自転車のギシギシ音にシリコンスプレー

Pocket

今日も猛暑の中を現状維持走行。毎日が35度以上でどうにかなりそうです。自分の自転車も暑さのせいか、最近どこからかギシギシ音がする。

最初は暑さでチェーンや変速機のオイルが切れるのが早いのかな?と思って、安物のスプレーオイルを一時的に止め、少し高級なオイルに変えたばかり。

それでもなんだか、走っているとギシギシと音がする。どうやら駆動系じゃないらしい。

自転車は当然、エンジンがないので静かな乗り物。少しでも異音がするととても気になります。

街中ならともかく、車も少ない山の中では聞こえてくるのは、路面とタイヤ、そして変速機の音だけですから。

自転車は愛車のターン。使い勝手が抜群にいいので、出番も一番多い。

あまりに気になるので、メンテナンスを兼ねてあちこち点検。オイル切れ意外に考えられるのはネジの緩みか?あちこち調べるもネジのゆるみもない。

しかし、ふと泥除けを触ると「ギギ」と文字にもしにくい音が。この自転車は泥除けが付いてます。軽量のプラ製。どうやら泥除けを構成するプラスチック製のパーツが擦れあって発生した音のよう。

IMG_4880

金属なら潤滑スプレーを一吹きで済みますが、プラスチックは溶剤に弱い。

こういう時はシリコンスプレーです。

スポンサーリンク

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

KURE [クレ] CRC シリコンスプレー E-1046-98A
価格:237円(税込、送料別) (2016/8/20時点)

 

 

シリコンスプレーを吹き付けると、素材の表面がすべすべになります。間違ってフローリング床にでもついたら滑りすぎて危険なくらいです。

泥除けを構成するプラスチックのパーツにシリコンスプレーを吹き付けたら、見事に音がなくなりました。結構以外な場所でした。

静かになった自転車はとても快適です。シリコンスプレーの用途はいろいろあるので、常備しておくと便利です。価格も安い。

自転車からの異音は小さなごみ一つでも発生することがあり、簡単に原因がわからないときもあるので、場所が特定できた時はなんとなくうれしくなります。

 

 

 

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す