自転車とリュック 背中の汗対策

Pocket

自転車に乗るとき荷物はどうするか?

基本的に自分はサドルバッグ又はフレームバッグ派で荷物は持ちたくない派だ。最近は大型のサドルバッグも品ぞろえ豊富で1泊や2泊の荷物でも収まるほど収納力がある。

欠点は当然自転車は重くなる。荷物の出し入れがしにくい。自転車から離れる時、荷物もそのままなので貴重品が心配等々欠点もある。

そこで久しぶりにリュックを使ってみることにした。

まず自転車の軽さに驚く 日帰りのサイクリングの荷物でも パンク修理セット、予備のチューブ、工具、補給食、ウインドウブレーカー、財布、スマホなど1kg程度は軽くなるのだから当然か。

コンビニに寄っても買ったものをすぐ入れられるし便利だ。

リュックを背負った違和感はすぐに慣れ今期はリュックをメインに使おうと考えている。

さてここから本題のリュックを背負った時の汗だ。重さよりも気になる。背中が濡れるのはもちろん、生地が薄いとリュックの中身も濡れる心配がある。

高価なリュックは対策をされたものが多いが自分が持っているリュックは安物のリュックがメインだ。荷物の容量でリュックも使い分けるので高価なリュックをいくつも買う余裕はない。

そこでこんなのを買ってみた。リュックに付ける

R250(アールニーゴーマル) バックパックパッド ブラック ブラック

スポンサーリンク

自分の安価で買ったリュックに付けてみる

穴が開いた波板+メッシュで通気性が良さそう

取り付け、取り外しは簡単 

安いリュックがこれだけで高機能のリュックになる。

今はまだ2月で本領はこれから先の季節だが今年はリュックをメインに使っていこうと考えている。

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください