昔買ったドッペルギャンガーのフレームを点検

Pocket

格安ではないが、高価でもない、ドッペルギャンガーという自転車。

シンプルで軽くて、コスパの良さから人気のある自転車です。数年間乗ってメインの自転車からは引退、たまに引っ張り出して乗っています。

安物の折り畳み自転車は1万円以下、本格的な自転車は5万円以上する中で丁度その中間の価格帯で、改造すれば性能は抜群に良くなる自転車。

自分のドッペルも改造しているので、走行性能と軽さは今メインで乗っているターンに引けを取りません。

まだ同じモデルが売られています。

 

 

自分はミニベロの面白さをこの自転車から学びました。

ノーマルのままでは、不満ですが整備してパーツを変えればどんどん早くなる自転車なので改造も楽しめました。

想像ですが、この自転車を買った多くの人は改造を楽しんでいると思います。改造すれば見違えるように良くなる自転車です。

おまけに自転車を整備する技量も身に付きます。

今は新しい自転車を買って、常に乗らないものの、アルミフレームで数年経過しているので、この自転車の点検をしてみました。フレームさえ壊れなければ他はパーツ交換で使い続けることができます。

まずはディレイラー周辺。スプロケットは高速用に交換、ディレイラーも交換しています。溶接部を含め、ヒビや目立つ傷はありません。この自転車はクイックではなくボルトナットです。

スポンサーリンク

CIMG1877

 

ペダルはアルミ製に交換しています。純正のクランクも異常なし。BBもノーマルのままですが今でも軽く回ります。

CIMG1880

 

フォークは折りたたんだ時についた傷以外に、損傷なし。タイヤは細いものに変えているのでかなり軽く走れます。ただ振動もかなりあります。

ホイールもノーマルのまま、一見して安物ホイールと分かりますが、良く回ります。ハブのグリスアップと調整はしています。

CIMG1881

 

折りたたみ自転車の弱点である折りたたみ部、溶接部分を含め異常なし。乗っているとここが一番心配になります。

CIMG1882

 

シートポスト部分も異常なしです。ロングシートポストに交換していて、負荷はだいぶかかるはずですが異常なしです。

CIMG1883

長期間、けっこう雑に乗った時期もありますが、異常なしでした。まだまだ十分乗れる自転車です。

今までのトラブルは後輪のスポークが数回折れました。予備のスポークも用意してあるので、しばらくは大丈夫です。乗車中に折れたときはカキーンという音が響きます。

スポークが1本折れたくらいでは、ホイールに歪が出ますが、なんとか走れます。

乗る機会は少なくなりましたが、いろいろ手を入れ愛着があるので、大事にしたい自転車です。

 

 

 

 

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください