電動アシスト自転車 リアルストリーム(PAS Brace姉妹車)のファーストインプレ その1

Pocket

ブリジストンのリアルストリームが納車されたのでファーストインプレッションを書きます。

念のため書いておきますがヤマハのPAS Braceと共通のパーツを使ったほぼ同じ自転車です。

スポーツタイプの電動自転車は他にパナソニックのハリヤ、さらに上位のロードバイクタイプのヤマハのYPJ-Rがあります。

外国製も含めればスポーツタイプの電動自転車は、たくさんありますが、非合法なものもや、品質に問題があるものも多いので。自分は電動を買うなら国産と決めていました。

外観:

フロントサスペンションとディスクブレーキがあるので、MTB風のクロスバイクという感じ。カタログではクロスバイクの部類に入っています。

自分の感想では、いいスタイルだと思います。モーターとバッテリーはママチャリタイプの電動と同じような形状なので特別カッコいいとは感じません。

塗装などは普通、高価なロードバイクの等の塗装と比較すると劣る感じ。10万円以上する自転車ならもうちょっと期待したいところ。

重量:

カタログ値とおりで、20キロ以上あるので重い。輪行は無理だが、車に載せるのはさほど苦痛ではない感じ。実際前輪を外して車に乗せてみましたが、なんとか乗せられます。女性だと重いかもしれません。

バッテリーとモーター:

モーター部分は、やはり存在感を感じます。

12.6アンペアの大容量バッテリーは、形状と重さからたとえて言うとレンガのような感じ。取付け、取り外しには鍵が必要です。バッテリーだけ盗まれる心配はありません。同じ鍵で附属の太いワイヤー錠も開錠できます。一つのカギで済むのは便利です。

自転車に設置するのも、充電器に設置するのも簡単。ただ重いので落下だけは注意が必要。バッテリー本体の損傷だけでなく、足にの上でもかなりダメージがきそうです。バッテリーの重量は2キロ以上あります。

充電器はやや厚めの平板で、大きさはありますが、軽量です。出先に持っていくのも苦ではないと思います。ただ形状は大きめです。

CIMG2213

装備:

電動部分以外はごく普通のMTBよりのクロスバイク。

ベル、反射板、バッテリーから給電されるライトも付いています。保安部品を後から容易する必要はありません。

アシストのレベルを変えたり、走行距離、速度など表示できる便利なコントローラーもハンドルバーに付いています。

この自転車に特徴的なのは、電動以外ではフロントサスペンションとディスクブレーキ。ギアは内装8段です。

サスペンションは当然ショックを吸収してくれる装置です。前輪のみです。サスペンションの強度をダイアルで変更できます。

CIMG2199

ただこのサスペンションは価格からしてしょうがないですが、高級なものとは言えません。たぶん重量も相当あるかも。高級なMTBについているようなエアーサスペンションでもありません。費用は掛かりますが交換可能なパーツです。

ただこの自転車で本格オフロードを走るわけでもないので、標準のこの装備で十分かと思います。

ディスクブレーキは油圧式でなく、機械式です。これも高級MTBは油圧のディスクがついています。機械式はどちらかというと廉価版です。

後輪はV型ブレーキです、効きも十分で安心できます。

CIMG2194

ブレーキはディスクブレーキもV型ブレーキも世界のシマノ製です。品質はとてもいいので安心感があります。

ギアは内装8段。外装に比べ汚れがなくメンテナンスが楽なギアです。使い勝手は実走行のインプレで書きます。

結論として、装備は本格MTBではないので、この程度で十分ではないかと思います。気に入らなければギア以外は上位グレードに簡単に交換できるパーツでもあります。

その他:

この自転車で唯一、気にいらないのはホイールのバルブ。10万円以上するスポーツサイクル車なのに、なんとママチャリと同じ英式バルブが付いているのです。取説では指定空気圧など書いていますが、英式バルブで空気圧の管理などできません。スポーツサイクルなら仏式か米式だと思うのですが。即変換アダプタに交換です。チューブは1000円もしないのに、こんなものを使ってはいけません。

CIMG2164

バルブのことは別の記事でも書いているのでそちらをどうぞ。

自転車のチューブ 便利なバルブ変換アダプター

まとめ:

カタログでは15万円以上する自転車の割には、すばらしくいいパーツが使われているわけでもないです。かといって、極端に悪いパーツは使っていない。ブレーキやギアにシマノを使っているのは評価できます。

まあこれは電動アシスト自転車なので価格の重点は電動部分に掛かっていると想像できます。

次回はいよいよ実走行のインプレです。

電動アシスト自転車 リアルストリーム(PAS Brace姉妹車)のファーストインプレ その2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket

電動自転車 リアルストリーム購入決定 さらなるエコ生活へ

Pocket

趣味と実用で使える新車が欲しくなり、カーゴバイク、電動自転車、MTBと長い間検討してましたが、少しお手頃で入手できることが確定した電動アシスト自転車、ブリジストンのリアルストリームに決定しました。

 

姉妹車種にヤマハのPAS Braceがありますがリアルストリームはほぼ同じ自転車です。

以前 ヤマハPAS Braceとパナソニック ハリヤの比較をしています。

電動アシスト自転車 パナソニックのハリヤかヤマハPAS Braceか

ライバル車としてパナソニックのハリヤが購入候補でしたが、リアルストリームを入手することになりました。大幅値引きのため色はイエロー限定でしたが、自分の好きな色なので全く問題ありません。

リアルストリームはMTBのようにフロントサスペンションや強力なディスクブレーキ等、本格オフロードは走れないものの自分の欲求を満たしている。

キャリアなど装着すれば、重たい荷物も積めるし、電動なので楽。

少し強引ですがカーゴバイクのように荷物運搬、少しくらい荒れた路面も走れるMTBとしても利用できると自分なりに理由をつけてます。


さて、リアルストリームの用途ですが、いろんなケースが考えられます。

本格サイクリングならもちろんロードバイクを使います。あの軽快さはロードバイクでないと味わえないと思います。

近距離や輪行、ポタリングはもちろんミニベロを使います。

それ以外はリアルストリームの利用を考えています。


今回、リアルストリームの購入を機にこの自転車のメリットを挙げると。

電動アシストはカタログ値で75km 乗る人の体力や、環境で変動はありますが、実際は100kmは楽だと思います。これは今後の検証でこのブログアップしていきます。

スポンサーリンク

太いタイヤにサスペンションがついている  体にかかる負担が大幅に軽減されます。特に今まで主に乗っているロードバイクは細いタイヤに高圧なので、荒れた路面の振動が半端ではないです。ミニベロもタイヤの径が小さいので、路面のギャップに弱い。

一般的に自転車にサスペンションは重量増や進もうとする力を減衰させたり、悪い影響もありますが、そこは電動パワーで帳消しにできます。

内装8段変速 内装なのでメンテナンスが楽、ディレイラーのトラブルが無し。などメリットがあります。多段なのでいろんなシーンに対応します。ライバルのハリヤは外装7段です。

コントローラーが専用の液晶でいろんな情報が表示される。アシストレベルの設定はもちろん別途サイクルコンピュータが必要ないほど充実してます。ライバルのハリアは他車との共用で比較的簡素な表示です。

今後、納車後、様々な点をアップしていきます。


電動ロードバイクのYPJ-RのMTB版も気になってましたが、YPJ-Rが25万円程度、装備を考えるとこれよりMTB版の価格が下がるとは思えないし、YPJ-Rの半額で比較的いろんな用途に使えるリアルストリームの購入に満足してます。

追記:

ファーストインプレッションです。

電動アシスト自転車 リアルストリーム(PAS Brace姉妹車)のファーストインプレ その1

 

 

Pocket

自転車生活 ~自転車が安く買える時期~ 

Pocket

自転車を買いたいと思ったとき、やはり少しでも安く購入したいと思います。

ホームセンターとかで売っている格安自転車は除いて、5万円以上する有名メーカーのスポーツサイクルや、高級自転車は、通常僅かな値引きだけです。

自転車が安く購入できる時期は、販売店の特別なイベント時、たとえば新規オープンとか初売りとかです。でもめったにありません。

確実なのは自転車のモデルチェンジをする前の時期。

それ以外の時期は、定価に近い価格で買わざるを得ません。

しかも通常はどこのショップもほぼ横並び価格。自転車が特に売れる春先などはチラシなどで派手な宣伝はあるけど価格はいまひとつです。

まあこれは需要と供給の関係なのでどうしようもないです。

そこで、急ぎで購入する必要がないのであれば、先に上げた安くなる時期に購入すると、かなり安く買えます。

特にモデルチェンジの時期(正確にはモデルチェンジの少し前)に購入するのは、お勧めです。

モデルチェンジの少し前に自転車在庫のあるショップは当然古いモデルを早く処分したいと考えるのだと想像できます。

モデルチェンジの前の自転車が安く買える時期は?

メーカーによっても新モデルが出る時期は違いますが。夏から秋くらいが多いようです。

経験上、ダイレクトメール等、ショップから在庫処分の特別価格のお知らせはちょうど今頃(6月頃)から急激に増えます。在庫処分価格を確認すると確かに安い。通常ならありえない値引きで売られています。

つい最近も自分の愛車のミニベロ、ターンが破格値で売られていたので思わずポチりそうになりました。(改造したばかりで、他に購入したい自転車があったので、直前でやめましたが)

ただ注意点があります。

モデル末期の自転車なので、当然、直後、長くても2-3か月後に新しいモデルが発売されます。

それと欲しい自転車は在庫がないことが多いです。特にロードバイクはサイズの関係もあるので、極端に大きいサイズや小さいサイズしか在庫がないこともあります。

逆に言えば、確実に特定のモデルを手に入れたいのであれば、値引きは考えないほうがよいです。人気のあるモデルなら定価でも数か月待たされたり、時期が遅ければ生産終了で在庫すらないこともあります。

ロードバイクなら、車種のメーカーを問わず、大体のグレードとサイズくらいの選択肢に留めておけば安く購入できる確率は高くなります。

ある程度納得できる価格だったら、購入しないと、もともと少ない在庫なので売り切れの可能性もあります。

自転車ショップの在庫処分のイベントに目を光らせておくことです。ショップのメルマガ等の登録をすると便利です。

それとモデル末期の自転車といっても、自転車は電化製品のように次から次へと新しい技術が投入されるわけでもなく、新モデルといっても色が追加されたりとか軽微な変更だけのケースも多いです。

それに自転車はパーツ交換も楽だし、購入後の楽しみでもあります。


現在自分も、MTB、カーゴバイク、スポーツタイプの電動自転車のいずれかの購入を検討していて、時期的に安く買える時期なので、様々なショップの価格に目を光らせています。

希望の車種の候補の価格が下がっているのを確認しているので、購入を決定します。

 

 

スポンサーリンク
Pocket

自転車・パーツの海外ネット通販 初 Wiggle(ウィグル)を使ってみた

Pocket

自転車もパーツも使い慣れた国内の通販会社をずっと使っていましたが、今回初、海外通販に挑戦しました。

Wiggleといえば自転車をいじる人には有名な会社で、利用している人も多いと思いますが、自分はWiggleの存在は知っていたものの利用する機会がありませんでした。

理由は

たまたま調べた購入予定の価格差がそれほどなかった。少しくらいの安さでは手間と時間がかかるだけ。

送料が高そう。

関税などわかりにくい。

配送が遅そう。

等々いろんな言い訳がありますが。 実際はただなんとなく海外通販の敷居が高そうで避けてきました。

今回は、ミニベロを改造するためにパーツをまとめ買いしようと考え、国内通販と
Wiggleの価格を比較すると
約30%もWiggleが安かったので初挑戦しました。

30%も安ければ面倒くさくてもやる価値はあります。

国内通販の価格がカルテルのように高値で一定だったパーツもあり、選択肢を広げたかった理由もあります。

国内通販とWiggleの個々の価格を比較すると価格差がほとんどないパーツもありましたが、トータルでは30%も安ければ使わない手はありません。

別な話になりますが、今回購入したパーツはすべてシマノ製。日本国内で買うより海外で買ったほうが安いというのはかなり?です。

さて、本題に戻り、今まで懸念していた問題点は


送料に関しては今回は7499円以上で送料無料(変動する場合あり自転車本体・フレームは別)。国内通販と変わりません、それより国内は1万円以上を求めるところもあります。


ややこしいのは関税、と消費税 これは購入する物により変動するので要確認です。
関税が高い品種もあるので注意が必要。消費税はケースバイケース。

今回は自転車パーツで購入価格は1万5千円くらいなので、消費税も関税も掛からないと判断しております。(まだ未着なので、はっきりとは言えない。自分のリサーチでは自転車、パーツは無税。)

以前妻が海外通販でアパレルを3万円くらい購入したときはびっくりするくらいの関税がかかりました。安い商品を買ったつもりが高くなりました。アパレルの関税は高いそうです。


配送は10日程度らしいですが、別料金で早くすることも可能。でもさすがに海外なので翌日到着は無理です。急に必要なパーツでなければ問題なし。


あと支払いはクレジットカード、ペイパル、銀行振り込み等もあります。

クレジットカードに抵抗がある人はペイパルという便利なものがあります。ペイパルは一度登録しておくと、ほかのいろんな通販にも安全に利用できるので自分はペイパルにしました。

さらにWiggleはバウチャーという割引券みたいなものが時々貰えます。自分もメール受信設定でバウチャーを貰えました。

 

今回Wiggleに初挑戦しましたが、購入する手間は国内通販と全く変わらず、はっきりいって食わず嫌いでした。いままで国内通販オンリーだったのでかなり割高な商品も買っていたと思います。

今後、割引セールやバウチャー等により、価格も大きく変動するのでタイミングをみて自転車本体にも挑戦して見ようと考えています。

少し困ったことは1つ。サイトは日本語化されていますが、商品の検索をするときに希望の商品があるのに、検索にかからないことがあります。

たとえば「ディレイラー、10速、シマノ」と検索窓に入れても、希望通りの結果が出ません。ここで商品がないとあきらめてしまう事があります。日本の通販なら、先の検索で希望通りの商品が並びます。

アルファベットの商品名がわかるなら良いですが、大まかに調べたい場合、検索窓よりも商品一覧から探したほうがほしい商品が見つかる可能性が高いと思います。

テクニックとしては、どうせ日本の通販と比較するのなら先に日本の通販のサイトで商品を特定してWiggleで商品を探す手法が楽です。


追記:

注文してから11日目で無事到着しました。ほぼ予告通りです。追加料金で早く配達してもらう事もできます。

CIMG1995

CIMG1998

梱包も注文した商品も全く問題なし。国内ショップに注文したものと変わりません。

念のため、関税と消費税は予想通り課税なしです。

なにより安いので、緊急に必要な商品以外は大いに利用価値があります。

 

追記:

現在、送料は8000円以上で無料(バイク、フレームを除くに)に変更されています。

 

Pocket

気になるカーゴバイク 荷物を運ぶ自転車

Pocket

パパチャリとかおもしろい発想の自転車を以前の記事で書きました。

ママチャリorパパチャリorカーゴバイク

サイクルあさひの88サイクルとブリジストンのトートボックスです。

今回は上記2車種以外の気になるカーゴバイクです。


クロスバイクと大きい荷台が特徴的

荷物を積んでも速そうです。スタイルもカッコいい。荷物をたくさん積んで長距離ツーリングによさそう。タイヤが小径ではありません。個人的にはカーゴバイクの中で一番カッコいいと思います。有名メーカーです。

KONA UTE CARGO CROSS BIKE


サイクルトラック

楽天市場で見つけた自転車ですが、面白いのは、後輪が大きく、前輪が小さい。しかも大きく違います。とてもいいデザインです。

今まで紹介したカーゴバイクとは逆になります。荷物は当然小さいタイヤの前輪側の大きなかごに載せるタイプです。

写真では後輪には荷台はないようです。形状は普通の自転車なので汎用の荷台は付けられそうです。

後輪が大きいので走行性能は良さそうです。荷物は小さなタイヤの前輪で低重心なので安定しそうですがハンドリングがどうなのか、乗ってみたいです。


次はルイガノ日本で多くのスポーツサイクルを展開しているメーカー。娘がルイガノのロードバイクに乗ってますが品質も良くいいメーカーだと思います。

MVカーゴ

こちらは88サイクルとトートボックスに似ているタイプ。ロングテールで後輪側に大きな荷物を載せるタイプです。


カーゴバイクではないですが既存の自転車を利用してたくさん荷物を運ぶなら牽引車を使う手もあります。



これはとてもスタイリッシュ。ロードバイクに付けても似合いそう。

安定性と積載力は牽引車に勝るものはないでしょう。重量の問題もありますが、電動自転車と組み合わせれば最強です。ただリヤカーは交通法の問題が出てきます。

 

Pocket

MTB(マウンテンバイク)を選ぶ初歩の初歩 ~学習編~

Pocket

MTBが欲しくなり急遽、検討することになりました。

昔はジャイアントとトレックのMTBを持ってましたが今はミニベロ、ロード、ママチャリをメインとして乗っているので、最近のMTBに関する知識はほとんどありません。

当時乗っていたMTBにはなかったディスクブレーキとサスペンションが当たり前になり、種類も多いので学習するのに一苦労です。

価格やスタイルだけで購入すると、まず間違いなく後悔します。これは経験上間違いないです。

パーツの交換などにも余計な費用がかかるので今回購入前にリサーチします。

まずMTBを買う目的です。

街や郊外だけなら今ある自転車で十分です。速いし、軽いし、快適です。重いMTBを買う理由は全くありません。現在MTBに乗っていない理由がここにあります。

自分は山道によく行くので、舗装された路面でも状態が良くない事が多いのです。小石の落石や落ちた枝葉がたくさんある所を走ります。

細いタイヤのロードバイクでは非常に神経を使って走ります。今回の熊本地震で益々、道路の状態も悪くなっているし、障害物も増えていると考えられます。よってそのような荒れた舗装路を安心して走るのが主な目的で、たまに林道のダートを走るという気持ちでいます。

本当はカーゴバイクを買う予定でしたが検討中に熊本地震が発生し、事情が変わりました。

MTBの種類を決めます。

メーカーも品数も多数で、いろんな用途に使えるハードテールという種類にします。簡単にいうと後ろにサスペンションが無いタイプです。前後にサスペンションがあるタイプは価格も高価で重量も増え、自分にとって過剰装備です。

ダウンヒル用とか色々種類があるようですが、クロスカントリー用のタイプになります。

 

装備を決めます。

フロントサスペンションにディスクはほぼ当たり前の装備です。これがない車種の方が少ないです。

サスペンションははっきり言って街乗りでは不要です。荒れた路面の林道走行に期待します。

フロントサスペンションだけでも多くの種類があり、メーカーも価格もピン霧です。サスペンションだけで自転車が買えてしまう物もあります。良い物は当然価格も高く、とりあえず標準でロックアウト機能が付いていればOKにします。

ロックアウトとはサスペンションの作動を止める装置です。綺麗な舗装路や上りではサスペンションが働くとペダリングのロスになるだけなので、必要な時だけ使えるのは便利です。

ディスクブレーキは機械式油圧式があります。車やバイクでは当たり前の油圧式が品質や性能の面で優れています。自分の用途では油圧式です。ロードバイクでもディスク化の波が来てますので整備の勉強にもなります。

次にギアです。舗装されていてもハードな坂のある峠に行くのでシマノの前3段、後10段を検討します。予算が厳しくても9段です。

タイヤは舗装路がメインになるのでブロックの少ないパターンが良いでが、完成車の購入なので、しばらくは標準搭載のタイヤに乗ることになります。

 

次がもっとも厳しい予算です。

10万円以内を考えます。この予算と上記の装備だとかなり絞られてきますが、車体にカーボンは当然無理で、ざっと検索したところアルミの12kgから14kgのMTBになりそうです。

余談ですが絶対避けなければならないMTBがあります。それはホームセンターで良く売られている、所謂ルック車というもの。

まずまちがいなく次のようなシールが貼られています「悪路を走らないでください。一般道路専用です」。MTBなのに悪路を走るなとは?。

前後のサスが付いていて3万円のMTBタイプを見たこともあります。重量は20kg近くで、ボスフリーの7速のギア。平地を走るのも大変そうです。

5万円以上出せばルック車を購入することは少ないと思いますが、全くの初心者は特にMTBを購入する場合気を付ける必要があります。

次は車種の選定が決定したら書きます。


追記:

候補に上がったバイク

1.GT ザスカー

性能的に申し分ないが、時期的に在庫がなく、予算もオーバー

2.ルイガノ LGS-TRX1

いろんなタイプのタイヤを付け替えられるのが面白い。標準ではオンロードよりのタイヤ。
在庫はありそうだが、予算オーバーの上に、どこの店も同じ価格が気になる。楽天で調べるとポイントが付くか、付かないかの差くらい。


調べれば調べる程、エアサス仕様が気になります。10万円以下ではスプリングサスが大半。
時期的に2017年モデルを待つ覚悟も必要かもしれません。

 

 

 

 

 

 

Pocket

電動アシスト自転車 パナソニックのハリヤかヤマハPAS Braceか

Pocket

スポーツタイプの電動アシスト自転車の最高はヤマハのYPJ-Rで間違いないと思いますが、ロードバイクとして使うか、電動アシストとして使うか、何となく中途半端で、用途を明確にしないと購入する決断に至りません。

特に航続距離が短すぎます。実走行はカタログ値を上回ることを考慮しても短すぎます。

そこで従来からあるスポーツタイプの電動アシスト自転車を改めて検討してみたと思います。

パナソニックのハリヤと、ヤマハのPAS Brace XLです。YPJ-Rが出るまではスポーツサイクル電動アシストの最高峰でした。

YPJ-Rが出て影が薄くなりましたが、スポーツサイクルと電動がうまくマッチしていて、スポーツと日常の両方のスタイルで使えるいい自転車です。

両車はMTB風?でサスペンションが付いていたり、太いタイヤだったり、YPJ-Rがロード専用に対して、ハリヤとBraceはオールラウンダー的で航続距離も長く、実用的です。なにより価格がYPJ-Rの半分程度です。

ハリヤとBraceは性能もスタイルも似ているので簡単に比較してみます。

 ハリヤPAS Brace XL
アシスト 強
*名称はメーカーで違う
48km50km
アシスト 標準
*名称はメーカーで違う
57km59km
アシスト 弱
*名称はメーカーで違う
73km75km
重量22.4kg23.2kg
ギア外装7段内装8段
その他グリップシフト

ラピッドファイヤ
ディスクブレーキ

2016年版のハリヤはバッテリも強化され、走行可能距離はPAS Brace XLとほぼ同じスペックです。

(Pas Brace 2017年版が発表 2016年版との違いは?)

