自転車の輪行を少し楽にするホイールバッグ

Pocket

鉄道やバスで輪行を活用すれば、自転車の可能性が数倍に広がるので、本当に楽しいものです。

輪行袋も軽量で初心者にも扱いやすい物が増えてきました。

主流は両輪を外してコンパクトになるタイプ。コンパクトに収納できるのは、運搬が楽になるだけでなく、他の鉄道を利用するお客さんにも迷惑が掛からず気も楽です。

ただ、避けて通れないのが分解、と収納。輪行袋の機能性が上がってもこの作業は、結構面倒です。

ホイールは車体の両サイドに置き、バンドで縛りつけます。丁寧に扱わないと、スプロケットの歯が車体を傷つけたり、汚したり。タイヤと接触する部分は心配ありませんが、リム、スポークのどこかが車体と擦れて小さな傷は避けられません

そこでホイールバッグの登場です。その名のとおり、ホイールを収納する袋。一本用と二本用があります。素材も輪行袋と同じような薄い生地。手提げ袋のような取っ手が付いています。

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

TIOGA(タイオガ) ホイールバッグ 2本用 BLK(ブラック) BAG30700
価格:1900円(税込、送料別) (2016/8/11時点)

 

ホイールバッグを利用するメリットとデメリットをまとめると。

収納する手間が省ける。

ホイールは車体から外して袋に入れるだけ。車体はエンドを付けて輪行袋に入れるだけ。とても簡単。かなり時間短縮にもなります。輪行袋には車体だけなのでキツキツの輪行袋でも余裕があり、楽に収納できます。

スポンサーリンク

車体、ホイールが擦れ合う傷が防止できる。

別々の収納ですから当然です。高級ホイールを持っている人などは気も楽になります。

輪行袋は車体だけなので軽い。

本当に楽です。輪行袋はストラップの肩ベルトで担ぐ人が多いと思いますが、肩に紐が食い込まずとても楽。ホイールバッグも普通のホイールなら2キロもないので片手で楽に持てます。

これは別のメリットもあります、力がない子供や女性のホイールバッグだけ別の力がある人に持って貰うこともできます。車体だけの輪行袋は嘘のように軽いものです。ロードバイクの場合たぶん6キロとか7キロくらいでしょうか。片手でも楽に持てます。

デメリットは荷物が2つに分かれるので少し面倒。

あたりまえですが前提として輪行袋の他に、ホイールバッグを持たねばならないこと。


このホイールバッグは輪行だけでなく、車載の時も、大いに活用できるので便利です。自転車本体はそのまま積んで、汚れたホイールだけ袋に入れるという使い方もできます。家の中に汚れたホイールを持ち込みたくないときも利用できます。

輪行なら2本用が便利ですが1本用もあります。 自分は両方持っていて使い分けてます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【在庫あり】TIOGA(タイオガ)ホイール バッグ(1本用) BAG22900
価格:1296円(税込、送料別) (2016/8/11時点)

 

 

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください