格安自転車を買うときのリスク

Pocket

格安自転車を買った時、値段なりの商品という事がほとんどです。いい商品に出会うこともありますが、確率は低いと思います。

まず大きく2つのリスク

1つ目は 商品そのもの欠陥。

一番最悪なのはフレーム欠陥。

フレームの溶接が悪く、曲がって溶接されていたり、溶接不足。乗車中に破断なんかされたらたまりません。販売前に不良品として除かれるでしょうが、粗悪品の自転車があるのも事実です。溶接の不良は塗装したらわかりにくいですから。

溶接部分にヒビとか不自然な凹みとかあれば注意が必要です。

フレームの欠陥なら即、屑鉄です。

ブレーキやライトなどパーツの不良。

格安パーツを集めて組み立てているのでよくある不良です。スキルのあるひとは簡単に替えることができますが、苦手な人は格安自転車を買うのを止めましょう。

自分は格安自転車を買うときはすべてのパーツを替える覚悟で買います。逆にまともに使えるパーツが有れば儲けもんという感覚です。


2つ目 は整備不良。

整備不良は一番多いトラブルでしょう。自転車屋さんから買っても1-2万の自転車売るために時間をかけて整備するはずがありません。

想像ですが、梱包された箱からだして、ペダル、ハンドルを付け、タイヤに空気を補充する程度だと思います。

ホームセンターで買った自転車は、乗り出してすぐなのに異音がするなどよくあります。自分も年初に買った子供用自転車に想像もしない不良パーツがありました。

その時の記事はこちら

格安自転車 変な音がするので分解してみた 

しかも格安パーツで組み上げられた自転車はとても整備性が悪く。ブレーキなど特に調整がやりにくい上にシビアです。

ブレーキの片効き、異音。納品時にたとえ調整してもすぐ狂います。

ネジの締めすぎや、緩みも非常に多い整備不良です。すべてのネジ、ナットを一度確認した方がいいでしょう。

ブレーキの片効きは自転車のホイールが曲がっていることも多く、原因がホイールならば素人で調整はほぼ無理です。

品質のいいパーツだと狂いにくいし、素人でも調整がやりやすいです。ギアは安い自転車でもシマノ製が使われいることが多いのでいいのですが、ブレーキは相当に問題があります。

そもそも格安自転車は得体のしれないブレーキが多すぎます。何度調整してもすぐ狂い。安全性も走行性にも相当影響があります。


結論として

自分で整備できるスキルのあるひとは格安自転車でも問題ありませんが、整備などしたこともなく、やる気のないひとは、最初からいい自転車を買っておくべきとなります。

Pocket

ミニベロの定番 ダホン DAHON ボードウォーク D7

Pocket

ミニベロといえばダホン ダホンは超が付くくらい定番で有名です。

低価格から高級車種まで作っているメーカーですが、低価格品の商品も品質がとてもいいので信用と人気があります。

ホームセンターで売っている無名メーカーの折り畳み自転車とは歴然とした性能と品質の差があります。

手に入れやすい価格帯で特に人気のあるダホンボードウォークを紹介します。

クロモリフレームなのでしなやかでアルミみたいにゴツゴツしていません。
乗り味もスタイルも柔らかいので女性に人気があります。

スポンサーリンク

同じダホンのアルミフレームのルートとの比較

アルミフレームのルート

ダホンのルートはボードウォークD7に比べ若干安い価格のアルミフレームです。フレームの太さがクロモリとアルミで全然違います。

折り畳み機能はダホンの定番の機能なので、得体のしれない自転車とは操作性、安全性が全然違います。

ただ外国製の自転車すべてに言えることですが、在庫が無い場合、納期がいつになるか分からないこと。気に入って在庫があるなら即購入をしたほうがいいでしょう。この種の自転車は電化製品みたいに待てば価格が安くなることはあまりありません。

Pocket

パパチャリ? ファットバイク?