価格は定価でハリヤ 約13万円と PAS Brace XLは約16万円

実勢価格はこのとおり

パナソニック ハリヤ

楽天市場

 

アマゾン
Panasonic(パナソニック) 電動アシスト自転車 2016年モデル ハリヤ 26インチ ELH42 12.0Ahリチウムイオンバッテリー 専用充電器付
ヤマハ  PAS Brace XL (ブリジストン リアルストリーム)

楽天市場

 

アマゾン
YAMAHA(ヤマハ) 2016年モデル PAS BraceXL(ブレイス エックスエル) 26インチ PA26B

 

性能はほぼ同じで価格差3万は結構大きいですが、PAS Brace XLのほうが価格が高い分、細かい部分のパーツがグレードのいい物が使われています。

ギヤはハリヤの外装7段に対して内装8段 内装ギアは変速機が密閉されているので汚れにくく、手入れも楽です。外装は油も飛び散るし、手入れしないとスプロケットに錆びも出ます。

ただ外装の場合自分の好みのスプロケット交換が可能です。8段以上も可能だと思います。内装ギアだと簡単に交換というわけにはいきません。

シフター(変速機)はグリップシフトに対してラピッドファイヤ ラピッドファイヤの方が操作性が格段に良いです。グリップシフトは長時間使うと手が痛くなります。

まあこれも少し自転車をいじるスキルのある人なら変速機は簡単に交換できるパーツです。ショップに依頼しても簡単にできます。価格も安いので最初から付いていて欲しいパーツでもあります。

PAS Brace XLはブレーキのフロントディスクなど価格が高い分、性能の良いパーツが使われています。特にコントローラーはアシストの設定以外に速度や距離が表示できる優れたものです。

自分が買うなら、ハリヤを買って、不満点はパーツ交換するのがいいかなと思います。3万円の価格差は大きいです。

気になるのは今後発売されるであろうヤマハのYPJ-RのMTB版です。サスペンションの付いているMTBは乗りごこちは最高ですが、普段使う一般道の走行性能はロードバイクに比べ相当落ちます。それが電動でアシストされたらとても魅力的な自転車になることは想像できます。2016年夏現在でも詳しい情報はまだ入っていません。


追記

ヤマハのPas Braceの姉妹車というか、ほとんど同じのブリジストンのリアルストリームを今回購入することになりました。

電動自転車 リアルストリーム購入決定 さらなるエコ生活へ

 

★ロードバイクランキング★

★ミニベロランキング★

★シティサイクル・ママチャリ ランキング★

★折りたたみ自転車ランキング★

★電動アシスト自転車ランキング★

★メンテナンス商品ランキング★

 

 

Pocket

カッコいいミニベロ電動 PAS CITY-X

Pocket

電動アシスト自転車は少し前までは、デザインが今一つの物ばかりでした。

はっきり言うと、おばさんくさいを通り越して、おばあちゃん用自転車という感じ。

10万円もするのにこのデザインかーと思うものばかりで、電動アシスト自転車の便利さが、デザインの悪さでかき消されています。

多くのママチャリタイプの電動アシスト自転車のパッと見のデザインは、ホームセンターで買える9800円のママチャリ程度ですから、いくら便利でも、これなら原付バイクの方がいいなと思ってしまいます。事実原付バイクの安い物なら買える価格です。

さすがの自分でも、便利さは認識しつつも敬遠していました。

ですが、近年、ロードバイクの電動アシストを始め、かっこいい電動アシスト自転車がかなり増えてきました。

今回は自分も大好きなミニベロタイプ。ヤマハのPAS CITY-Xに注目です。個人的にも買いたいと思える自転車です。

海外製のミニベロタイプの電動はいくつかありましたが、ハッキリ言ってデザインが悪い。さらに品質も疑問がつくものばかり。

PAS CITY-Xはデザインが今までの小径車の電動アシスト自転車にくらべ格段にいいこと。性能もこのクラスの電動アシストとしては良いこと、さらに国内メーカーなので、品質も安心。部品の調達の心配不要です。

メーカーも不明な海外製だと故障=廃車の確率が高いでしょう。
YAMAHA(ヤマハ) 電動自転車 16年モデル PAS City-X(パス シティーX) PA20CX 20インチ 8.7Ahリチウムイオンバッテリー 専用充電器付
 

PAS CITY-X

 

ブリジストンもほぼ同じリアルストリームminiという自転車を発売しています。たぶん若干のパーツが違うだけだと思います。

リアルストリームmini


通常のミニベロと比較しても、バッテリーが目立つだけで普通のかっこいいミニベロ。

ワイヤー内蔵のフレームで、すっきり見えます。標準で付いているライトもバッテリー電源なので別にライトの電池などの心配はなし。

オプションのバスケットもおしゃれ。

小径車で電動なので荷物も楽に安定して運べる。

そして肝心の電動アシストの性能は

最高で 59km

標準で 46km

強で 36km

けっこう頑張ってる数値です。実施走行はカタログ値よりも相当上回ることから節約走行で100km位はいけそうな気がします。

(2017年版のPAS CITY-Xが発表され バッテリーが大幅に強化されています 容量が約40%もアップ オートエコ83km 標準で65km 強で51km  ファンクションメータもグレードアップしてます。)

