スプロケットの掃除 自転車掃除に便利な毛糸

Pocket

スプロケ、細かい隙間の掃除はこれだ

自転車の掃除はどうしてますか、自分は毎回掃除してますが、結構大変です。ボディ周りの拭き上げは古着を利用してます。

大事なの見かけだけでなく、走行性能に影響のあるチェーンとスプロケット。しかも汚れやすいパーツです。

チェーンは専用の掃除道具などもあり、掃除をやりやすいのですが、スプロケは大変です。自分のリサーチ不足かもしれませんがスプロケ専用の掃除道具はあまり見たことはありません。細いブラシは持っていますが砂や土は取れますがオイル汚れは取れません。

ですから今まではオイルを含ませた古着をスプロケの隙間に入れて布を上下させ掃除をしていました。これでも結構きれいになっていました。

あるとき嫁がどこからかの情報で100円の毛糸が便利だよー’と言い。ピンときました。

そういえば紐状の掃除道具がネットで売っていた事を思い出しました。ただそれは、結構いい値段がして毎回の掃除で使い捨てにするにはもったいない価格だったの見送りました。

100円の毛糸なら使えるかもと思い、早速購入。使ってみました。

CIMG1349

スポンサーリンク

いい感じで隙間に収まります。

写真は7速のスプロケで幅が広めですが。10速、11速ならもっときつくはまります。

これは結構使えます。古着を使った掃除より格段に楽で綺麗になります。他にも自転車は狭い隙間が多いのでいろいろ応用できそうです。

11速なら10の隙間があり、結構面倒ですが毛糸を2本に折り返します。一度の作業で2枚分の隙間を掃除できます。

CIMG1352

掃除のしにくいハブもこれでできます。

CIMG1351

最初、誰がこのアイデアを思い付いたか分かりませんがありがとうございます。

 

 

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す