Pocket

サイクルベースあさひ からのメールにとても面白そうな自転車の案内が来ました。

それは

88CYCLE(ハチハチサイクル) というパパのための自転車

一目で興味をひくスタイル

極太タイヤ、ディスクブレーキ、8段ギア、大型キャリア、パーキングブレーキ

特に大型キャリアがすばらしいです。ママチャリの大型の籠は実用には最高ですが、スタイルとバランスがかなり悪くなります。この自転車はロングテールデザインで大型かごを積んでもカッコいいと思います。重心も低そうなので安定すると思います。

スタイルだけでなく、趣味でも実用でも装備はかなり使えそうです。

これはファットバイクの部類に入るのでしょうか?

パパチャリという新ジャンルができれば楽しそうです。

気になる重量は、見つけられなかったが装備からすると重そう。走行性能はどうなんだろうか?かなり気になります。

価格もぎりぎり6万円台。装備からすると高い値段ではありません。

後ろ8段でそこそこの坂も行けそうですが、重そうなのでフロント2段だったらもっといいですが改造で対応できそう。

価格が上がっても後ろ10段 前ダブルだったらもっと魅力が上がると思います。

自分はママチャリに手を加えフル活用してますが、この自転車なら、趣味、実用に大いに利用できそうです。先行予約は終了し5月から店頭販売らしいので、実車をぜひ見てみたいです。

スポンサーリンク
Pocket

格安自転車 変な音がするので分解してみた 

Pocket

格安自転車 異音がするので分解してみたら驚きの結果が

ホームセンターで売っていた子供用格安自転車。正月に購入後、天候の悪さと気温の低さであまり乗れませんでしたが、当初から後輪の方から変な音がしていました。カタカタ、カクカク、ホイールが1回転するごとに1回音が鳴る。音は収まる気配はない。

やっと暖かくなってきたので、調べてみることにしました。

前にも書きましたが、安い自転車はそれなりのパーツしか使われていません。

しかも自転車専門店外で買うのはそれなりの覚悟とリスクは必要だと思います。もちろん自分もそれを理解して購入しました。

異音の原因を探るため最初は外観から見る。当初予想していたタイヤと泥除けの接触はない。どうやらバンドブレーキの近辺から音がする。格安自転車はほぼこのバンドブレーキです。ホイールを外して分解してみる。

CIMG1269

何度も思うが安い自転車ほど整備がしにくい。ブレーキとホイールが一体となっているので、ケーブルを外してからホイールを外す。クイックならワンタッチで外れるのに、この自転車はモンキーレンチやドライバーを多用して10分以上かかる。

ホイールを外し、バンドブレーキを分解。ほぼ新品なのでブレーキは綺麗。異物もない。音がするような原因は見当たらない。ここまで原因不明。

CIMG1275

 

せっかくホイールを外したので玉あたりを見てみると、ゴリゴリしていて固い。酷い締め付け方です。過去に自分が購入した自転車で一番回転に抵抗があります。

やっぱり格安自転車は安いパーツだけでなく、組み立てもいい加減だなと、改めて思いつつ、調整をする。

CIMG1277

このような適当な組み立て方なら、ベアリングのグリスも入っているか心配になり分解してみるとことに。   グリスはありましたが、 ナ、、ン、、ト  目を疑いました!

本来そこにあるものが無い、正確に言うと、あるものが足りない。

ベアリング

CIMG1278

 

ただの鉄の玉ですが、明らかにベアリングが2個分ない、歯が抜けたようにすきまがある。

1個でなく2個です。1個なら気づかなかったかも、、、。

思わぬところで異音の原因が分かりました。ベアリングが無いため、回転が悪くなり異音が発生していたようです。

こんな不良ホイールの自転車で先週20キロ走った娘は偉いと思いました。

これは明らかに、整備不良か不良品。ホームセンターに持っていけば無償修理でしょうけど、重い自転車を車に積んで購入した20キロ先にある店舗まで持っていく気がしない。

近所の自転車屋さんにベアリングだけ買いにく、思ったより高く1個60円。

CIMG1281

一応反対側のベアリングも足りてるか調べる。ギアがあるのでスプロケットを外して確認。こちらは大丈夫。

CIMG1288

スプロケを外すのは専用工具が必要です。

CIMG1285

 