航続距離は長ければ長いほどいいですが、ミニベロとしては十分な走行距離です。

欠点と思えるのは、変速ギアが内装3段。街乗りでは十分でしょうが、スポーツサイクルを楽しむには8段とかギアを使って欲しかった。重い電動自転車でも平地ならアシストなしで自力で走りたいものです。

ただ常に電動走行なら、電動のパワーがカバーしてくれるので変速が少なくても頻繁な変速は不要です。

電動アシスト自転車は細かい変速をしなくても十分走れるという発想があるのかもしれません。

自分も8段の変速の付いた電動アシスト自転車に乗ってますが、自力走行以外は変速は頻繁にしません。どんなギアでも強力にアシストが入ります。

タイヤ、ホイールはハブナットのハブです。イタズラされる心配は少ないですが取り外しに工具が必要。スポーツサイクルならクイック式のハブでないと、メンテナンスの手間が相当違います。この価格帯のミニベロならほとんどがクイック式のハブを採用しています。

ちなみに自分の所有するリアルストリーム(26インチのクロスタイプ)は前輪がクイックで後輪がハブナット。後輪が出先でパンクしたときは手間がかかるパッチ修理になります。でも前輪だけがクイックでもメリットはあります。パンク修理はもちろん車に断然乗せやすくなります。

PAS CITY-Xの重量は21キロ弱 軽くはない。でも電動自転車の部類では軽いほうなのかもしれない。輪行はほぼ無理でしょう。重さ云々よりもタイヤが簡単に外せないと手間が大変です。

価格は12万円弱、実勢価格10万円前後、安くはありませんが、品質のしっかりした普通のミニベロは最低でも5-6万はします。

ミニベロはスポーツ走行から、日常の買い物利用まで、応用範囲の広い自転車で、さらに電動アシストが加わると利用価値も大きく上がると思います。

アマゾンではこの価格
YAMAHA(ヤマハ) 電動自転車 16年モデル PAS City-X(パス シティーX) PA20CX 20インチ 8.7Ahリチウムイオンバッテリー 専用充電器付
おすすめのユーザーは電動アシストなので当然、坂での利用が多い人だと思います。スタートダッシュの時もメリットはありますが、電動アシスト無しのミニベロでも、もともと小径車のスタートは速いのでわざわざ電動の力を借りるほどではないと思います。

もし平地での利用が多く、重い荷物も運ばないのなら普通のミニベロの方が速く快適だと思います。

逆に坂が多く、楽に走りたいなら電動アシストは後悔のない選択になります。

以下の記事が参考になります。

電動アシスト自転車をスポーツサイクルとして使う前に

電動アシストの真価が発揮できるのはやはりです。

 

 

 

 

YAMAHA(ヤマハ) 電動自転車 16年モデル PAS City-X(パス シティーX) PA20CX 20インチ 8.7Ahリチウムイオンバッテリー 専用充電器付

Pocket

ママチャリorパパチャリorカーゴバイク

Pocket

カーゴバイクという日本ではあまり見かけない自転車があります。

簡単にいうと大きなキャリアが付いている自転車。日本にもリヤカーを付けた自転車をごくたまに見かけますが、それとは違い、自転車本体に大きなキャリアがあります。

とても便利そうな自転車ですが、日本の微妙な道路事情と法律、それと坂が多いので普及してない事情は察します

(普通自転車は歩道通行可のところもありますがそれが適用されない規格外の自転車もある。)

日本にはママチャリが多く普及し、ある程度の荷物を積載できるので、あまり注目もされなかった自転車のジャンルですが、国内有名メーカからも販売されていて人気もあります。

ママチャリもいいですが、一味ちがってカッコいい。

カーゴバイクにも大きな籠、チャイルドシートなど付けられるので、ママチャリとカーゴバイクの線引きもどこからか難しいですが、形状からカーゴバイクの方がより大きな荷物を安定して積めます。


国内の人気もあり、自分も気になる2台を比較してみます。

まずは、サイクルベースあさひが発売する88サイクル、ママチャリならぬパパチャリと謳っている。カーゴバイクと言うよりもパパチャリと言った方がなんとなく自転車のイメージがしやすく感じます。

