった

それは走行中の変速がおかしくなる ワイヤーが少しづつ切れ伸びていくためだろう

ワイヤーの伸びは切れなくてもあるので時々ディレイラーの調整が必要だが今回は断線による伸びとは気が付かなかった

明らかに違うのは調整してもすぐ狂ってくること

これを教訓にディレイラーの調整時にはワイヤーの点検しようと思う

断線する箇所は普通曲がりが多いところ 先端か末端部になる 中間部で切れることは不良品は別としてほぼないと思うし、露出する部分が少ないのでそもそも点検できない

抜いて点検するなら手間を考えると定期的な交換のほうがよい

次は交換作業

断線による交換なので少し面倒だった ワイヤーを差し込むところが通常の位置に戻らない 断線したワイヤーがシフターの動きを邪魔をしている

面倒だがシフターの下部にある蓋を外す

蓋はネジ一本で簡単に外れた

ここで断線したワイヤーは簡単に外れシフターも通常の位置に戻り新品のワイヤーを入れることができた

普通ならこの状態で簡単にワイヤーを差し込める

今回シフターの下部を始めて外したがここを外すと点検も容易なので少し面倒だが点検時に外すことにする

Pocket

ハイドロタックを使った感想

Pocket

老眼になると日常も不便だが趣味のサイクリングもスマホの操作やナビ画面を見るのに不便を感じる

今回は買うか買うまいか迷っていたハイドロタックを買った感想

大手の雑貨屋でも売っていたが購入先はいつものアマゾン 

ハイドロタック 貼る リーディングレンズ 老眼鏡 度数+1.50 Hydrotac +1.50

ハイドロタックとは簡単に言うと 老眼鏡の一種 手持ちのメガネやサングラスに貼るだけの超便利なレンズである

さっそく度付きサングラスに貼ってみた 

価格は3000円前後で迷うほどの価格ではないがペラペラの小さなレンズに価格以上の価値があるのか疑問だったため、魅力はあるもののしばらく見送っていた商品

商品の特性上お試しができないののがネック 1000円位なら失敗しても諦めがつく

結論を先に言うと早く買えばよかった

スポンサーリンク

良い点から書くと

1.軽い 眼鏡に貼るだけのレンズなので重さはないに等しい それまでは跳ね上げ式の老眼鏡を使っていたが比較にならない 跳ね上げ式は眼鏡の重量増によるずり落ちも気になる そもそもサングラスなど特殊な形状のメガネに跳ね上げ式は使えない

2.今まで使っていたサングラスや眼鏡を利用できる 自分は近視のためサングラスも度付きを利用しているがハイドロタックは貼るだけで済む

3.簡単に貼れ、再利用も簡単 水で貼るだけなので簡単 剝がすのも爪先で剥がせる 接着が心配になるが空気を抜きピタリと貼ればしっかりと貼れる

次に気になる点や不満な点

1.ある程度の大きさのメガネが必用 視界の確保のためにはしょうがないがハイドロテックを貼るとレンズの半分くらいは老眼鏡になるので小さな眼鏡は視界の確保に注意が必用 ただレンズはハサミでカットできるので適度の調整はすることができる 

2.まだ買ったばかりなので耐久性が不明だが取り扱いに気を遣う 素材はTPUと書いてある 汗で汚れてジャブジャブ洗い ゴシゴシ拭くような扱いはできないと思う 水道の水で汗を洗い流す程度では今のところ大丈夫だった 拭くときは布で押さえるように拭いた

3.商品は満足だが価格が高い 個人の感想だがやはりペラペラの小さなレンズにこの価格は高く感じる 他に価格の安い同類の商品がアマゾンであったが評価が低いので止めた

最後に

趣味の自転車でサイコンをガーミンから安い小さなサイコンに替えて表示が小さいのが気になっていたがハイドロタックのおかげでしっかりと見える 

自転車はやや上目で前方を見るので遠近の区別がはっきりとしてレンズの境目はほぼ見ないので運転の支障はまったくなかった 今までは近場を見る時に眼鏡を外したりずらす必要があったが一つのメガネで遠近見えるのは快適だ

