自転車生活 ~自転車が安く買える時期~ 

Pocket

自転車を買いたいと思ったとき、やはり少しでも安く購入したいと思います。

ホームセンターとかで売っている格安自転車は除いて、5万円以上する有名メーカーのスポーツサイクルや、高級自転車は、通常僅かな値引きだけです。

自転車が安く購入できる時期は、販売店の特別なイベント時、たとえば新規オープンとか初売りとかです。でもめったにありません。

確実なのは自転車のモデルチェンジをする前の時期。

それ以外の時期は、定価に近い価格で買わざるを得ません。

しかも通常はどこのショップもほぼ横並び価格。自転車が特に売れる春先などはチラシなどで派手な宣伝はあるけど価格はいまひとつです。

まあこれは需要と供給の関係なのでどうしようもないです。

そこで、急ぎで購入する必要がないのであれば、先に上げた安くなる時期に購入すると、かなり安く買えます。

特にモデルチェンジの時期(正確にはモデルチェンジの少し前)に購入するのは、お勧めです。

モデルチェンジの少し前に自転車在庫のあるショップは当然古いモデルを早く処分したいと考えるのだと想像できます。

モデルチェンジの前の自転車が安く買える時期は?

メーカーによっても新モデルが出る時期は違いますが。夏から秋くらいが多いようです。

経験上、ダイレクトメール等、ショップから在庫処分の特別価格のお知らせはちょうど今頃(6月頃)から急激に増えます。在庫処分価格を確認すると確かに安い。通常ならありえない値引きで売られています。

つい最近も自分の愛車のミニベロ、ターンが破格値で売られていたので思わずポチりそうになりました。(改造したばかりで、他に購入したい自転車があったので、直前でやめましたが)

ただ注意点があります。

モデル末期の自転車なので、当然、直後、長くても2-3か月後に新しいモデルが発売されます。

それと欲しい自転車は在庫がないことが多いです。特にロードバイクはサイズの関係もあるので、極端に大きいサイズや小さいサイズしか在庫がないこともあります。

逆に言えば、確実に特定のモデルを手に入れたいのであれば、値引きは考えないほうがよいです。人気のあるモデルなら定価でも数か月待たされたり、時期が遅ければ生産終了で在庫すらないこともあります。

ロードバイクなら、車種のメーカーを問わず、大体のグレードとサイズくらいの選択肢に留めておけば安く購入できる確率は高くなります。

ある程度納得できる価格だったら、購入しないと、もともと少ない在庫なので売り切れの可能性もあります。

自転車ショップの在庫処分のイベントに目を光らせておくことです。ショップのメルマガ等の登録をすると便利です。

それとモデル末期の自転車といっても、自転車は電化製品のように次から次へと新しい技術が投入されるわけでもなく、新モデルといっても色が追加されたりとか軽微な変更だけのケースも多いです。

それに自転車はパーツ交換も楽だし、購入後の楽しみでもあります。


現在自分も、MTB、カーゴバイク、スポーツタイプの電動自転車のいずれかの購入を検討していて、時期的に安く買える時期なので、様々なショップの価格に目を光らせています。

希望の車種の候補の価格が下がっているのを確認しているので、購入を決定します。

 

 

Pocket

自転車生活 ~自転車保険の義務化~ どれだけ効果があるのか?

Pocket

今日のyahooニュースで出ていましたが、自転車保険を義務化する府県が増えてきたとのこと。

まあ誰でも、被害者にも加害者にもなりたくはないが、いつ事故に遭遇するかは分からないわけで、自転車保険の義務化は基本的に賛成です。

もちろん自分も加入しています。

ですが、行政が義務化する前にもっとすることがあるのではないかと、いつも思います。

まず、道路環境が自転車走行に適していない。法改正で自転車を車道に追いやろうとしても危険すぎて歩道を走ることになります。幹線道路をママチャリでチンタラ走っていたらトラックに潰されます。現実にそのような事故もよく聞きます。

いくら車道を走れと言われても、無理は無理。

ロードバイクでヘルメットで武装して、それなりにがんばって走ってもトラックから追い越されれば風圧で飛ばされそうになります。

みんな死にたくないから歩道を走ります。

歩道での事故が多いなら、車道に自転車用のレーンを作るとか対策もしっかりしてほしいものです。保険で賠償とか議論する以前の話です。

スポンサーリンク

そして自転車を運転する人のマナーが悪いのも事実です。

年寄であろうが若者であろうが、関係なく2列でおしゃべりしながら走ったり、車道の右側を我が物顔で走る自転車をいまだに見かけます。

そもそも、車道の右側を堂々と走る規範意識の低い自転車の運転者が自転車保険に入ろうなんて思わないだろと思います。加入が義務化されても罰則があるわけでもないし。

たぶん、そういう輩は歩道を走るときも猛スピードで歩行者を邪魔者扱いする人だと思います。

保険に入ろうとか考えている人は、それなりに安全運転を意識して走っている人だと思います。

保険加入を義務化するなら、車の自賠責みたいに強制加入にして、罰則もしっかり設けないと。危険運転する自転車ほど無保険が多いとうことになりかねません。

いずれにしても、行政はもっと、自転車が安全に走れる環境と、マナーの悪い、自動車を含めた運転者に教育してもらいたいですね。

 

