サイクリング ドリンクボトルの機能性 やっぱり保温ボトル

Pocket

自転車に乗っていて水やジュース類を飲む時、自転車専用のボトルがあります、軽くて飲みやすく機能的ですが、保温性は全く駄目です

レースとかしているのなら軽いボトルはメリットがあります。レース中、裏方の補給もあるのでそれでいいのかもしれません。

ただ普通のサイクリングであのボトルを使うと冬場は問題ないですが、夏はお湯の様になります。ただでさえ暑いのに飲めたもんじゃありません。氷を入れても冷たく感じるのは1時間くらいです。

そこでステンレスボトルの出番です。日本のステンレスボトルは中国人旅行客の爆買い商品の一つでもありますが、人気のある理由も分かります。日本製のステンレスボトルは軽くて保温性は抜群です

ステンレスボトルの保温力は夏場、自分の使い方で、朝、氷と水を入れ、途中で飲み干します。さらに自販機で買ったジュースを2回入れ、それを飲み干しても氷がまだ残っています。

外側の結露もありません。氷が無くても自販機の冷たさを長時間キープできます。冬は暖かい飲み物を入れてもいいでしょう。大きさはペットボトルサイズで、ワンタッチオープンの物なら走りながら飲めます。

欠点はボトルホルダーが金属の場合、金属同士の接触ででカチャカチャ音がします。プラ製のホルダーなら問題ありません。落とせば当然派手な音でカランカランと転がっていきます。表面も傷が入ります。自分は何度か落として、少し凹んだりしてますが、漏れもなく十分機能してます。

スポンサーリンク

 

自転車専用ボトルで2重構造で保温できるものも一部あります。ただステンレスボトルほどの保温力はありません。短時間で飲み干す人はこれでいいいと思います。まったく保温のないボトルに比べれば雲泥の差です。

 

 

 

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す