自転車のディスクブレーキパッド交換してみた

Pocket

自転車のディスクブレーキパッド交換の記録です。

近頃はロードバイクでもディスクブレーキの採用が増えてきてました。

自転車のブレーキといえばリムブレーキが普通でしたが、ディスクブレーキが普通の時代も近い気がします。

自転車のディスクブレーキは主に油圧式と機械式がありますが、今回は機械式です。比較的ローコストの自転車に採用されてます。

用意したものは当然新品のディスクパッド

今回はアマゾンで入手しました。シマノ純正より若干安め。

AHL ディスクブレーキパッド Shimano

選んだ理由は価格とシマノ互換品で良さそうだったから。

さて交換作業です。

基本的にディスクパッドはディスク本体に差し込まれて、ヘアピンのようなもので固定されている。

外観から確認できる

交換には前輪を外し、

ピンを抜く。ピンは抜けないように先が曲がっているのでラジオペンチで直にする。

後は反対側から引けばすぐ抜ける。

パッドを引き抜く

クリップみたいなものに新品のパッドをセットして戻す

ヘアピンみたいなものを差し込み、先をまげて抜けないようにして完了。

簡単。

リムブレーキのパッド交換より簡単かもしれない。

後は遊びやタッチの調整。

新旧パッドの比較

結構消耗していた。互換品のためパッドの形状が若干違います。

パッドの厚みは新品の三分の一程度、予想よりも消耗してた

走行距離は7000kmくらい

交換後の試乗、タッチの感覚は変らず、異音などもありません。パッドが馴染めばもっと良くなると思います。

Pocket

2019年 自転車グッズの福袋を買ってみた

Pocket

2019年最初の自転車関連グッズ購入は福袋を買いました。

楽天市場で自転車関連の福袋はたくさん売ってますが、自分が目を付けたのは↓

ルイガノの福袋

ルイガノは自転車ブランドもアパレルでも有名なので少し期待。

サイクルジャージなど高いものが多いのでお得かな?と、、。

送料を入れると7000円を超えますが、有名ブランドのジャージなんて1枚で5千円以上なんてざらですからね。

さて何が入っていたのかというと

半袖ジャージ2枚

長袖(薄めの生地)1枚

短パン1枚

スポンサーリンク

ビブショーツ1枚

小物入れ(自転車用ポーチ)1つ

小さいLEDライト1つ

用途不明なベルトのようなもの1つ

手袋1つ

計9点

デザインが好みに合えばかなりお得な内容です。

謎のベルトは何に使うか不明なのと、ライトはコイン電池式なのでいらないかな。100ショップで似たような形状のものが売ってあった。

3万円相当の品は入っていると思います。

冬物はなかったので活躍するのは春以降ですかね。

特に気になるのはビブショーツ

ビブショーツは今まで持ってなかったので初ビブショーツです。

ビブショーツはトイレ以外は高評価が多いのでどんな感じなんですかねー、楽しみです。

まあいずれにしてもお得な内容でした。

自分は正月に買いましたが、1月10日現在まだ売っているようです。

さらにお得な10000円の福袋もありました。

もし来年もあればこちらを買ってみようと思います。

Pocket

輪行袋以外で自転車の収納に便利なグッズ

Pocket

自転車に興味がなかった時は家の中に自転車を入れるなんて考えもしなかった。

まあ当時は安物のママチャリやクロスバイク程度しか所有してませんでしたから。

しかし高価な自転車を所有すると話は違います。

盗難の心配は当然ですが、屋外だと明らかに劣化度が違いますから。

自分の場合、自宅と車内に置くことが多いです。

でも、やはり汚れた状態の自転車だと抵抗感があります。

その時は綺麗に掃除して自宅あるいは車内に入れるか、輪行袋に収納してからにするかのどちらかでした。

でも、掃除も時間がかかるし、輪行袋に収納も分解の手間があります。

そこでもっと楽な方法(グッズ)がないものかとアマゾンをサラッと検索。

これは良さそう。

自転車室内保管カバー 自転車カバー 大径車用 自転車 屋内保管 ロードバイク マウンテンバイク クロスバイク 汚れ防止 ストレッチ素材 伸縮性

柄入りがあったり値段もまちまちですが、自分はとりあえず上記の物を買いました。

真っ黒のもの、表裏が分かりにくいですが価格が安め。

ストレッチで簡単に脱着できます。

自転車の汚れは主にタイヤ、そしてチェーン周りが多いのでそれをバッチリカバーしてくれます。