 

 

Pocket

自転車生活 ~自転車のカギの話~

Pocket

ママチャリは自転車本体にしっかりとした鍵が付いていて、車みたいに差し込んで施錠、開錠が簡単にできます。ほぼ標準でついているすばらしい装置です。

ところがスポーツサイクルは鍵を別途用意しなければなりません。

鍵のかけ方も様々。電柱やガードレールに縛り付けたり、ホイールを回らないようにしたり。中腰になって、ごそごそする作業は結構面倒な作業です。ママチャリみたいにワンタッチで施錠できればいいのにといつも思います。

しかも走行中はとても邪魔な存在になります。籠もないスポーツサイクル車は鍵をポケットに入れるか、サドルバッグに入れるか、どこに収納するにしても重たくて場所も取ります。

高価なスポーツサイクルは盗まれたときのダメージが大きいので、扱いやすくしっかりとした鍵が欲しいです。

いくら検索しても、これといった満足のいく鍵は無いですね。

丈夫な鍵であれば重たくて邪魔。軽くて小さければ防犯上かなり不安です。

結局、適当なところで折り合いをつけて、自分に合った鍵を選択するしかありません。

一番許せないのは、ダイアル式のカギはいいのですが、文字が小さい鍵が多いこと。老眼だったら見えません。しかも、駐輪するところは薄暗いところが多いので尚更です。

大きい文字のダイヤルやボタン式など親切な設計の鍵もあるので、気が短い人はそちらを選ぶのが賢明です。

自分はボタン式の鍵に変えて少しストレスから解放されています。

最近買ったのはこれ、鍵も電池もいらず、大きすぎず、小さすぎず、サドルの下にぶら下げています。

 

CIMG2074

大きいボタン式、ボタンの位置もわかりやすく、指の感触でボタンの配列も分かりやすく施錠、開錠が簡単なのがとても良いです。

費用対効果の高い鍵です。

 

スポンサーリンク
Pocket

自転車生活 ~劇場版 弱虫ペダル DVD を見た~

Pocket

劇場版弱虫ペダルは昨年、映画館で2回見ました。DVDで発売、レンタルも始まったようで自宅でも見れるようになり、今日、自宅で見ました。

昨年は、熊本が舞台になっていたので、ラッピング列車が阿蘇や天草方面に走ったりして、結構盛り上がっており、ファンと思われる人も多数。嫁は弱虫ペダルの記念切符のセットを買ったり、列車の写真を撮りまくっていました。

劇場版 弱虫ペダル [ 山下大輝 ]
価格:6201円(税込、送料無料)

 

阿蘇の風景や熊本城など、熊本地震前の姿なので早く元の姿になってもらいたい気持ちがあります。しかし、被害の規模が大きいので、完全復興は相当先になると思います。

映画を見ていた頃は、まさか熊本がこんなことになるとは夢にも思いませんでした。

少し落ち着いたら、阿蘇方面にサイクリングに行こうと考えています。まだまだ通行止めの箇所も多いので、出かけるときは要確認です。

Pocket

自転車生活 ~自転車の買い替えの時期~

Pocket

愛車のママチャリ、耐用年数がそろそろかなと思っています。ブレーキやチェーンは交換しても、もともとあまり手入れをしていないフレームは鉄製で錆があちこち出ています。交換した新品のパーツ類とアンバランスさも目立ちます。

イベントの景品でもらった自転車で10年かそれ以上使っていると思います。ここでふと思ったのですが自転車の寿命ってどのくらいなのだろうか。

ネットで簡単に調べられる時代、情報はたくさんあります。

パーツは交換できるのでフレーム(車体)の寿命になります。

検索した結果は

素材はカーボン、アルミ、クロモリ、ただの鉄からチタンまで種類も多く、意見もバラバラ、使い方もレースもどきから、生活の足として使うだけの人まで、これもバラバラ。

カーボンで5年とかの意見もありました。カーボンも初心者用からレースに使えるものまで色々ありますが、100万円のカーボンロードが5年くらいで廃車なら、一般人にはとんでもなくコスパの悪い乗り物になります。中古車、新品でも数年置いた在庫車でも絶対買えない代物になります。

カーボンは建築資材から、飛行機まであらゆる用途に使われていて5年くらいで寿命を迎えるような素材ではないと思います。

アルミに関してもカーボンと同じような意見があります。

まとめてみようと考えましたが、無理でした。素材として考えた場合と、素材を成形してフレームにした場合のこともあり、専門家でもバラバラな判断になるのではないかと感じます。

メーカーも生産国も不詳の自分のママチャリは結構ハードな使い方をして10年以上使えるのだから、あまり気にする必要はないのかなと思います。欠陥があるならともかく、2年や3年で壊れる自転車はメーカーも怖くて売れないでしょう。

ただ注意しなければならないのは、以前の記事にも書いた高価な自転車が安全な自転車ではないということです。

自転車のハンドルが走行中折れた? 自転車の事故 その2

 

上記の記事のような不良品や欠陥車は一定の割合で存在することは事実なので、それさえ注意して、後は手入れをマメにしていて、大切に扱えば何十年も使えるものだと自分は思います。

 

 

Pocket