自転車とスマートウォッチ 実用編

Pocket

自転車でスマートウォッチを活用するための企画

初めて買ったスマートウォッチは

MISFIT(ミスフィット)VAPOR(ヴェイパー)SMARTWATCHです。

前回の記事(初期設定まで)はこちらです。

自転車とスマートウォッチ MISFIT(ミスフィット)VAPOR(ヴェイパー)SMARTWATCH 初期設定編

今回はMISFIT(ミスフィット)VAPOR(ヴェイパー)SMARTWATCHをサイクリングでどの程度利用できるか試してみます。

自転車でのスマートウォッチを利用方法は

電話の着信を逃さないこと

心拍を測ること

マップ(ナビゲーション)を利用すること

以上3つが便利に使えると考え購入しました。そして実際に使ってみた感想を以下に書きます。

「電話の着信」

電話の着信は想定通り、時計がブルブルと振動、誰からの着信が表示されます。

やはりスマホの音だけなら気づきにくいですが、着信が振動ならすぐ気づきます。

画面の情報を見て

不要な電話なら無視できます。電話に出る必要があるならスマホを取り出して受けます。

「心拍を測ること」

心拍はサイコンのガーミンの胸ベルトを着用するのが面倒なので便利になるかと考えてました。

自分が勘違いしていたのは胸ベルトは常時心拍を測定していて数値の変化がリアルタイムです。

ですが自分のスマートウォッチは常時でなく一定の間隔で測定している。計測時 時計の裏から光が出ます。リアルタイムの連続測定でないこと。

まあ自分は心拍に関してはそれほど重要視してないので問題ありません。

「マップ(ナビゲーション)を利用すること」

これが一番期待してたこと。

結論から言うと、とても便利に使えます。

マップのアプリはやはりグーグルマップ。

マップのショートカットを使いやすい位置に置きました。

拡大縮小も簡単

通常はガーミンやレザインのサイコンの簡易ナビで十分ですが、道の分岐で迷ったりコンビニを探したりする時に困ります。その時いちいちスマホを取り出しマップを立ち上げるのは面倒。

スマートウォッチなら一瞬で地図を見れます。「OKグーグル」が使えるのでコンビニ検索も簡単。

ナビゲーションの細かい設定などは小さな画面のスマートウォッチでは面倒なので必要な時はスマホでルートを作成すると便利です。

現在地からどこどこに行きたいとという簡単な設定なら音声入力で簡単です。

さて前回も少し書きましたがバッテリーの減りは速いです。当然ですが画面を表示する頻度が多くなるほど減っていきます。

余計な表示はさせず、細かい調べ物は素直にスマホを取り出して調べる。

自分の使い方では1日サイクリングなら十分持ちそうです。

楽天では

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 MISFIT Misfit Vapor Jet Stainless Steel/Black silicon MIS7000
価格:27853円(税込、送料無料) (2018/1/3時点)

 

アマゾンでは
MISFIT 【Amazon.co.jp 限定】 Vapor Jet タッチスクリーンスマートウォッチ 心拍センサー 防水 GPS ストレージ 【日本正規代理店】

 

Pocket

自転車とスマートウォッチ MISFIT(ミスフィット)VAPOR(ヴェイパー)SMARTWATCH 初期設定編

Pocket

サイクリングでスマートウォッチの利用がマップ、電話の着信などで便利になると考えたのが前回まで

サイクリングに役立ちそうなもの 2018年最初の買い物はスマートウォッチ

 

注文していたMISFIT(ミスフィット)VAPOR(ヴェイパー)SMARTWATCHが届きました。

今回は初めてのスマートウォッチの初対面から初期設定までの記事です。


楽天では

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 MISFIT Misfit Vapor Jet Stainless Steel/Black silicon MIS7000
価格:27853円(税込、送料無料) (2018/1/3時点)

 

アマゾンでは
MISFIT 【Amazon.co.jp 限定】 Vapor Jet タッチスクリーンスマートウォッチ 心拍センサー 防水 GPS ストレージ 【日本正規代理店】


さて届いたMISFIT(ミスフィット)VAPOR(ヴェイパー)SMARTWATCHはこちら

 