5月から店頭に並ぶらしく、自分も現物をまだ見てないし、メーカーのサイトではまだ不明な部分が多い。特に重量など肝心な部分が分からない。想像するに、かなり重たそう。

楽天のサイクルベースあさひのサイトでも販売しています。

 

発売前から気になってましたが、かなり人気があるようです。

そしてすでにカーゴバイクとして発売済みのブリジストン トートボックス

国内有名メーカーのブリジストンなので詳細も分かり、信頼もあります。きめ細かい装備はやはりブリジストンです。

カーゴバイクは海外製はたくさんあるようですが、価格や購入のしやすさ等から、最初から選外です。海外製のカーゴバイクはサイズも大きくて日本の普通自転車として認められない物もあります。

国産でコスパの高い 88サイクルトートボックスを比較してみました。

 

88サイクルはまだ不明な所も多いです。トートボックスはラージとスモール、ギア付きとギア無しがありますが、男性向けのラージのギア付きで比較してます。

 88サイクルトートボックス
(TOTE BOX)
ラージ 3速
フレームスチールアルミ
フォークスチールスチール
タイヤ前 24インチ
後 20インチ
前 24インチ
後 22インチ
ブレーキディスクブレーキ前 Vブレーキ
後 ローラーブレーキ
シフト8速3速(内装3段)
重量22.7kg20.6kg
付属品・その他
不明
写真を見る限りでは、ライト、鍵、泥除けはない
オートライト、鍵、泥除け、キャリアボックス

 

フレームはアルミとスチール、一概に言えませんがアルミの方が軽量で高価、自転車全体の重量を考慮するとアルミの方がアドバンテージがあります。

このスペックのトートボックスが20キロ台、88サイクルはスチールフレームと太いタイヤなどを考慮するとこれよりさらに重いはず。重量の事はスペックがはっきりしてまた書き足したいと思います。

追記:88サイクルはショップのデータによると重量22.7kg 外見からするともっと重たそうに見えますが、自分の想像よりも軽かった。


タイヤは明らかに太いファットタイヤを履く88サイクルがカッコいいです。実用でも乗りごごちやスピード以外の走破性など有利なはずです。ただ漕ぐのは人間のパワーなので、重いタイヤで坂などは不利です。


ブレーキは88サイクルのディスクブレーキは絶大な効果です。トートボックスのVブレーキも効きますが、見かけは明らかにディスクの勝ちです。

トートボックスの後ろは一般的なシティサイクルに使われるローラーとさらにグレードが落ちます。88サイクルは後ろもディスク。


変速は88サイクルの8段とトートボックスの内装3段 用途にもよりますがギアは多い方が便利。きめ細かな変速が出来ます。

3速では少し物足りない、しかし内装なのでメンテは楽です。


付属品は88サイクルはまだ不明ですが、写真では泥除けも、ライトも、鍵もありません。

トートボックスは付属してます。ボックスも付いてます。実用では大きな価値のある付属品です。ライトはハブダイナモのオートライト。

トートボックスの泥除けは日常の用途ではとてもありがたい装備です。

特に大きくてブロックパターンのタイヤの場合、路面が濡れているだけで泥をひどく跳ね上げます。88サイクルはオプションでも泥除けがあると便利ですが不明です。

購入後いろいろ手を入れたくない人は、トートボックス。改造などを楽しみ、スタイルも重視したい人は88サイクルがお勧めです。

 

Pocket

ママチャリの様に使えて男にも似合う自転車

Pocket

自分はママチャリを使っていて、荷物もたくさん載せられて便利だなー といつも思いますが、やはりターゲットは女性がメインなのか、デザインが柔らかすぎる感があります。

前の記事に書いた、サイクルベースあさひのパパチャリと呼んでる自転車はゴツゴツして、とても購買意欲がそそられます。

今回紹介する自転車もパパチャリという部類があるなら、それではないかと思います。

ブリジストンなので、品質は間違いないと思います。

ロングホイールベースで、積載の多いリアの小径タイヤ大型のキャリアは機能だけでなくカッコいい。小径タイヤの低重心は重い荷物の積み込みや、走行の安定にも貢献。

自分は普通のママチャリに大型リアかごを付けていて、灯油缶も運べますが、重心が高いため、やはり少し不安定です。

大型リアボックスも付いているようです。なんでも詰め込んで出かけられそうです。

ギアはギアなしと、内装3段の2種類。自転車が重くなるのでギア付きの方がいいでしょう。

20キロ弱の重量は結構重い。価格は実売で4万円台。

購入を検討するならサイクルベースあさひのパパチャリとの比較になりそうです。

ギアやブレーキのスペックは明らかにアサヒが上ですが、当然価格も上です。アサヒのパパチャリが店頭に並んだらもっと詳しく比較しようと思います。

 

Pocket