サイクルジャージと背中のポケット 防水対策

Pocket

サイクルジャージの背中のポケット とても便利です。いろいろ詰め込めるのでとても便利です。

ちょっとした荷物ならバッグやリュックもいりません。

リュックだと背中とリュックの間が蒸れるのでできるだけ後ろのポケットに入れてしまいたい。

ただサイクルジャージのポケットを使ったことのある人は誰でも経験があると思いますが、背中は結構汗をかきます

冬で汗を搔いていないように思ってもポケットに入れたものが結露しています。スマホの画面に水滴が付いていて焦ることも。

夏ならビショビショのレベルです。

財布や、修理道具などなら少々濡れても大丈夫ですが、精密機器はかなりダメージを受けそうで、特にスマホデジカメなどは注意が必要。

簡単には対策するには電子機器を背中に入れるならビニールの袋に入れておくといいです。ペラペラのビニールでも効果は絶大です。

自分は自転車の雑誌のおまけで付いてきたビニールのウォレットを使用中。

CIMG1466

チャックで開け閉めでき、他の小物とまとめて入れられるので、ポケットの中も整理できます。スマホも入れたまま使用できます。

長く使っていますが、いまだに使えます。このようなおまけが再び雑誌に付けば即買いです。

使っていたら結構便利なので、同じような物が売ってないか調べてみました。

やはり需要があるのか自転車専用のウォレットとして発売されています。

たとえば

スポンサーリンク

 

いろんなタイプがあるようです。

スマホをケースから取り出さずそのまま使えるのは便利です。

これなら、汗はもちろん、少々の雨でも使えます。

スマホは防水対応が増えてきましたが、デジカメの防水はあまり見かけません。小型のデジカメなら余裕で入るし、防水だけでなく、落下した時の緩衝材にもなります。

自分の場合、雨のサイクリングはめったにしませんが、突然雨には遭遇するので持っていると便利なアイテムです。

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す