購入したベアリングを取り付け、玉あたりの調整を済ませ、組み立て。

みごとに異音はなくなりました。ホイールもスムーズに回ります。

今回の一件で改めて格安自転車を専門店以外で買うのはリスクが伴うことが確認できました。自分である程度修理できるスキルのある人はいいですが、そうでない場合、よく考えて購入してください。ネットでも実店舗でも自転車専門店から購入することをお勧めします。

追記

ハブのベアリングが有るか、無いかなんて専門店で買っても分解して調べないでしょうね。専門店なら異音で気づくかもしれないけど。これは製造元の品質管理の問題でしょう。いずれにしも安い自転車は最初に想像もつかないリスクが有るってことです。

 

 

 

Pocket

ハブナットとクイックレリーズ 長距離乗るならクイック式

Pocket

自転車のメンテナンス性に大きく影響するパーツ あなたの自転車はクイックレリーズ(クイックリリース)ですか?

自転車乗車中のトラブル上位はパンクではないでしょうか。パンク修理は慣れればすぐできるのですが、スポーツサイクルの場合一般的に外出中でパンクすればチューブの取り替えです

スポーツサイクルの大半はレバー1つでホイールが簡単に外せるようになっているので、ホイールごとタイヤを外してチューブ交換か、パッチ修理をします。チューブ交換の方が手っ取り早いので、外出先では予備のチューブを持って出ます。

ママチャリはどうでしょうか、簡単にホイールを外せるクイックを付けているママチャリは今まで見たことがりません。ママチャリや低価格な自転車は一般的に簡単に外せるクイックではなくネジを切った軸棒にナットがセットで、自転車に締め付けています。

当然外すのには工具が必要、簡単に外せないので、いたずら等を考慮すると安全ではありますが、いざメンテナンスとなると大変です。

ママチャリは車輪を外すのは大変なので車体にホイールを付けたままの修理をします。車体に付けたままだとチューブ交換ができないのでパッチ修理になります、しかも非常にやりにくい。

出先でパンクなら自転車屋さんのお世話になるか、押して家まで帰ることになります。自分はママチャリでも長距離走るので保険の意味で注入式のパンク修理材を持って出ます。

ただ、完全に修理はできないので、家に帰るまでの保険です。

近頃、格安のロードバイクも売っていますが、ハブナット式の物が結構あります。

ハブナットのスポーツ自転車を買うのは止めておいたほうがいいです。

輪行もできません。ナットを外すレンチを持っていけばできますが、そこまでして輪行する人はたぶんいないでしょう。

スポーツサイクルを楽しむためには、パンクだけでなく様々なメンテナンス等の事を考えクイックでないと不便なので、格安サイクルを買うときは注意が必要です。

Pocket

おすすめ中高級ミニベロのメーカー

Pocket

前にも書きましたがミニベロは価格も品質も多すぎて1つの枠に入れるのが難しい。中価格帯以上の品質のしっかりとした有名どころのミニベロメーカーを紹介。

コンパクトさで選べばブロンプトン

コンパクトさはピカイチ。折り畳み自転車の高級ブランドみたいな存在です。専用品が多いが、有名なのでたくさんのパーツがある。中古でもいい価格で売られている。

 

BD-1  Birdyに名称変更

独特のサスペンションで一目で分かるデザイン 1目でカッコいい自転車 名称がバーディと変更されてもBD-1の方がイメージしやすい 自分はバーディと聞くとスズキのバイクを思い出す

 

ダホン

数万円の低価格からロード並みの価格帯の高級車まで、ミニベロの定番。車種も多くパーツも多い。汎用品もたくさん使えるので改造も楽しい。この自転車の折り畳み機構は本当にすばらしい。


折り畳み機能は車への収納、鉄道での輪行など気楽にでき行動範囲が飛躍的に広がります。小径さ故に性能は本格ロードバイクには及ばないものの、シティサイクルの比ではありません。

ただし、上記メーカーの様に信頼できるメーカーのに限ります。なんども言いますがホームセンターの1万円以下の折り畳みは、歩くよりましな程度の性能です。自転車に限っては安かろう良かろうはありません。

きちんとしたメーカーでも専用パーツが手に入りにくい事もあります。汎用品なら流通もよく価格も安く手に入りますが、専用品になると、高価で、納期も在庫が無ければ時間がかかります。

今、自分はダホンのホイール(専用品)を注文しているのですが、1月以上経過しましたがまだ、納期がまだ分かりません。ギアとかブレーキはシマノの汎用品を使えるのですが、専用品になると入手に苦労します。


2016-11 追記

最近気になるのは国内メーカーが発売した折り畳み自転車

CARACLE-S

カラクルと呼ぶらしい。

このカラクル(CARACLE)という自転車。

メーカーのホームページによると実用車の折り畳みでは世界最小。スーツケースやコインロッカーにも収納可能。 しかも20インチです。

イメージ図ではブロンプトンより小さい?

