低価格カーボンホイールが気になる

Pocket

自転車を軽量化するなら?

体重が先だという信念は今でも同じ。

パーツ類の微々たる軽量化より自身の体を軽量化したほうが確実に効果はあります。

まあ低予算で趣味の自転車を楽しむための、いいわけみたいなものですが、、。

さて今回は久しぶりにホイールの話

自転車の足回りの軽量化が効果を一番体感しやすいのですが、レースをするわけでもないので費用対効果から考えると10万、20万もするホイールなんて、とても買えません。

ですが、中国か台湾のいわゆる中華カーボンホイールという存在を知ります。

まあ自分が知らなかっただけで随分前から使っている人は使っていたみたいですが、気になるのは品質。

中華カーボンホイールがいつから普及してきたかは分かりませんが、アマゾンにも多く売られています。

しかもレビューは予想に反して?高評価が並びます。

たとえばこれ

アイカン( ICAN )リム幅23mm 高38mm カーボンクリンチャー ホイールセット ロードバイク用 Sapimスポーク Novatec ハブ(as511sb/fs522sb)

多くのユーザーがいるようで、そのほとんどが高評価。

もしかして、とてもいいのか?

気になります。とても。

有名欧米メーカーの5万から10万のアルミホイールよりもよい印象を受けます。

少なくともプラシーボ効果以上の恩恵はありそう。

今ポチるかどうかとても悩んでます。安いといってもカーボンなんで5万前後の価格はするようですから。

購入したら続きを書きたいと思います。

Pocket

チェーンの交換 105からDURA-ACEへ

Pocket

久しぶりにチェーンの交換です。

ところでチェーンの交換はどのくらいで?

検索すると3000km~5000kmくらいで交換する人が多いようです。

実は自分は10000km以上は走ってますが、不具合は全くないので、交換が伸び伸びになってました。

たぶん今回交換せずともまだまだ走れたと思いますが、サイクリング中のトラブル回避のための予防的な交換です。

さて、せっかく交換ならグレードの良いチェーンを選びたい。なぜなら価格が安いから。

今回は105グレードからDURA-ACEにしました。

説明するまでもなくDURA-ACEは天下のシマノの最上位グレードです。1000~2000円位の差なら迷わずDURAを選びます。

HG-X11というチェーン

 

 

中身はチェーン本体とピンが2本。ピンは当然1本しか使いません。サイクリング中にチェーンが切れた時のために携帯工具と一緒に持っていれば安心です。

さて交換作業の開始

古いチェーンを切ります。切るといっても作業としてはピンを抜きます。専用工具のチェーン切が必要です。数百円で買えます。

ハンドルをクルクル あっという間にピンが抜けます。後はチェーンを外すだけ。

スポンサーリンク

チェーンのコマ数は古いチェーンと同じ。特別なことが無ければコマ数を変える必要はないと思います。

新しいチェーンをディレイラーに通します。ここは絶対間違えないように。

 

フロントのチェーンリングにも通して

ピンでとめる。

再び専用工具のチェーン切でピンを押し込む

飛び出たアンプルをペンチでポキン

完了 とても簡単。

初心者でも簡単にできる作業です。

ところでDURA-ACEのチェーンの違いは?

見かけに関してはDURA-ACEはピンに穴が開いてます。軽量化のため?

他にも細かい違いはあると思いますが、ぱっと見の違いは穴だけですね。

ちなみにアンプルピンに穴はありません。

交換前後のチェーン↓

さて肝心の走行性能はどうか?

音は静かになりました。

期待したいのは音よりも走行性能の向上。

いきなり峠に持っていき15キロダラダラの上りタイムを計測。

結果は?

大幅タイム短縮と言いたいところですが、交換前と同じタイムでした。体調もありますが、交換した直後でまだチェーンが馴染んでないせいだと思います。馴染んでまたチャレンジしたいと思います。

Pocket

ヘルメットを買い替えた OGK KABUTO REZZA XXL

Pocket

今回買い替えたヘルメットはOGK KABUTOのREZZA それまで使っていたのは同じくKABUTOのLEFFです。

頭が大きい上にサイクルキャップを常に被るのでどうしても大きいサイズのヘルメットが必要です。

KABUTOのヘルメットは日本人の頭の形状に合っている上に大きいサイズもあるので助かります。

自分は典型的な日本人の形状、欧州の頭の形状とは明らかに違うのでデザインだけで欧州メーカーのヘルメットを買うと明らかに違和感があります。

さて、ヘルメットは定期的に買い替えた方がいいと聞きます(今のヘルメットは2年くらい)が、自分の本音は色を変えたかった事。

本当はLEFF(レフ)が気に入っていたのでLEFF(レフ)の色違いを買おうと思っていたのですがKABUTOのラインアップから消えている。

しかし、REZZAがラインアップに加わり、価格も同程度。たぶん後継?

さてこのREZZA、相当にバージョンアップしてます。

デザインがコンパクトになっている。(キノコ頭になりにくい)

さらに重量が軽量に。これは持った瞬間に感じる。これは一部の上位モデルよりも軽いくらいです。

さらに価格はLEFFと同程度

一部の店では在庫のLEFFもありましたが当然、新しいREZZAを買います。

 

コンパクトになっているので自分の頭に入るか心配でしたが、無用な心配でした。キャップの上からでもピッタリです。

さらに軽い。LEFFも軽かったですが、さらに軽い。

この価格で、デザインと軽さが両立しているのはすばらしいです。

 

スポンサーリンク
Pocket

自転車のお尻の痛み どれだけ快適になるか(セラSMP編)

Pocket

自転車のサドル 今までいくつ買っただろう、、。

過去の記事にも書いてますが高価なサドルをいくつも買う経済力はないので標準搭載のサドルか1000円以下から3000円台くらいのサドルを使ってきて、いまのところほぼ満足してました。

ですが、安いサドルはデザインと品質がそれなりというのも事実。

まあ自分のお尻に合えば格安サドルで問題ないのですが、有名メーカのサドルを試してみたく今回チャレンジしました。

白羽の矢を立てたのはセラSMP(SELLE SMP)のサドル

個人的にデザインが気に入ったのとお尻にやさしいと定評があるサドルです。

セラSMP(SELLE SMP)のサドルの形状は他のサドルに比べけっこう独特です。

もし自分のお尻に合わなかったら困るので最初にセラSMPのサドルに似た形状の安いサドルで試してみます。それがGORIXのサドル一見ほぼセラSMP?(比較写真は↓の方にあります)

このサドルでしっくりくれば本家本元のセラSMP(SELLE SMP)のサドルを購入しようという目論見。GORIXの価格は約3000円 合わなければ諦めがつく価格です。

さて結果は?、、、結構合います。3か月使用し、セラSMPのサドルを買いました。

それがこれ
SELLE SMP(セラSMP) EXTRA(エクストラ) サドル ブラック ニューモデル

もっと高価なサドルもありますが自分にはこれが限界。

MADE IN ITALYがカッコいい。

GORIXのサドルと比較

やや肉厚のあるモデルです。当然ですがもっと軽量でレーシーなものもあります。自分はコンフォート重視。

まず最初に100キロライドの感想。

最初の10キロで高さと角度を合わせます。2回ほど停車してしっくりくる位置に合わせます。

位置が決まると快適です。セラSMPのサドルの中でも肉厚のあるモデルなのでショックもかなり吸収してくれます。なかなかいい感じ。

今まで100キロ以上走るとお尻に違和感が出てきたのですが、今回は初めての使用ですが違和感がありません。乗り慣れればさらに良くなるでしょう。期待大です。

格安サドルばかり追い続けてきましたが、少し考えが変わりました。

GORIXのサドルも安い割にはいい品質でした。レールに少し錆が出ましたが、もったいないのでミニベロに移植します。

 

 