 

箱の中は本体、ベルト、充電器、巾着のような布製ケース、

そしてシンプルな説明書 しかも多言語で書かれている。

説明書の必要な部分はほんのわずか

スポンサーリンク

分厚すぎる説明書もどうかと思いますが、これはシンプルすぎる。

とりあえず箱から本体を出し充電。

充電は載せるだけで引っ付きあいます。

時計のベルトは自分で付けなければなりません。

スプリングのピンを外すのに少々手間取りましたが色んなベルトが使えるのは◎

充電完了後早速セットアップ

スマホにandroid wearのアプリをインストロール

そして同期させます。

なにしろ付属の説明書がシンプルすぎ とりあえずスマホ側は表示通りに操作

あっという間に完了。

時計側の操作はスマホとの接続が無事完了すれば難しい事はありません。

しかし

いきなりの操作ミス。

なにしろ時計の小さい画面での操作は慣れが必要。

一番最初の言語設定でタップミスをしてしまい、訳の分からない言語になってしまった。英語ならまだましですが、まったく意味不明の言語。

まあ少しづついじってなんとか日本語に戻せたのが救い。

日本語さえ表示されればあとは簡単。

スマホのグーグルアカウントがそのまま時計の方で使えるので細かい文字を打つこともなく、ほとんどの操作がタップだけで済みました。

欲しいアプリはグーグルプレイからダウンロード

とりあえず自分が欲しいのはマップです。

画面が小さいだけで操作はスマホに近い、30分もいじれば小さい画面の操作に慣れてきました。

サイクリングでの利用が期待されるマップ。表示面積が小さいながらも拡大縮小も簡単、画面も綺麗なので今後の利用が楽しみです。

 

いろいろといじりまわし、

マップ、電話の着信、心拍測定などを主に期待通りの働きをしてくれそうです。

いまのところ気になる点はバッテリーの消耗が早い。

興味本位にどんどん使っていたせいもありますが、思ったより早そうです。

今後マップを利用した長距離サイクリングやその他のアクティビティでどのくらいバッテリーが減るのか調べたいと思います。

自転車とスマートウォッチ 実用編

 

 

Pocket

サイクリングに役立ちそうなもの 2018年最初の買い物はスマートウォッチ

Pocket

早くも2018年も三日目

2018年最初の買い物は表題のとおり

スマートウォッチです。

種類も豊富、価格も手頃になったので切りのいい年始にスマートウォッチデビュー。

自転車でスマートウォッチの利用方法として考えているのはまず

電話の着信

自転車の走行中はとにかく電話の着信が分かりにくい、腕からの振動で着信がわかるのはありがたい

マップ機能

いつでもどこでもサッと腕を見て現在地やルートを確認したい マップを見るためにスマホを出すのが面倒であります

心拍の測定

自分のガーミンには心拍を測定する機能がありますが、胸にバンドを付けるのが面倒

以上3つの機能を主に使いたいと考えてます。

まあスマートウォッチとはどんなものか?という時流に乗りたい気持ちも半分あります。

さてスマートウォッチの機種選択ですが楽天やアマゾンで検索すると2000円台~数万円のものまで、安いにこしたことはありませんが、、

さすがに2000円とか3000円のモノって?

やはり安いスマートウォッチはレビューの評価が激悪です。

防水も疑わしい

そしてスマホと連携するためにアプリも入れなければなりません。

このアプリも重要。

はっきり言ってスマホにいろんな意味で変なアプリを入れたくない。

ということは、そこそこ信頼のあるメーカー製でなければならない。

結局、正月休みの間にいろんな検討を行った結果選んだのはこれ

MISFIT(ミスフィット)VAPOR(ヴェイパー)SMARTWATCH
MIS7000

楽天では

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 MISFIT Misfit Vapor Jet Stainless Steel/Black silicon MIS7000
価格:27853円(税込、送料無料) (2018/1/3時点)

 

アマゾンでは
MISFIT 【Amazon.co.jp 限定】 Vapor Jet タッチスクリーンスマートウォッチ 心拍センサー 防水 GPS ストレージ 【日本正規代理店】
MISFIT(ミスフィット)VAPOR(ヴェイパー)は信頼のおけるメーカー製としては安い。(でも自分のなかでは高額商品)