いまのところ自動車では使っていない 

Pocket

格安サイクルコンピュータの進化に驚いた XOSS G

Pocket

趣味のサイクリングでポタリングが主でもサイクルコンピュータ(以下サイコン)があるとモチベーションがグッと上がる。

今使っているのはガーミンの820という機種 高機能で地図まで内蔵されている 自分には不必要な機能も満載 スマホのアプリとも連携でき価格以外の不満点はない

さて そのガーミン820だがバッテリーが弱くなってきた 満タン充電でも4-5時間でアラートがでる。 バッテリーの交換を模索したが交換用バッテリーがあるのかないのか不明だった 今は充電しながら使っている

別にレザインのサイコンもあるがこれもすぐにバッテリーが減りだし今は使っていない

最新機種のガーミン830を検索するとこのアマゾンでこの価格

ガーミン Edge ブラック

下位機種の130という機種でも2万超、、、

プロならともかくレースもしない自分に高価なサイコンは不要

あきらめて別の安い機種を模索する

希望はワイヤレスセンサーまたはGPSでの速度 距離 時計 高度 勾配 気温 スマホ又はパソコンとの連携 これが条件 この条件を満たすのは有名メーカーの高額なサイコンしかないだろうと思っていたが、、、

アマゾンを検索 、、、、あった XOSS G という機種 

サイコンも知らぬ間にどんどん進化しているのか?

XOSS G サイクルコンピュータ GPS サイコン 無線 ワイヤレス サイクリング 自転車 速度計 スピード IPX7防水 MTB 走行距離計 Bluetooth 日本語取扱説明書 (G)

希望する気温だけが表示できないが他は完璧 しかも驚異的に安い

イメージ的にこの値段ならボタン電池にマグネットの有線センサーに距離と速度表示しかできない さらに設定が面倒という感じだが、、

以外にレビューの高評価が多い これは使えるか?

ダメもとで購入 でも心ではかなり期待している

シンプルなパッケージ

内容物はこんな感じ

本体、マウント、USBコード、説明書

GPSでの速度測定なのでマグネット等はない

自転車にセンサー不要なのは複数の自転車で同じサイコンを利用する自分は特にありがたい

マウントが付属しているがガーミンのマウントが使えるのが嬉しい 当然自分の自転車もガーミンのマウントがそのまま使えた 

ガーミンの出番が大幅に減ると思うがマウントが併用できるのはグッド

ガーミン用のマウントはいろんな設置が選べ、多くの商品が売られているので持っていない人も便利だ

自分ののマウントはガーミン純正品

さて機能はどうか 安くても数値がでたらめなら使えない

ガーミンとXOSS Gを同時装着して比較しながら走ってみた

ガーミンはセンサーとGPS なので差は当然ある 速度表示は加速や減速中は差が大きい 巡行中はほぼ同じ まあこれは理屈でも理解できる

この日は60km走って2機種の走行距離の差は0.5kmもなかった 数値は正確と判断できる

XOSSのアプリで走行履歴を確認したが綺麗に道をトレースしている この値段でGPS測定、アプリで設定や履歴も見れるのはすごい

不満点はガーミンのように表示画面が好みに合わせて選択できないことだ

右のボタンを押して切り替える必要がある アプリで設定できるようになると最高だ

画面の大きさはガーミン820よりやや小さい見やすさに不満はない

ガーミンは複数表示が自分で選べ、切り替えの手間が減る

XOSS G

見た目はさすがにガーミンが上 ガーミンは地図表示もできるが最近はスマホの地図アプリのほうが便利なので使っていない

ガーミン 820J

XOSS GはXOSS G+という上位機種もありセンサーが使える

自分の使い方ではXOSS Gで十分だ

XOSS G+ GPS サイコン サイクルコンピュータ ワイヤレス サイクリングコンピュータ USB充電式 バッテリー内蔵 Bluetooth ANT+対応 ロードバイクサイクルコンピューター サイクリングスピードとケイデンスセンサー (G+)

XOSSのアプリだが接続も簡単にできた ガーミンのアプリもそうだが走行履歴を地図で見るのは楽しい

XOSSアプリの走行履歴で3D表示で見れる機能があり、これもおもしろい 自分は使わないがストラバとの連携もできる

このXOSSの格安サイコン想像以上のコスパに驚くばかり、ぜひソフトのアップデートでさらに便利に使えるようになることを期待したい 

スポンサーリンク
Pocket

自転車とリュック 背中の汗対策

Pocket

自転車に乗るとき荷物はどうするか?

