これは便利 仏式用 瞬間パンク修理剤

Pocket

スポーツサイクルでは、ほぼ標準の仏式バルブ。今回は仏式専用の瞬間パンク修理剤を入手しました。

ロードバイクなどパンクの頻度も高く、修理と言えばチューブ交換かパッチ修理となります。(修理に関してはママチャリも同じ作業ですが)

 

いずれにしても、面倒な作業が待っています。スポーツサイクルと言えばほぼ、クイックリリースなので、タイヤの着脱もママチャリと違って簡単ですが、手も汚れるし、作業スタンドもないので、できれば外出先では避けたい経験です。

ハブナットのタイヤの外出先での修理は考えたくもありません。

そこで瞬間パンク修理剤の出番です。

ママチャリの英式バルブの瞬間パンク修理剤はどこでも入手しやすく、価格も安い。自分も持っていますが100円ショップで200円で購入。ママチャリに常備しています。今まで2回使いましたが、完全に修理はできなかったものの、自宅までは帰れました。

仏式バルブ対応商品があればと思っていましたが、やはりあるところにはあります。

クイックショット(QUICK SHOT) サイクルショップにも置いてある店もあるようですが、我が家の近くには、そのような店はなく当然ネット通販です。価格は1000円弱。

楽天

アマゾン
マルニ(Maruni) クイックショット K-600 仏式バルブ用応急瞬間パンク修理剤
ママチャリ用のものに比べ、お高いように感じますが、使う頻度と便利を考えれば、これでもお安い。

自分の使い方の想定では、普通はチューブ交換で、急ぎの時の緊急用、あるいは2回目のパンク用。

さっそくこのクイックショット(QUICK SHOT)のバーチャルな使い方を予行練習してみます。当然1回使い切りなので本番での失敗は許されないので。

とは言っても簡単、キャップを開けるとアダプターがあります。

cimg2947

スポンサーリンク

これをフレンチバルブにねじ込んで付けます。このとき、当然ですが、バルブのナットはポンプで空気を入れると時と同じで緩めておきます。

cimg2949

あとはクイックショット(QUICK SHOT)本体を押し込みます。大事なのは作業は下向きで。

cimg2951

後は空気圧を気にしながら走ることになります。

商品の性質上、大きな穴や、裂けには使えません。

ちなみにチューブと比較してみました。

cimg2953

700x23のチューブ、ラップ巻で小さくしています。それでもクイックショット(QUICK SHOT)のほうが小さい。

英式バルブ用の修理剤よりもコンパクト。

バッグの隅に入れておけば安心です。基本はチューブ交換でも2回目のパンク用に持って入ればチューブを1つ減らせるし、お守り替わり心強い存在になります。

マルニ(Maruni) クイックショット K-600 仏式バルブ用応急瞬間パンク修理剤
ちなみに自分は使ったことがありませんが、チューブレス、チューブラータイヤにも対応しています。こんなタイヤを使っている人はもっと便利でしょう。

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す