自転車保険は安いので入っておくべき

Pocket

    最近、よく聞く自転車保険とは   

自転車の保険として、盗難保険、傷害保険、個人賠償保険、等いろいろありますが、自転車保険は事故を起こした時、相手方がいる場合の個人賠償保険と本人が怪我などしたときの傷害保険がセットになって自転車保険としている場合が多いようです。

自転車保険が注目されだしたのは、ある自転車がからむ事故で高額賠償が決定したことで、メディアに取り上げられるようになりました。

本来この手の賠償は、個人賠償保険で支払い対象になっており、傷害保険や生命保険に付帯している場合もあり、知らなくても加入していたという事もあります。

自分も昔から傷害保険のオプションで個人賠償に安く入っていたので、自転車での賠償も保証されていることになります。

個人賠償保険に入っていれば取りあえず自転車事故も保証されるわけですが、最近は自転車に特化した本当の自転車保険と言えるものが発売されています。

スポンサーリンク

相手方の保証はもちろんですが、加入者本人が自転車でケガや死亡した時の補償もある、いわゆる傷害保険がついているもの。


車の保険ではほぼ当たり前の示談交渉付き 相手方への交渉は知識も、時間も必要なのでこれは便利だと思います。むしろ個人で勝手に交渉するのは難しいのではと思います。


まだ少ないですがロードサービス付き 車ではほぼ当たり前のロードサービス 内容はまだまだのようですが、万一の時、誰かが助けに来てくれる保証があるのと無いのとでは心強さが違います。


条件によって価格は様々です。家族も自転車に乗るなら個人単位で加入するより家族を対象にした方が割安です。

たまにしか自転車に乗らない人は個人賠償の範囲内で十分ですが、自転車を趣味とするなら、自転車に特化した保険はかなり便利だと思います。

 

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す