基本的に自分はサドルバッグ又はフレームバッグ派で荷物は持ちたくない派だ。最近は大型のサドルバッグも品ぞろえ豊富で1泊や2泊の荷物でも収まるほど収納力がある。

欠点は当然自転車は重くなる。荷物の出し入れがしにくい。自転車から離れる時、荷物もそのままなので貴重品が心配等々欠点もある。

そこで久しぶりにリュックを使ってみることにした。

まず自転車の軽さに驚く 日帰りのサイクリングの荷物でも パンク修理セット、予備のチューブ、工具、補給食、ウインドウブレーカー、財布、スマホなど1kg程度は軽くなるのだから当然か。

コンビニに寄っても買ったものをすぐ入れられるし便利だ。

リュックを背負った違和感はすぐに慣れ今期はリュックをメインに使おうと考えている。

さてここから本題のリュックを背負った時の汗だ。重さよりも気になる。背中が濡れるのはもちろん、生地が薄いとリュックの中身も濡れる心配がある。

高価なリュックは対策をされたものが多いが自分が持っているリュックは安物のリュックがメインだ。荷物の容量でリュックも使い分けるので高価なリュックをいくつも買う余裕はない。

そこでこんなのを買ってみた。リュックに付ける

R250(アールニーゴーマル) バックパックパッド ブラック ブラック

自分の安価で買ったリュックに付けてみる

穴が開いた波板+メッシュで通気性が良さそう

取り付け、取り外しは簡単 

安いリュックがこれだけで高機能のリュックになる。

今はまだ2月で本領はこれから先の季節だが今年はリュックをメインに使っていこうと考えている。

Pocket

自転車で便利なスマホホルダーを見つけた

Pocket

今回は久しぶりに新しいスマホホルダーを購入

いつものアマゾンから 画像から良さそうと判断

SPORTLINK 自転車 スマホ ホルダー iPhone12/12 Pro/12 Pro Max / iPhone11/11 Pro/11 Pro Max/X/XS/XR/XS Max/8/8Plus/6 /6S/ 5 / 5S /SE/Galaxy S10/S9/S8/S7など対応 スマホホルダー バイク GPSナビ 固定用 マウント 振れ止め 脱落防止 360度回転 (多機種対応)