Pocket

自転車の後方確認に便利なグッズ アームミラーの感想

Pocket

自転車の後方確認って結構難しいです。しっかり後方確認するには首を大きく振らなければならないし、その場合自転車の直進性が失われバランスも崩しやすい。

対策品が数多く売られているので問題を抱えている人も多いと感じます。

さてその後方確認の対策品は車と同じで当然ミラータイプが主流。

以前紹介したガーミンのような電子的なものもありますが、費用的に余裕がない自分は厳しいです。

ミラータイプは低価格です。自分も多くの自転車用ミラーを買いましたがデザインと機能が両立するものが少ないですね。

ママチャリなら100円ショップのミラーでも十分ですがロードバイクなどスポーツサイクルには付ける気がしません。

スポーツサイクル用は小型でデザインは良いのですがミラーが小さすぎて無いよりはましな程度。

しかもロードバイクのようにブラケットを持ったり、下ハンを持ったり、乗車スタイルを変えるとミラーの角度が変わってまったく見えなかったり、、。

さて今回入手したのは自転車の車体に付けるミラーでなく腕に付けるミラー。

アームミラーです。

ヘルメットに付けるミラーは見たことがありますが腕に付けるアームミラーは初めて見るので買ってみました。何か良いミラーが無いかと検索して見つけたものです。

アームミラーはアマゾンで数種類見つけました。意外といい値段。お試しなので当然安い方を買いました。

アームミラー 自転車 ロードバイク クロスバイク リスト装着(腕に装着するタイプの画期的なバックミラー)

アームミラー リスト装着タイプのバックミラー BackEye サイクリング等後方確認に便利

さて早速装着。

ベルクロで腕に巻きつけますが違和感はないですね。手袋の締め付けと同じ感触。

緩く付けても車体に付けるのと違いずれも少ない。少々ズレても腕の角度変えればすぐ見たい視界に替えられます。

残暑ある暑い日でしたが、暑くて付けられないこともない。

さて肝心の機能は?これが一番大事です。

とても見やすいです。

車体に付けて無いので振動の影響が少ないのもいい。

ロードバイクのブラケットを持った位置で調整しましたが、そのまま下ハンに移動しても見える。車体に固定式だとそうはいかない。

フラット部分ではブラケットと明らかに腕の角度が変わるので、これはダメでした。

それと曲面のミラーは広範囲が見えますが対象物が小さく見えるので注意が必要。

さてデザインは自分は全く問題ないと思いますがどうでしょうか?ちなみに必要ないときは折り畳んでしまえばリストバンドかサポーターのように見えます。

空気抵抗が気になるようなシビアな走りをする時は畳めば問題なし。自分はそんな走りはしないので展開したままです。コンビニなど立ち寄るときは畳みます。

さらに自転車に固定しないので複数台所有している自分はありがたい。ママチャリでも使います。

これで突然車に追い抜かれてヒヤッとすることも少なくなるでしょう。最近は静かな車が多いですから。

 

Pocket

LEZYNE(レザイン)のGPSサイコンを買った理由 その2 取り付け 実走編

Pocket

前回はLEZYNEのGPSサイコン(MINI GPS)の外観、設定までの記事でしたが、今回はいよいよ自転車に搭載してのレビューです。

その1の記事はこちら↓↓

LEZYNE(レザイン)のGPSサイコンを買った理由 その1

まずは取り付けから、ガーミンと同じくGPSで速度が計測できるので速度センサーなしで計測できます。つまり、ポン付けですぐ利用できるのはgood。

もちろん別途センサーを購入すれば速度はもちろん、ケイデンス、心拍などセンサーからも計測できます。

ハンドル、ステムなどに付属のゴムでマウントを取り付け、本体とマウントの取り付け、取り外しも簡単なので、自転車から離れる時はすぐ外せる。盗難防止や充電に便利。

レザインのMINI GPSは本体が小さく軽量なので狭い場所でも付けられる。いろいろ付けすぎて狭くなったハンドルでも、短めのステムでも余裕。

手狭なハンドル

短いステムでもOK

ちなみに取り付けの際、市販の普及している輪ゴムで取り付けしてみましたが、本体が軽量なのでグラつくことなく設置できました。これは複数の自転車でサイコンを共有するとき便利そうです。