走行性能も妥協していない。

国内製というのも安心。

次に買い替えるなら一気にカラクル(CARACLE)が候補になりそうです。

 

 

 

 

Pocket

ミニベロ(小径車)のお勧め その2 (これを選べば楽しさ倍増)

Pocket

その1で低価格の折りたたみ自転車は、使えない事を書きました。では中価格帯以上の自転車はどうでしょうか。

あまり値段だけで自転車を評価したくないですが、自転車に関しては価格相応という言葉がぴったり当てはまります。

型式の古い自転車などバーゲンセールで品質の良い自転車をたまに買うこともできますが、そういう機会はあまりありません。

中価格帯以上の自転車になると、ダホンとか折り畳みで有名な自転車や国内、海外の有名自転車メーカーの自転車が買えます。ここで注意しなければならないのは有名自転車メーカーで自転車以外の有名メーカーではないという事です。

有名自転車メーカー ダホンとかルイガノとかビアンキ、他多数

自転車以外の有名メーカー 飲料メーカーとか自動車メーカー

簡単に言うと自転車以外の有名メーカーはブランドのある名前だけ貸しているだけで自転車はどこが作っているか分からない三流品が多いので、やめておいた方がいい、ということです。(自転車メーカーのOEMで良いものもあります)

有名自転車メーカーのものを買えば、ほぼ間違いはないでしょう。高い物はロードバイク並みの価格がするものもあります。

走行性能もロードバイク並みです。でもロードバイク並みのお金をだすならロードバイクを買った方がいいかもしれません。

安い折り畳み自転車と何が違うのか。折り畳み自転車で有名なダホンと比較すると、肝心の折り畳みの機能と使い勝手が全く違います。

ダホンはワンタッチで安全にロックできます。

安い自転車はネジをくるくる回し、最後にレバーで固く締め付けるものがほとんどです。

締め付けの加減が分かりにくく何度もネジを緩めたり締めたり、非常に面倒くさい作業です。安全にかかわる部分だから適当にするわけにもいかず、この作業が2か所あります。

折りたたんで自立するかも大事です。自立しないと、せっかく折りたたんでも場所を取ります。

走行性能も相当違います。車種にもよりますが安売りの折り畳みとは比較になりません。

ママチャリやシティサイクルよりもぜんぜん早く走れます。ロードバイク並みの性能を持っているものもあります。

価格によってギアやブレーキなどのコンポーネントが違ってきますが、用途と予算とデザインで決めればいいと思います。

自分もミニベロを使う機会が多いです。100キロ以上のサイクリングもできますし、近所の買い物へも使っています。

折り畳みも1分もかからないので車に積んで山や海にも行きます。なにより輪行が簡単にできるのがすばらしいです。

もし折り畳みのミニベロを考えているなら、少しいいものを買えば用途は相当広がります。

Pocket

子供と一緒にサイクリングするために

Pocket

子供用自転車が正月の初売り特価で売られていたので買いました。ギア付きの24インチ自転車。新車はどこもピカピカで気持ちがいいもんです。

成長するたびにサイズを替え、これが3台目です。次は大人用でも大丈夫でしょう。

本来なら格安自転車はあまり買いたくありませんが、子供はすぐ体格が変わるので、高い自転車を何度も買い直すわけにはいきません

自転車が安く買える時期は、モデルチェンジの時期と初売りみたいなイベントの時なので、正月のチラシにアンテナを張っていたところにヒットしました。

価格は税抜き1万円以下だったので、持って帰ってから、細かに車体をチェックして錆の出やすいネジやチェーンにグリスを塗りました。

全体的に見てそれほど悪くないよう。しかし、やはりブレーキは貧弱。ライトは旧式の電球式のダイナモ発電でこの辺にコストダウンが見受けられます。

タイヤは走行抵抗が相当ありそうなブロックパターン。最近の流行だから仕方ないでしょう。ロード用に交換したほうが走りやすくなります。