サイコンが高性能化してもやはりスマホは便利 地図なんてサイコンが比較にならないほど見やすい 便利なアプリも多数 

自分はサイコンはやはり速度やケイデンス表示などに特化させてナビ等はスマホを使うのが通常

問題はスマホの設置個所

窮屈なハンドル回りにデカい画面のスマホは設置に困る

自分の場合ステム上が一番邪魔にならず、見やすい場所になる

ステムに付けることを想定したスマホホルダーは意外に少ない

価格も安かったので早速購入&設置

とりあえず土台部分 ゴムなので軽い傷つけない、様々な太さに対応

青いボタンを押せば簡単に外れる

はめる時もワンタッチ

土台とスマホをキャッチするゴムの部分がボタン一つで分離できるので

今までのホルダーに比べ比較にならないほど便利になった

例えば写真を撮るとき、スマホで自販機を利用するときなど超便利

土台部分が自在に動くのでステムに角度がついていても水平に出来た

サイコンと同じで上から見下ろすので水平が見やすい

ちなみに同じくステムに取り付けられる別のホルダーは角度調整ができないので却下した

心配なのは土台と分離できるスマホホルダー部分が走行中に落下の心配だが、ワンタッチで結合できるわりにはシッカリとキャッチしている

自分も最初は心配で上の画像のように伸びるコイル状の紐をつけているが相当ガタガタ道を走っても外れることは無かった

Pocket

プレスフィットBBの脱着

Pocket

ロードバイクから再び音鳴り

上り坂でペダルにトルクをかけた時にカチカチ音がする

ペダルは交換したばかりなので 今度はBBだろう

できればあまりいじりたくない なぜならBBを脱着する工具を持ってないから

ネジ式のBBならよいのだが自分の自転車はプレスフィットBBだ

まあ簡単にいうと圧入してあるBB 

当然専用の工具が必要

フレームからBBを外す時も大変だと聞く

金属棒を差し込んでガンガン叩き出す方法だとフレームにも悪そうだし、はずしたBBも損傷を受けるはず

工具も使用する頻度を考えると比較的お高い値段だ(自分比だが)