固定力や耐久性は当然付属の専用ゴムの方が上回りますので普通の輪ゴムを使う場合は自己責任で試用することになります。

ただ付属のゴムは別途追加購入できますがいい値段します。

さて早速試走

自分はレザイン MINI GPSを主にナビゲーションとして利用を考えていて、速度やケイデンス等はガーミンに任せることを想定してます(理由はその1参照)が、ナビゲーション以外の感想も書いておきます。

まず見やすさと速度や距離などの性能。

見やすさは本体が小さいので心配しましたが無用の心配でした。自分は4項目表示してみましたが、日中見ずらいと感じる事はありませんでした。暗い場所でもバックライトを点灯させればはっきり見えます。

操作もタッチパネルでなく、はっきりと確認できるボタンを押すのでミスタッチのリスクを減らせます。

ガーミンのタッチパネルは停止中は便利ですが、走行中はミスタッチするリスクが高く、ミスタッチすると復旧が面倒です。

速度や距離はセンサーなしだとGPSによる計測になります。

今回速度と距離がセンサーで測定できるクロスバイクに付けて比較しましたが、それと比較して数値に大きな差は見られませんでした。

速度でコンマ以下の数値までは一致しませんが、1桁の数値はほぼ一致。加速、減速にも同じような反応でした。

表示項目も多いし当然ですが、普通のサイコンとしても十分以上の性能です。

さて次回に自分が一番使いたかった機能、ナビゲーションとしての機能と性能を書きたいと思います。

現在執筆中。

 

 

 

 

Pocket

LEZYNE(レザイン)のGPSサイコンを買った理由 その1

Pocket

久しぶりに新しいサイコンを買いました。

表題のとおりLEZYNE(レザイン)のMINI GPSです。

ちなみに今まで使っていたサイコンはガーミンの510がメインで、たまに嫁所有の同じくガーミンの820をいじってます。

ガーミンのサイコンが壊れたわけでもなく、機能も気に入っているので今後も使い続けるつもりですが、なぜ新しいサイコンが欲しくなったのかというと、、

ずばりナビゲーションを使いたいから

ガーミンにもナビはあります。510は白地図、820はカラーの地図があり自転車で使うには十分ナビとして使えます。

でもナビを表示するとガーミンが表示する多くのデータが見れない。スマホのように指で画面をスライドして切り替えて表示するわけですが自分はこれが面倒。

ナビもその他複数のデータも切り替えなしで見たいのです。

さらに画面を指でスライドすると手の汗や、油が画面に付いて乱反射、汚れを取ろうと手で拭うと意図せぬ画面が現れたりして戻すのに四苦八苦。

結局、もう一台ナビゲーションができるサイコンを付けた方がストレスなかろうと思った次第。

そこで白羽の矢が立ったのがLEZYNE(レザイン)のサイコンという訳です。

前置きがとっても長くなりましたがLEZYNE(レザイン)のサイコンはコスパが抜群なのに機能はガーミン並みという評判を聞きつけて購入した次第です。

楽天

 

 