使ったことないけど最新のAndroid Wear™ 2.0なるものを搭載している。

発売されて間もないですが評判も上々。

ということで楽天でポチリました。

商品到着は数日先。レビューはその後になります。

MISFIT(ミスフィット)VAPOR(ヴェイパー)SMARTWATCH

 

商品名のMISFIT がブランド VAPORがモデル名のようです。

MISFITはいろんなウェアラブル端末があるので信頼できそうです。

 

 

 

スポンサーリンク
Pocket

ガーミン510Jアップデートのメモリ不足

Pocket

少々古くなってきましたが未だ自分のメインのサイコンで使っているガーミン510J

使い勝手の良さと、小まめなアップデートのおかげで機能に不満はありません。

高価な機種なので簡単に買い替えられない懐の事情もあります。

さて今回はこのガーミン510Jのアップデートの話。

小まめにアップデートを行ってくれるのはとてもありがたいことなのですが、最新のアップデートではメモリ不足のためにアップデートが中断されます。

走行履歴やコースなど不要なファイルを削除しても同じ。

ちなみに走行履歴などはクラウドに保存しているのでガーミン本体から削除しても全く問題ありません。

ほぼクリーンな状態のガーミン本体にしてもアップデートの時メモリ不足の警告が出ます。

古いバージョンのままでも特に不満は無いのですが、パソコンに繋いで同期させるときにアップデートを即す案内がいちいちでるので少々うざいのです。

サポートに送っても手間もかかるし、保証を過ぎてますので費用もかかります。

そこで少々強引にアップデートを試みることにしました。

通常の手順とは違った完全に自己責任でのアップデートを試みます。

要するにメモリー不足ならば大きいファイルが無ければいい。

大きいファイルはおそらく日本語フォント

日本語フォントをアップデートの時だけ抜いてみます。(完全に自己責任で)

日本語フォントファイルを特定して一時的にパソコンに退避させます。

日本語フォントを抜くと大幅にメモリが増えました。

ちなみに日本語フォントを抜いてガーミンの電源を入れると英語表示になりました。

使い慣れているので日本語表記に戻せず英語表記でも問題ありませんが、完全に壊れてしまう可能性もあります。

でも作業を進めます。

今はガーミン510JからJが抜けて510の状態。

メモリに余裕ができた状態でアップデートの開始すると、、、

メモリ不足の警告も出ずに順調にアップデートが開始されます。

今回は壊れてもいい覚悟でイチかバチかでやってみましたが順調にアップデート。

そして無事完了。

まだ日本語フォントを抜いているので日本語表記でなく英語表記。

そこで再び日本語フォントをガーミン本体に戻します。

そして電源を入れると、無事起動。もちろん日本語で。

こんな強引なやり方でいいのか?と我ながら思う方法でやったけでど今のところ不具合全くなし。

これで最新機能のガーミンになりました。もう少し現役で頑張ってもらいます。

 

Pocket

古いスマホを利用してオフラインの自転車用ナビ

Pocket

今回は引退したスマホを自転車用ナビに利用します。

引退したスマホを利用するメリットは

1.通信しないのでバッテリーの無駄な消費がない

シムカードを入れないので通信をしませんし、ナビアプリだけで、他の余計なアプリが稼働しないので電力消費が抑えられます

2.振動、落下しても心のショックが少ない(あるいはない)

処分してもいいスマホなので当然です

3.盗難されても情報漏れがない

スマホをすべてリセットして、入っているのはオフラインで利用できるナビアプリだけ。

コンビニ等で自転車から離れる時、通常使うスマホだと気を使います。

さらに暗証番号やスワイプなどのセキュリティの設定も無用なため、すぐにナビ画面が出せ便利です。

4.大画面ナビが利用できる

普通のサイコンの画面に比べるとスマホの画面は大きいので当然見やすいです。


ナビアプリは大半の機能が無料で利用できるOsmAnd

リセットしたスマホをwifiに繋ぎ、OsmAndのアプリをインストール

さらにアプリから地図データをダウンロード

後はオフラインで利用できます。

携帯の電波が届かない山奥でも利用できるのはありがたいです。

 