でも、この工具がないと手も足も出せないので買うことにする 高いとはいえ自転車屋さんに依頼することを考えれば元はすぐとれるだろう

アマゾンで購入したのはこれ 複数のプレスフィットBBに対応しているらしい

プレスフィットBBボトムブラケット リムーバー&インストレーション bb86 bb90 bb91 bb92 BB30 bb30a

ちなみに自分の自転車はBB86対応

すばらしいのはこれだけでBBの取り外しと圧入ができる

しかもガンガン叩く取り出しではなく圧入の逆でネジを締める事で取り出しができる BBのグリスアップだけで外すとか再利用を考えると便利な工具だ

早速試してみる 

ケースにはいろんなパーツが入っている 説明書はネットから読み取るらしい、紙の図入りの説明書などない

ネットからうまく見れなかったが、そのまま使うことにする

脱着の仕組みは簡単なので行き当たりばったりで大丈夫だろう

外す時はこんな感じだろうか、、、最初は意味の分からないパーツも試行錯誤で意味のあるものと理解できた

10分ほどこれがここで、あれがこれでとか考えた 理解できれば説明書など不要 単純な仕組みだ

ネジを締めあげ 簡単にBBが外れる ネジを締めるだけなのでほぼ無音

圧入はもっと簡単 

スルスルとはまる 簡単すぎる、、。

あっというまに新品のBB86を装着

ショップに依頼するか工具を買うか悩んだが、ケチらずにさっさと購入しておけば良かった

外したBBも傷一つなく回転もスムーズだったので清掃、グリスアップして再利用することにした

これで音鳴りが解消すればそのまま使うことにする

ちなみに写真の新品のBBはすぐ外した。当然無傷だ。 

Pocket

ペダルのギシギシ音  交換

Pocket

今日もコロナが怖いので人のいない山奥にサイクリングに行こうと思ったが

天気は良いが風が強く、昨日に比べ寒い

今日はメンテナンス日にする

自分はロードバイクのペダルに使い勝手の良いSPDを使っている

シューズはロード用に比べ重いが、便利なのでSLにはしない

ポタリング専門の自分には最適なペダルだ

小さく両面キャッチなので楽 価格も安い

シマノ(SHIMANO) 両面SPDペダル PD-M520 シルバー EPDM520S PD-M520S

昨日のサイクリングでSPDのギシギシ音が気になった

自転車のギシギシ音の原因は我がブログでも数多く書いてきたが今回はすぐ特定できた

平地の通常のペダリングでは音はせず、上りで、踏み込んだ時だけ発生する

このペダルは専用の工具があれば簡単に分解整備できる 

以前は分解整備して音鳴りや回転の不具合を解消した

今回は数年使っているペダルなのであっさりと新品に交換することにした

3000円台で数年使えば元は取れているだろう

古いペダルは分解整備して電動のリアルストリームにでも付けようかな

Pocket

今年最初のメンテはプーリー交換

Pocket

昨年から気になっていたディレイラーのプーリー

プーリーとは変速機についている小さな歯車 2個

自分のディレイラーはシマノの105

気になっていたのに なかなか交換しなかったのは大径プーリーやシマノの上位品(DURA-ACE等)、その他アルミなどの金属プーリーが気になったから

ちなみにシマノ純正品は安い

105の純正品で1000円少々

こちらの上位品が人気で気になった アマゾンで3000円少々

シマノ テンション&ガイドプーリーセット RD-9000/9070 Y5Y898060

105の3倍の値段だが高くはない だから どうせ交換するならと考える人が多いのだろう

でも結局元と同じ105のプーリーにした

なぜならレビューを読む限り劇的な変化はなさそうだからだ

5000円もだせば新品のディレイラーを買える事もあるし、そもそも自分はポタリング専門だ

数万円もするビッグプーリーなども無用の長物

まあ純正品以外を使うことによる細かい調整やトラブルを避けたかった理由もある

さて交換作業は簡単

六角レンチ一本でできる 作業レベルは超簡単

写真を撮って説明するほどでもない

テンションプーリーの回転方向に気を付けるくらいだ

さて

交換後のプーリーはどの程度劣化しただろうか

使用距離はポタリングが主で約10000km以上

新品と比較すると結構刃先が削れていた

新品のプーリー 当然だが綺麗

古いガイドプーリー

古いテンションプーリー

特にテンションプーリーの削れが目立っていた かなり丸くなっている

金属のチェーンでも2回交換しているので高速回転するプーリーの交換はもっと早めが良いかもしれない

まあトラブルが起こる前に交換できたので良しとしよう

Pocket

冬の自転車 シールド付きヘルメット

Pocket

虫や埃除けに便利そうだと思い5月に買ったシールド付きヘルメット

虫のいない冬にも便利だった

それは冬の冷気から顔を守ってくれる

オートバイのシールドに比べ小さなシールドだが、これがあるのと無いのとでは大きな違いがある

顔に当たる冷たい風が大幅に軽減

そして目の涙が出にくい 冷風が目に当たると涙が出てくるが、これも大幅に軽減

心配なのはシールドの曇りだが、ほぼ無い

信号の停車中などに体の熱気で曇りかけることが時々あったが僅かだ、そもそも走りだせばすぐ解消

口元が覆われてないので息からの曇りもない

春夏秋の虫よけ、埃よけで買ったが冬にも大活躍だ

ちなみに購入時の記事にも書いたがシールドが不要な時は上下逆にメットに取り付け 荷物になることはない 

価格も日本メーカーKABUTOのヘルメットお手頃なので助かる

Pocket

マグネット充電ケーブルが便利すぎる

Pocket

マグネット充電ケーブル 以前から気になっていた

USBケーブルの接続にマグネットのコネクタを介して簡単に接続できるもの

これだけで

充電の差込口を探す手間が大幅に削減 

老眼で差込口がピンボケでもある程度近づけると磁力でコネクタの接続ができる

マイクロUSBの表裏を気にしなくてもいい

差込口の保護になる

等々

これ本当に便利

自分は自転車に乗るときサイコン、スマホ、ライト等USB充電が必要な機器があってロングライドの時は充電が必須

しかもライトとサイコンはマイクロUSB

スマホはタイプCとケーブルも2種類必要

それがマグネットケーブルを介することで接続が楽になった上に、ケーブルも一本で大助かり

欠点といえば

コネクタを挿していると蓋ができず防水ができないこと まあ自分は雨の時は基本的に自転車に乗らないので問題なし

突然の雨の時は端子を外して蓋をすればよいだけ

ちなみに自分のサイコンはガーミンの820 6時間くらいを過ぎると充電の警告が出てくるのでロングライドでは充電必須

コネクタを差し込むとこんな感じ

ゴムの蓋は浮くけど埃などは防げる

ライトはこんな感じ

小型のライトだがすぐ充電できるのでロングライドも安心、大容量の重いライトは不要、そもそも夜に長時間走らないけど、、

磁力は十分 自転車の走行の振動で外れることは無かった

モバイルバッテリーはハンドル横のサイクルポーチに入れ、ケーブルの長さは30cmで丁度良かった ケーブル長は数種あるのでモバイルバッテリーを置く場所で変えればよいだろう

Pocket