捨てようと思った格安サドルがリサイクル店で売れるのか?

Pocket

自転車を趣味とすると多くのサドルが溜まっていく。サドル沼に嵌るという言葉もあるが今回はその話はしない

サドルは小さいものだが10個以上になると保管場所も困る

貯まったサドルの多くは通販で買った1000円以下~3000円程度の無名ブランドのサドル 自転車に元々ついていた純正のサドル 

純正のサドルはvelo  veloだけはメーカー品だが付いていたのは高いサドルではなさそうだ

まあとにかく整理がしたくて処分することにした 最初はゴミとして捨てようと思ったが鉄とプラなどに分解して捨てるか、そのまま資源の日に出してよいのか悩んだ

分解するのは面倒なのでできればそのまま捨てたいところだ。ちなみに我が自治体では自転車は資源の日に無料で引き取ってくれるのでサドルもその一部だから大丈夫と思う

だがふと考えた これリサイクル店で売れるのでは? 1円でもいい ただ処分したいというのが本音

ちなみに自分はネットフリマなど面倒なことは一切しないのでリサイクル店一択だ

幸い我家の近くに全国区の有名リサイクル店があるので他の雑貨と一緒に持って行った

ちなみに処分したサドルは無名ブランド7個 veloのサドルが2個 もともと捨てようと考えたサドルなので使用感もあるし鉄のレール部には傷やサビもある

一応受付でサドルは大丈夫(買取が)ですか?と聞くと 良いですよと返答があり一安心

あとはいくらになるかだ。

どうでもよい話だが、先客の買取査定が長かったのか、自分のサドルとその他雑貨の査定が長かったのか不明だが査定に時間がかかった

さて結論からいうと

無名ブランドサドル6個 1100円

veloのサドル2個 1200円

無名ブランド1個 破けがあり買取不可 でも引き取りOK

以上だった

捨てようと思っていたサドルが2300円にもなった ありがたい

埃、浮き錆など少し手入れをして持っていけばさらに良かったかもしれないが、自分としては引き取ってもらえさらにお金まで貰えたので大満足だった

Pocket

自転車とリュック 背中の汗対策

Pocket

自転車に乗るとき荷物はどうするか?

基本的に自分はサドルバッグ又はフレームバッグ派で荷物は持ちたくない派だ。最近は大型のサドルバッグも品ぞろえ豊富で1泊や2泊の荷物でも収まるほど収納力がある。

欠点は当然自転車は重くなる。荷物の出し入れがしにくい。自転車から離れる時、荷物もそのままなので貴重品が心配等々欠点もある。

そこで久しぶりにリュックを使ってみることにした。

まず自転車の軽さに驚く 日帰りのサイクリングの荷物でも パンク修理セット、予備のチューブ、工具、補給食、ウインドウブレーカー、財布、スマホなど1kg程度は軽くなるのだから当然か。

コンビニに寄っても買ったものをすぐ入れられるし便利だ。

リュックを背負った違和感はすぐに慣れ今期はリュックをメインに使おうと考えている。

さてここから本題のリュックを背負った時の汗だ。重さよりも気になる。背中が濡れるのはもちろん、生地が薄いとリュックの中身も濡れる心配がある。

高価なリュックは対策をされたものが多いが自分が持っているリュックは安物のリュックがメインだ。荷物の容量でリュックも使い分けるので高価なリュックをいくつも買う余裕はない。