通信をしないオフラインナビなので通常のナビよりかなりバッテリーが持ちます。

まあそれでもガーミンなどの専用ナビには及びませんがナビ画面を点けっぱなしでもしない限り、長時間稼働できます。

スワイプ等のセキュリティ設定が不要で、スイッチ一つで画面のオンオフすれば大きく節電できます。

古いスマホの機種やバッテリーの劣化度、ナビの使用頻度で大きく変わりますが、自分の場合、日帰りの長距離サイクリングでも余裕で使えました。

自転車に付けるスマホのマウントも数多く売られているので自転車への取り付けに迷うこともなくなりました。おすすめです。

 

Pocket

自転車に最適なアクションカメラのマウント

Pocket

自転車にGOPROまたはSJCAMなどのアクションカメラを付ける時どうするか

一般的にはこれ

多分、カメラの付属品であると思います。

ハンドルやステムに簡単に取り付けられ便利です。

自分はステムに付けてました。

こんな感じです ↑

場所的にはちょうどいいのですが少々ゴチャゴチャしてます。

なにか他にもっとスリムに付ける方法がないかと検討していると

ありました

スリムに取り付けしかも格安で

ステムのトップキャップとGOPROマウントが一体になったもの

これです。

取り付けた状態です。↓

ステムがスッキリしました。

このタイプの商品 アマゾンで数種類あるようで高いものは数千円、安いもので数百円。

自分は色違いの3つで千円台 1つあたり300円ちょっとの格安品を買いました。

コスパよすぎ

Lovoski  3色セット CNCアルミニウム合金 三脚アダプター マウントネジ レンチ GoPro Hero 3 3+ 用
安かったので現物を見るまで心配でしたがキチンとした商品で安心しました。

バリもなく塗装もシッカリ、ネジ部分も不具合なし。

近頃の中国製品はクオリティが高く価格も安いので驚きます。

中国からの発送なので少し時間がかかるのがネック。

取り付けに関してはボルトと六角レンチまで付属してます。しかも各色1つづつ。ボルトはともかくレンチ3つはサービスしすぎ。

取り付け作業は一般的なトップキャップと同じです。当たり前ですが上からボルトを締め付けるようになってます。

これでマウントの落下の心配もなくいい買い物をしました。

なによりスッキリしたのが気持ちいい。

Pocket

GPS地図付きサイコン カメラ(ドライブレコーダー)まで付いている

Pocket

こんなサイコン待ってました。

速度や距離は当たり前として

地図付き

さらにはカメラ付き(ドライブレコーダー)

この3つの機能が1つのサイコンに収められ発売となりました。

Xplova X5-Evo

というサイコン

Xplova(エクスプローバ)というメーカー。


自分はガーミンとレザインのサイコンを使ってますが、カメラ付というのは新しい。

3つの機能が1つのサイコンに収まるというのはハンドル周りがスッキリするので、ゴチャゴチャにならずに済みます。

ちなみに自分の自転車のハンドル回るはこんなです。

距離や速度、ケイデンスなどはガーミン

マップ機能はレザイン(地図無)たまにスマホ

カメラはアクションカメラ(ステムに取り付け)

結構ゴチャゴチャです。もう少しスッキリさせたい。

Xplova X5-Evoを一目見て欲しいと思いました。

気になる価格は

楽天
【先行予約特典10%OFF & バイクタイ プレゼント中!】Xplova X5-Evo / HDビデオカメラ搭載 GPSサイクルコンピュータ / ドライブレコーダー機能搭載
ガーミンの820クラスの価格です。

地図はOpenStreetMapを利用。自分もスマホでオフラインで利用できるので使ってますが情報量は少ないものの十分使える地図です。

気になるのはバッテリー

地図やカメラは結構バッテリーを食います。

スペックでは約12時間らしいですがすべての機能をすべて稼働してなのかがわからない。すべて稼働して12時間ならすばらしいと思いますが、まだレビューなど無いようなので不明です。

もう少し詳細(レビュー)が判明して購入検討したいと思ってます。

Pocket

ドライブレコーダーの人気が急上昇 自転車用は?