購入したのは日本語版、海外版も海外通販で入手可能ですが価格も若干高いだけで、補償も2年あるし、アフターの事を考え日本語版にしました。

LEZYNE(レザイン)のサイコンはガーミンと同じく複数あります、当然、高機能な物ほど価格は上がります。

今回購入した低価格のMINI GPSでもナビゲーションがあり機能は十分です。

では外箱から開封

本体と簡易的な説明書・保証書、マウントとゴム、USB充電ケーブルのみ

本体はとても小さい。そして軽い。重量を気にする人にはもってこいのサイコンではないでしょうか。

小さいガーミンの510と比較してもこのサイズ

外観は下にUSB端子、サイドに物理キー 

箱から出して充電、パソコンに繋いでアップデート。

詳細の説明書はWEBからダウンロード。

スマホにも専用アプリを入れます。後で書こうと思いますがスマホとの連携がすばらしい。特にナビゲーションの機能。これは期待以上のもの。

左上がレザイン 下がガーミンのアプリ

設定に関しては簡単、小さい文字の設定は老眼には見ずらいですがスマホからでも一部の設定ができます。これ便利。

さて自転車に搭載しての実戦レビューは(その2)で書くつもりです。

今のところ残念な点はマウントが1つしか付いてないこと。アップデートに少し悩んだ事(基本的に日本語表示のサイトですが英語サイト飛んでいく)くらいです。

以下 その2へ続く

LEZYNE(レザイン)のGPSサイコンを買った理由 その2 取り付け 実走編

 

 

 

Pocket

自転車のフロントポーチが便利すぎる

Pocket

今回は自転車のフロントポーチ。前回に続き荷物入れのネタです。

R250 フロントポーチです。

アマゾンで購入
R250(アールニーゴーマル) フロントポーチ ラージ ブラック R25-L-FPOUCHL-BK ブラック ラージ
R250のフロントポーチのサイズはレギュラーとラージの2種類。自分は大きい方のラージを選択。

購入したきっかけは前回の記事にも書いてますが、ロードバイクにフレームバッグを付けてボトルの出し入れがしにくくなったため、ハンドル付近にボトルを移動するため。

当然ポーチなのでボトル以外にスマホでもカメラでも補給食でも入れられます。サイドにメッシュのポケットもあり、羊羹やエナジーバーにちょうどいい。

ハンドル付近に取り付けなので入れたものへのアクセスが超便利です。

今までこのような商品が無かったのが不思議なくらい便利な位置に安定して付けられます。

荷物を取るとき視線の移動も体の動きも少なくて済むので安全にも貢献すると感じます。

自分はポーチにボトルを入れて100km程走行しましたが、サッと取ってサッと入れられるので本来ダウンチューブに付けているボトルよりも大幅に快適に利用できるようになりました。

自転車初心者でボトルを取るのが苦手な人にもおすすめ。

欠点はただのポーチと考えると少々価格が高めなこと。無名ブランドならリュックも買える価格。

品質は価格なりにしっかりしてます。その点は安心。

 

荷物が飛び出さないように上部が絞れたり、入れたものが判りやすいように内部は黒でなく明るい色の生地が使われて細かい配慮がありがたい。

ハンドルとステムにベルクロでの取り付けなので不要な時は簡単に外せます。ハンドルの太さや形状を気にしなくていいにも◎。

価格があと1000円安ければ複数買って他の自転車にも付けたいですが、ちょっと高いので使いまわすことにします。

Pocket

暑い夏 汗対策で大型フレームバッグを試してみた

Pocket

今年のツールドフランスも終了、しかし夏本番はこれから、サイクリストの暑い夏はまだまだ続きます。

さて今回は自転車のバッグ。自分はリュックが好きですが、さすがに小型の通気性の良いといわれるリュックでもこの夏の暑さに耐えられず自転車に固定するバッグに戻ることに。

自転車に固定するバッグといえばサドルに付けるバッグ。最近は大型のバッグが流行っているようです。

自分も持ってますが何でも詰め込んで便利。

ただ、サドルバッグは荷物へのアクセスが非常に悪い。リュックも決していいとは言えませんがサドルバッグに比べればましです。

自転車に固定できてアクセスのいいバッグは他に

フロントバッグ

フレームバッグ など

フロントバッグは自分の場合ワイヤーやサイコンが干渉していまひとつ。

残るはフレームバッグ

ただ以前トップチューブの上に固定する小型のバッグを使ったことがありますが、膝があたってあまりよろしくない。特にダンシングの時。

しかしトップチューブの下にぶら下げるように付ける大型のバッグはまだ未体験。場所的に膝に当たる心配はなさそう。ただボトルに干渉する心配はありました。

使ってみなければわからない。ということで、、、。

奮発してブラックバーンのフレームバッグを購入しました。

楽天

 