そこでこんなのを買ってみた。リュックに付ける

R250(アールニーゴーマル) バックパックパッド ブラック ブラック

スポンサーリンク

自分の安価で買ったリュックに付けてみる

穴が開いた波板+メッシュで通気性が良さそう

取り付け、取り外しは簡単 

安いリュックがこれだけで高機能のリュックになる。

今はまだ2月で本領はこれから先の季節だが今年はリュックをメインに使っていこうと考えている。

Pocket

サイクルハウスの設置

Pocket

今回は自転車の保管場所のはなし

趣味の自転車となると、そこそこ高価なので、雨はもちろん埃も気になるので露天というわけにはいかない。

格安ママチャリでも雨は天敵。安い部品はすぐ錆びる。

自分の重い電動アシスト自転車は屋外でカバーを掛けているが、カバーの着脱が結構面倒なのである 

それにカバーだけだと雨から守られても埃はカバーの下から吹き込んでくる

外したカバーも丁寧たためば小さくなるが通常は嵩張る存在だ。

そこで今回は自転車用の車庫を設置することにした。

設置できる場所があるならカバーよりサイクルハウスが断然良い

当初、堅牢なスチールの車庫も考えたが、高価だし、一度設置すると移動も容易でないので却下

アルミフレームをシートで覆うサイクルハウスにする

なんといっても安い、高価なカバー2,3枚程度から買える

メリットは当然安価、軽くて簡単設置、雨風埃から自転車を守れる

デメリットは軽いので風対策が必用、シートの劣化による定期的な交換

一番懸念されるのは風対策

ここさえ押さえれば高価なスチール車庫を買う必要はない。

サイクルハウスが風で壊れた人のほとんどは浮き上がって飛んで壊れるケースが多いようだ。

風圧でシートが破けたりフレームが曲がる等のケースは少なく感じる。

そこまでの風ならスチールの車庫でさえ危ないような気がする。

買ったのはこれ

楽天でもアマゾンでも複数の店舗で売られていて替えカバーも入手しやすい

替えカバーのみの販売があることは、長く使う上で重要だ。

サイクルハウスの中でも安い方だ。

地面にしっかりと留めるか、重りをしっかりとすれば破損のリスクは大幅に下がる

自分はブロックを10個購入して、針金で緊結した。

シートの劣化は品質にもよるがレビューによると2-3年程度で交換を検討すれば良さそうだ

日に当たる所なら劣化は早いだろう、自分のところ北側設置なので長く持つことを期待

シートが破損したときはシートだけ買えば当然安い。フレームは通常の使用で壊れるものでない

自分が買ったサイクルハウスの交換用シートは5000円から6000円程度

それで2年持てば安い 交換はとても簡単。

参考までに自分の体験を書いておくと

サイクルハウスの組み立てはとても楽、ゆっくりでも1時間かからなかった。

重りのブロックを購入して持って帰る方が大変だった 10個でも2000円以下

フレームの下に敷いて、針金で緊結 この作業が30分

ブロックなので場所を移動したい時も簡単だ

スポンサーリンク
Pocket

自転車で便利なスマホホルダーを見つけた

Pocket

今回は久しぶりに新しいスマホホルダーを購入

いつものアマゾンから 画像から良さそうと判断

SPORTLINK 自転車 スマホ ホルダー iPhone12/12 Pro/12 Pro Max / iPhone11/11 Pro/11 Pro Max/X/XS/XR/XS Max/8/8Plus/6 /6S/ 5 / 5S /SE/Galaxy S10/S9/S8/S7など対応 スマホホルダー バイク GPSナビ 固定用 マウント 振れ止め 脱落防止 360度回転 (多機種対応)