Pocket

近頃、世間を騒がしているニュースでドライブレコーダーが人気のようです。

数か月前に書いたドライブレコーダーの記事にアクセスが増えてきて、世の中の関心の強さが分かります。

以前の記事にも書いてますが自動車用のドライブレコーダーは機能は充実、価格も数年前に比べると考えられないくらい安くなってます。

中国製の安いドライブレコーダーなら数千円です。付けていて損はないです。

ただ、、。

自転車用は?

悲しいことに、相変わらず少ない、、、。

少ないというか、ほぼ無いに等しい。

ニュースで報じられるような事件?事故?は稀ですが、自動車から嫌がらせを受けることは日常茶飯事。

突然の飛び出しや、車道の右側を走る自転車も多数。同じ自転車でも許せん。

自転車にもレコーダーは必須なアイテムだと自分は考えてますが、、。

さて、専用品は無くても近頃はアクションカメラが格安であります。スポーツカメラと言ったり、ウェアラブルカメラと言ったりしてますが、国内メーカー、海外メーカーを含め数多くあります。

常時録画すればドライブレコーダー代わりに利用できます。自分はそうしてます。

いろいろ使ってきて自分が重視するのは

広角撮影できること

バッテリー交換できること

防水であること

GOPRO互換のマウントが使えること

 

広角撮影は、当然広い範囲が撮影でき、左右から突っ込んでくる、車や自転車などを記録に残せます。

安いアクションカメラの稼働時間は1-2時間が多いようです、内蔵バッテリーでは致命的。短時間の買い物サイクリングなら良いですが、本格サイクリングならバッテリー交換できるもがおすすめ。

防水については当然雨の時も使える。さらにホコリ等からも機器を守れます。

GOPRO互換のマウントが使えることとは、GOPROはアクションカメラの定番で、アクセサリーが豊富です。しかも互換品なら低価格で。


GOPROのマウントは自転車の付けたり、体に付けたり、自転車の用途以外にも数多くのシーンで使えるマウントが多くあります。

アクションカメラの本体が安くても周辺のアクセサリーが高価なら意味がありません。GOPROのマウントが使えるのは重要。

今自分が使っているアクションカメラはGOPROの豊富なマウントが使えるのでロードバイクでもママチャリでも簡単に付け替えられます。


アクションカメラは常時録画してるので、綺麗な景色や走った道を自宅で振り返ることが出来るので万が一の備え以外にも楽しく利用できるのもいいです。

今自分がメインで使っているのはこちら

 

自分の希望の条件をすべて満たしてるので今のところ満足してます。

Pocket

サイクリングの獲得標高のおはなし

Pocket

サイクリングで走行ログを記録している人も多いと思います。

後で見返すと楽しいし、モチベーションにもなります。

サイクリングで主に記録しているのは走行距離と獲得標高。

この二つの記録をみればどんな走行をしたか大体理解できます。

走行距離に関してはGPSだったり車輪に付けたセンサーでかなり正確にログを残せますが、獲得標高はかなり?です。

あくまで私見ですが結論からいうと

気圧センサーのないサイコンの獲得標高は全くダメだということ 

近頃はスマホのサイコンアプリでも獲得標高が記録できますがこれも同じ。

スマホのサイコンアプリの獲得標高が異常に高く記録されるのは以前も書きましたが、

今回は気圧センサーの付いたガーミンのサイコンGPSのみで獲得標高を記録するサイコンで記録、比較しました。

自転車にサイコンを2つ付け、標高800mと1100mの峠越えのサイクリングで記録してみました。

頭の中の計算では海抜0から800mの上り、500m下って600m上る行程

これだけで1400m+途中のアップダウンが200m程度と考え

1600m程度の獲得標高を期待します。

 

そして走行が終了

 

二つのサイコンの記録ではどうだったでしょう。

 