安全とスムーズな走行の為にブレーキとタイヤは要交換。普通ならライトも交換だが子供が夜走ることはないので、先送り。

元は安い自転車でも、整備とパーツ交換で見違えるように走る自転車になります。

今までは子供とのサイクリングは短距離しか走れなく物足りない気分でしたが、これからは少し距離が伸ばせて、家族サービスと運動が両立できることになります。

家族サービスをしとけば一人で長距離走りに行くときも理解されます。

独身なら自由ですが、家族持ちは家族の自転車の事も気にしなくてはならないので大変です。

 

Pocket

自転車のネット通販はありかなしか

Pocket

自転車を買いたいと思ったときどこで買いますか?

自分はネット、実店舗、ネットで注文で実店舗で受け取りなど、すべて経験があります。

自転車の専門誌や雑誌を見るとあまりお勧めしていないようです。理由は


  • 実際の店舗だと体型に合った自転車を選んでくれること

  • 整備をしっかりしてくれること

の2つが主な理由のようです。

自分は一部の車種を除いてネット通販のほうがいいと思います。(一部とは数十万円以上するロードバイクの高級車の部類です。ロードバイクでも入門、中級者レベルの車種は通販でも十分だと思います。それとママチャリや子供用自転車はもともと価格が安く、販売店舗も多いので通販よりも安く売られているところもある)。

なぜか、簡潔にいうと価格が安く、選択肢も広いからです。都会で周辺に自転車の専門店がたくさんある所に住んでいる人はいいですが、ほとんどの人はそのような所に住んでいません。自分も地方の田舎です。


体型に合った自転車を選んでくれること」もっともに聞こえますが、自転車のサイズはそんなに多くありません、服のS、M、Lと同じでほとんど身長で乗るサイズを決めています。

ロードバイクのサイズはもっと細かいですが店舗に買いに行っても、普通身長でサイズの適合するものを選び、後はサドル等で細かく合わせるだけです。

ネット通販でも実店舗でも特別な体型でない限り、身長に適合したサイズの自転車を決めればほとんど合います。普通のサイクルショップの実店舗でしてくれるのはサドルの高さ合わせくらいでしょう。

店舗でサドルの高さを合わせても、新しい自転車に実際乗っていると、サドルをもっと高くしたり低くしたり、乗り方も変わったり、サドル本体も替えたくなったり、自分でフィットするように試行錯誤するものです。

だから体型が標準サイズと極端に違う人は相談するメリットはあるかもしれませんが、標準サイズの体型ならば通販でも実店舗でも違いはあまりありません。


整備をしっかりしてくれること」これも?です。ネット通販でも普通は整備して売ります。

実店舗でもいいかげんなところはあります。実店舗がすべて良いわけではないと思います。

実店舗でもネット販売の店舗でもいい加減なところはいい加減です。自転車ブームでロードバイクをホームセンターで売っていることもありますが、どれほどの整備や調整をしているか疑問です。

ママチャリしか乗ったことのない店員から売られるかもしれません。ネット通販で注意するところは、明らかに自転車専門店でない所から買うことです。

洋服屋さんが折り畳み自転車を売っているのを見たことがありますが、どんな自転車が送られてくるか想像がつきます。

自転車専門店なら整備士の掲示もあるのでホームページで確認するといいと思います。

パンクやブレーキの交換が必要になったらどうするか。近頃は大型の全国展開の自転車専門店が増えました。ネットで買った自転車でも快く修理をしてくれます。

小さな個人の自転車専門店は他店購入の自転車の整備を断るところはあります。しかし自転車でダイエットをするなら基本的に軽微な修理やメンテナンスは自分でしたほうがいいです。

修理道具は100円ショップでも売っています。自転車整備のスキルが上がりますし、簡単な修理ができれば出先でメカトラブルの時役立ちます。

 

 

 

Pocket