サイコンが高性能化してもやはりスマホは便利 地図なんてサイコンが比較にならないほど見やすい 便利なアプリも多数 

自分はサイコンはやはり速度やケイデンス表示などに特化させてナビ等はスマホを使うのが通常

問題はスマホの設置個所

窮屈なハンドル回りにデカい画面のスマホは設置に困る

自分の場合ステム上が一番邪魔にならず、見やすい場所になる

ステムに付けることを想定したスマホホルダーは意外に少ない

価格も安かったので早速購入&設置

とりあえず土台部分 ゴムなので軽い傷つけない、様々な太さに対応

青いボタンを押せば簡単に外れる

はめる時もワンタッチ

土台とスマホをキャッチするゴムの部分がボタン一つで分離できるので

今までのホルダーに比べ比較にならないほど便利になった

例えば写真を撮るとき、スマホで自販機を利用するときなど超便利

土台部分が自在に動くのでステムに角度がついていても水平に出来た

サイコンと同じで上から見下ろすので水平が見やすい

ちなみに同じくステムに取り付けられる別のホルダーは角度調整ができないので却下した

心配なのは土台と分離できるスマホホルダー部分が走行中に落下の心配だが、ワンタッチで結合できるわりにはシッカリとキャッチしている

自分も最初は心配で上の画像のように伸びるコイル状の紐をつけているが相当ガタガタ道を走っても外れることは無かった

Pocket

自転車で使うマスクを買ってみた

Pocket

前回の記事でも書いたが屋外運動でもマスクが必須になってきている昨今

夏にマスクなどあり得ないと思っていたが、エチケット用としても、他人から白い目で見られないようにするために必要だと感じる

スポーツ用のマスクは防寒と花粉対策でいくつか持っているが、呼吸が激しくなると息をするのがつらいので夏の自転車でも使えるマスクを探す

通販サイトを探しまくって見つけたのがこれ

主に紫外線防止用だと思うがこのマモルーノというのが使えそうだ

マモルーノの特徴は商品サイトを見てもらえれば詳しく分かるので割愛し、以下自分の感想のみ

スポーツ用(自分の場合自転車)で使うマスクで一番懸念される呼吸のしやすさは

まさにストレスフリー マスクをしてないのと同じ感覚だ、期待通り

2つの切れ間?から 鼻、口どちらからでも楽に息ができる

穴が開いているので当然だが、マスクをしているのにこの感覚は異次元だ

水分の補給や小さな補給食もマスクをしたたま取れそうだ

正面からは普通のマスクなので自分の飛沫は抑えられ、エチケット用としても〇

このご時世、他人の目も気にならない ここも大事だ

紫外線は当然防御、自転車で気になる正面からぶつかる虫やゴミからも守れそうだ、夏場は顔に虫が当たり痛い時もあるので期待できる

屋外では少ないケースかもしれないが他人からの飛沫も正面から飛んでくるものは直接顔に付着を避けられ、かなりリスクを下げられるだろう 

都会で密集してジョギングしているのをニュースで見たが、そんなシーンで有効かもしれない

簡易的なフェイススクリーンみたいなものか

時期が時期なので大事だ

装着するのは後頭部にかけるゴム2本なので耳の負荷はない 耳にかけるゴムも付属でついていたが後頭部からのほうが良さそうだ

商品の写真は女性だがおっさんの自分が付けても大きさと見た目の違和感はない

日本製でこの種のマスクとしては安いと思う

Pocket

コロナと自粛とサイクリング

Pocket

もうすぐ4月なのにコロナの猛威がすごい

都会は外出の自粛推奨 今のところ強制ではない

オリンピックも先送り 先送りの2021でも大丈夫かと思う

自分は田舎住まいだが、もはやどこに感染者がいるか分からない状況

随分前からだが、自転車が趣味になってジムやプールにはほとんど行っていない、ジムは密閉空間かつ機器からの間接接触が濃厚なのでリスクが高いといわれているので今となっては止めていて正解だった

機器に付いた汗を手ぬぐいで拭いたくらいではウイルスを塗り広げるだけだろうし

今年一度だけ雨で自転車に乗れないときにジムに行ったが、やはり不特定多数の人が汗をかきながら触れる機器などは抵抗を感じたが間違いではなかった

その時コロナは海の向こうの話だったのだが、今だと恐ろしささえ感じる

 

コロナはいずれ収まるだろうが、自分はジムに行くことはもうないだろう

このブログを書いているタイムリーな時に温浴施設で感染が広がったニュースが流れている、温泉は好きなのにどうしようか、、

お湯から?それともロッカーや休憩室の椅子から?

気にしだしたらきりがない ストレスで抵抗力が落ちたら困るのでこれくらいにしとこう

まあ自転車に乗っていればコロナに感染するリスクはない、そもそも屋外なので空気は新鮮、自分はソロだがグループでも常に空気が流れ会話による他人の飛沫を浴びることもない

先が見えない状況だが、少なくとも自転車による運動はリスクなく続けられそうだ

Pocket

冬の自転車 シールド付きヘルメット

Pocket

虫や埃除けに便利そうだと思い5月に買ったシールド付きヘルメット

虫のいない冬にも便利だった

それは冬の冷気から顔を守ってくれる

オートバイのシールドに比べ小さなシールドだが、これがあるのと無いのとでは大きな違いがある

顔に当たる冷たい風が大幅に軽減

そして目の涙が出にくい 冷風が目に当たると涙が出てくるが、これも大幅に軽減

心配なのはシールドの曇りだが、ほぼ無い

信号の停車中などに体の熱気で曇りかけることが時々あったが僅かだ、そもそも走りだせばすぐ解消

口元が覆われてないので息からの曇りもない

春夏秋の虫よけ、埃よけで買ったが冬にも大活躍だ

ちなみに購入時の記事にも書いたがシールドが不要な時は上下逆にメットに取り付け 荷物になることはない 

価格も日本メーカーKABUTOのヘルメットお手頃なので助かる

Pocket

自転車の防寒防風 つま先カバー

Pocket

前回に続き今回も 自転車の冬対策の内容

自分はサイクルシューズのカバーは勝手の良さからつま先だけのカバーを使ってる

寒さに応じて前回買ったインナーソックスやカイロを使う

これで防寒性については十分だ

ただ欠点が一つだけある

靴底が布なので破れやすい

まあ破れやすいのはフルカバーの物でもおなじだろう

なんせ布だから

ワンシーズン使えばかなりダメージがくる

とても数千円もするものは買えない

1000円程度ならワンシーズン持てば良いのかな、まあ安いに越したことはないし、できれば長く使いたい

今のカバーは2シーズン使って破れが出てきた、

そろそろ新品を買わないといけない

楽天で検索しているとロックブロスのシューズカバーが安く売られていたので買ってみた

 

 