 

アマゾン
Blackburn(ブラックバーン) フレームバッグ 自転車 サイクリング 拡張可能 収納整理 ポケット 取付簡単 バイクパッキング

早速装着。

フレーム内にピタリと収まり一安心。

ただやはり、ボトルに干渉しそう。これは自転車の形状やフレームサイズに左右されると思います。いずれにしてもスムーズには出し入れできません。

いっそのことボトルは別の場所に移動することに。ダウンチューブ側のボトルケージは外しました。

早速試走。

これなかなかいい。

当然ですが、荷物へのアクセス最高です。スマホ、カメラ、財布、補給食などサッとアクセスできる。慣れれば走りながらでも可能。ペットボトルも入ります。

自転車にまたがったまま簡単に荷物にアクセスできるのは便利すぎます。

走行への影響は?

坂道のダンシングでも大型サドルバッグは揺れますが、これは揺れない。

大型サドルバッグに比べ重心も低く、車体の中心に近いのでいい感じです。

ボトルが使いにくくなる以外は最高のバッグです。

ちなみにボトルはとりあえず別途購入したハンドル側の小物入れに移動しました。

これはこれでアクセスしやすく便利です。

Pocket

軽量・小型の輪行袋はやはり便利だ

Pocket

輪行袋を利用すれば自転車での行動範囲が一気に広がる便利なものです。非常用として持っていると遠出しても心強い。

しかし、あの大きさと重さは、自転車に積載してもリュックに入れても存在感がありすぎてストレスです。

最初から輪行する目的でサイクリングするなら我慢できますが、使用するか、しないか未定のサイクリングの時はかなり悩むボリューム。

まあ、そうは言っても最近の輪行袋はけっこうコンパクト。なんとかボトルホルダーに収まるサイズになっている物が多いようです。

しかし、使うか、使わないか未定のサイクリングならとにかく小さい方が便利。ボトルホルダーに入れられても夏など2ボトル欲しい時に困る。

今まで自分が使っていた輪行袋はボトルホルダーになんとか収まる大きさ重さは500g程度。非常用だけに持ち出すには結構考えます。

そこでさらに軽量の輪行袋を購入することにしました。

自転車ブームのおかげか、軽量かつコンパクトな輪行袋は結構あります。

やはりコンパクトで200g台の輪行袋が人気があるよう。

しかし、ここで大事なことがあります。

それは横置きに対応した輪行袋であること。

なぜかというと、縦置型はディレイラーを保護するためのエンド金具が必要なこと。

いくら輪行袋がコンパクトになってもエンド金具が別途必要では意味がない。エンド金具は自分も持ってますが、そこそこのボリュームがあります。

よって、エンド金具の必要ない横置き型。

ただ、横置き型は縦置き型に比べ当然設置面積が大きくなるので注意は必要です。縦置きにはそれなりの便利さはあります。

自分が選んだのがタイオガのH-Pod

(TIOGA/タイオガ)(自転車用輪行袋)H-ポッド
 

 

 

軽量、コンパクトそして横置き型は条件にピッタリです。

しかもH-Podは上からも、下からもかぶせられる。地面が濡れていたりして袋を広げるのに抵抗があるときなど便利かなと。まあその場合自転車は地面に直付けになるわけですが。

さてさっそく今まで使っていた輪行袋との比較 これだけ違います。

重量は大体半分。

体積もかなり小さい。

ボトルホルダーは当然ですがサイクルジャージに入れても抵抗の無いサイズです。

収納袋が紛失しないように輪行袋に縫い付けられてます。これも好印象。

耐久性はまだ未使用のため不明。生地が薄いので注意は必要かと。

これでストレスなく持ち歩けるので非常時を含め用途が大きく広がりそうです。

 

 

Pocket