気圧センサーの付いたガーミンのサイコンの表示

1770m

大体の予想とおりです。さすがガーミン信頼できる数字を出してくれます。

さてGPSデータのみのサイコンでは

3574m

もはや誤差とかいう範囲ではございません。

スマホアプリのサイコンもほとんどがGPSデータのみで標高を記録しているので過大な数値が出ていると思います。

2000mとか3000mの獲得標高は素人ではかなりきついと思いますが、GPS記録のみのサイコン、またはパソコンでルートを引く机上の計算だけならば過大表示を疑う余地ありです。

獲得標高をキチンと記録したいなら気圧センサーの付いたサイコンを使った方が賢明です。ただ高価ですけどね。

ところでガーミンの最新機種が出ましたが んー かなり悩みます。

ガーミン1000シリーズの1030J

画面大きいし、地図もあるし 、、、。

 

 

 

 

Pocket

LEZYNE(レザイン)のGPSサイコンを買った理由 その3 ナビゲーション編

Pocket

レザインのGPSサイコンを購入して今回で3回目のレビューです。

前回の記事はこちら

LEZYNE(レザイン)のGPSサイコンを買った理由 その1

LEZYNE(レザイン)のGPSサイコンを買った理由 その2 取り付け 実走編

 

今回は自分が一番期待していた自転車ナビ(ナビゲーション機能)です。

カーナビに比べ自転車ナビというものが非常に少ない。スマホのナビは便利ですがバッテリー、振動、大きさの点から常時使えるものではない。防水でなければなおさら。

レザインのサイコンを知るまではガーミンのサイコン以外はまともに使えるものはほぼありませんでした。

しかし、自分の使った感じではガーミンのナビに勝るとも劣らない便利なGPSサイコンがレザインのGPSサイコンです。

しかも低価格で。

自分はメインの速度、そのほかのデータはガーミン、ナビゲーション機能はレザインでの使用を想定。理由は前回の記事でも書いてますが画面の切り替えが面倒だから。

さっそくレザインGPSのナビ機能をレビューします。

レザインのMINI GPSはとてもコンパクト、ガーミンとの2台同時使用でもハンドル周りが窮屈になりません。

地図は白地図でスタートからゴールまでのコースが画面に出ます。ガーミン820や1000のような道路地図はでませんが、コースだけの表示はシンプルで見やすい。

道路や周辺の施設を確認するときは停止してスマホのナビでしっかり確認するほうが安全で確実。

GPSサイコンに表示されたコースとおりに走れば目的地に着くわけですが、このサイコンの素晴らしいのは大きな文字で曲がる箇所と距離を表示してくれること。

これが地図を見るより便利。曲がる箇所が近くなると、距離のカウントダウンが始まり距離0まで続きます。地図だけなら通りすぎたり、手前で速く曲がりすぎたりしますがこれはその心配がなし。

田舎の走行しかしてませんがGPSの精度もいいようです、ビル街は不明です。

さらにこのサイコンはスマホとの連携がすばらしい。

目的地の設定はスマホで完結できます。アプリで目的地を設定しスタートするだけで即サイコンに転送され案内が始まります。

コース設定でパソコンが必要ないのは本当に便利(当然ですがパソコンでもできます)。そもそも自転車で外出しているときにパソコンは使えません。

それが操作性のいいスマホの地図でコース設定が簡単に完結するのは便利すぎる。

コースも複数から選べ、高度も出る。GOボタンを押せばすぐスタートできる。

さらにリルートが便利。カーナビでは当たり前ですがコースを外れるとリルートされます。コースを外れるとスマホ側でコースを再設定し、新しいコースを自動でサイコンに送ってくれます。これは設定でオンオフできます。

その他、電話着信のお知らせが便利。自転車で走行中は着信が判りにくい。名前が画面に出るので出たくない相手だったら無視して走り続けられます。停止してスマホを出して確認不要なのは意外と便利。


2018年1月追記

このとっても便利なレザインのナビにスマートウォッチを組み合わせればさらに便利に 必要な時に詳細地図をサッと見れます。現在試行中。↓↓↓
時流の乗ってスマートウォッチを試してみました。

簡易ナビが補完できて便利です。

自転車とスマートウォッチ 実用編

楽天

 

アマゾン
LEZYNE(レザイン) 【日本語対応/日本正規品/2年間保証】 Bluetooth Smart 対応 コンパクト MINI GPS


Pocket