お試し価格で安いので一度買おうとしたら売り切れだったが、再入荷でなんとか買えた

800円以下のカバーにしては品質はかなり良さそうだ。

まあ通常の価格なら普通かもしれないが

靴底の補強、ベルクロでの調整 布の厚みなど なかなか良い

特に靴底は破れに強そうだ

今のカバーの予備として買ったのでまだ使ってないが、780円は安いので、この価格で買えるうちにもう一つ買おうかな

Pocket

2019年 自転車グッズの福袋を買ってみた

Pocket

2019年最初の自転車関連グッズ購入は福袋を買いました。

楽天市場で自転車関連の福袋はたくさん売ってますが、自分が目を付けたのは↓

ルイガノの福袋

ルイガノは自転車ブランドもアパレルでも有名なので少し期待。

サイクルジャージなど高いものが多いのでお得かな?と、、。

送料を入れると7000円を超えますが、有名ブランドのジャージなんて1枚で5千円以上なんてざらですからね。

さて何が入っていたのかというと

半袖ジャージ2枚

長袖(薄めの生地)1枚

短パン1枚

ビブショーツ1枚

小物入れ(自転車用ポーチ)1つ

小さいLEDライト1つ

用途不明なベルトのようなもの1つ

手袋1つ

計9点

デザインが好みに合えばかなりお得な内容です。

謎のベルトは何に使うか不明なのと、ライトはコイン電池式なのでいらないかな。100ショップで似たような形状のものが売ってあった。

3万円相当の品は入っていると思います。

冬物はなかったので活躍するのは春以降ですかね。

特に気になるのはビブショーツ

ビブショーツは今まで持ってなかったので初ビブショーツです。

ビブショーツはトイレ以外は高評価が多いのでどんな感じなんですかねー、楽しみです。

まあいずれにしてもお得な内容でした。

自分は正月に買いましたが、1月10日現在まだ売っているようです。

さらにお得な10000円の福袋もありました。

もし来年もあればこちらを買ってみようと思います。

Pocket

サイクリング中に蜂 刺された瞬間が映っていた!!

Pocket



今年も蜂にやられてしまいました。田舎道のサイクリング中の事です。

普通の人が生涯に蜂に刺される回数で平均どれくらいでしょうか?

田舎のサイクリングが多いせいか自分は普通の人より多い気がする。

この記事を書いている最中、ニュースが流れ、どこかのロードレース大会で数十人がレース中、蜂に刺されたとのこと。実にタイムリーなニュースだ。

話を自分に戻し

直近では昨年の秋に足を刺され、2回目はつい2日前。今回は腕。

2回目刺されるとヤバイらしいですが、痛みと腫れがあるものの、幸い呼吸困難などの症状は出ませんでした。

もし重篤な症状になれば携帯も通じない山中で刺されたのでこうしてブログを書くこともなかったでしょう。助かりました。

蜂に刺された経緯はまさに一瞬。

サイクリング中の事

腕に激痛が来て、後で蜂と判明した次第。

実はサイクリングの動画を撮ってまして、一部始終が映ってました。

刺された瞬間のキャプチャはこれです。

これはスズメ蜂?かな?

噛みつきながら刺している 実に憎らしい!

痛みでハンドルから手が離れ前方にのけぞってます。

走行中は全く気付きませんでしたが、走行中蜂が腕のあたりに飛んで来る瞬間も映ってました。

突然の激痛でハンドルから手が離れ、転倒しそうになりますが、何とか立て直し事なきをえました。

ほんと危なかった!

転倒による体の二次被害は避けましたが

自転車を立て直す時、ナビ代わりのスマホとライトが吹っ飛びました

傷で済みましたけど

対向車が無いのも良かった。

蜂は本当にヤバイです。

昨年刺されたときポイズンリムーバーを買ってロードバイクの携帯工具と一緒に持ち歩くようにしてました。

しかし

今回は電動クロスバイク、携帯工具類の種類が少し違うので、ポイズンリムーバーは持ってでていません。それぞれの自転車に工具類を移し替えるような面倒なことはししないので。

なんてこった

いまさらですがポイズンリムーバーというのは吸引で毒を抜く器具です。刺された直後に使用しないと意味はありません。

ということでクロスバイク用に追加で購入することに、1000円前後で安いのはいいのですが、使用する頻度がねー。

今回もアマゾンで

PARADAISEED ポイズンリムーバー 毒吸引器 救急セット 取替カップ2個入り【半年保証】 

 

蜂に刺される確率はパンクする確率よりも低そうですが、自分場合の直近では蜂に刺される確率の方が高い。

過去1年でのパンク0回 蜂に刺される回数は2回です。

自転車で余計な荷物は持ち歩きたくないですが、夏から秋までの季節限定だし、下手すると命にも関わることなのでしょうがないですね。

 

 

Pocket