ただ、このカバーをする時、地面にカバーを置くわけですが、綺麗な地面に置かないとカバーにゴミなどが付着してしまいます。

軽いロードバイクなら逆さまにしてカバーをすると良いかな。

そのほか、自転車やその他の物への傷防止も期待できます。傷に関しては輪行袋よりも薄い生地なので大きな期待はできません。

しばらく使ってみようと思います。

スポンサーリンク
Pocket

自転車とスマートウオッチ 1年使ってみて

Pocket



約1年前

スマートウオッチを購入

主な理由は自転車でマップ機能を素早く見たいから、

心拍測定や電話の着信を逃さないなど他にも理由はありますが、やはりマップがさっと見れるのに憧れ、、

でも結局、使わなくなりました。

理由は、、、

バッテリーの持ちが悪すぎ

最初から分かっていたことなんですが、やはり時が経つにつれこれが気になる。

サイクリングに行く前は100%の充電しないといけないし、頻繁に使用すると、それでも足りなくなる。

結局スマホを取り出し使う。やはり大きい画面の見やすさと使いやすさは別格。

スマートウオッチはバッテリーと使いやすさが今後劇的に改善するまで自分には無用という結果になりました。

でも睡眠や心拍、歩数などは、監視していると結構面白いもの

それだけなら数万もする時計を買わずとも2-3千円のものが買えます。

自分も結局アマゾンで吟味してこれにしました。

Xiaomi Mi band 2 小米(シャオミ) スマートブレスレット 活動量計 スマート ウォッチ 万歩計 心拍計 腕時計 消費カロリー 計算 着信通知 スマートリストバンド スポーツ ブレスレット 軽量 IP67 防塵 防水 睡眠モニター アラーム 対応アプリ 

 

上位機種のMi band3もありますが、あえて小型で安いMi band2を選択

軽いし、バッテリーは信じられないほど長い。充電するのを忘れるくらい長持ち。

意外だったのはスマホの連携アプリは高機能。

今まで使っていたスマートウオッチの十分の一の価格なので故障や紛失の痛手が少ないし、ぶつけても気にならない。

サイクリング中の心拍など後でスマホで見られて面白い。

電話やメールの着信のお知らせは当然。

マップ機能やナビゲーションはサイコンやスマホにお任せすることになりますが、今の自分にはそれで十分ということになりました。

今後大幅に進化したスマートウオッチが出ればまた考えますけどね。

1年でスマートウオッチの期待が大きく心代わりしてしまいました。

 

 

 

Pocket


ショートノーズサドル?とやらを使ってみた

Pocket



自転車のサドル なかなかフィットする物を見つけるのは大変

今までいくつ買ったことやら、、

現在は独特の形状のセラSMP 100%満足してるわけではないけど、今までのサドルでは一番合っているような気がする

ところが最近自転車関連の記事を見ていると

ショートタイプのサドルなるものがあるらしい

これは今までのサドルに比べかなり違った感じ

自分に合うかどうかは別として非常に興味が惹かれる

 

検索してみると有名メーカー品は当然高価!!

ここはアマゾンさんに似たような格安サドルがないか検索

ありました さすがです
自転車サドル スポーツ ソフトサドル 衝撃吸収 お尻が痛くない 人間工学 通気性抜群軽量防水簡単取り付け 男女兼用 マウンテンバイク/ロードバイク/クロスバイクなど 

特にショートタイプとかの記載はないですが形状と寸法を確認

全長24.5cm 一般的なサドルよりも3cm程度短い

有名メーカー品に比べ、特に重さなど違いますが高価なサドルを買って失敗はしたくない

一般的なサドルと比較すると明らかに短い

そして後部が幅広

取り付け後のスタイルもなかなかカッコいいです

肝心の乗り心地は?

自分のお尻に合っているようで良い感じ 後部の幅広が効いているようです

簡単なセッティングで100km程走りましたが違和感なし

繊細なセッティングと乗り慣れればさらに良くなりそうです

一番気に入ったのはノーズが短いのでサイクルパンツが引っかからないこと

信号待ちなどでサドルの前にまたがり、発進時に乗るとき、サドルの先にパンツが掛からない これが特に良い印象です 普通のサドルではサイクルパンツが脱げそうになります。

初期の印象は以上です なかなか気に入りました

 

 

 

Pocket


突如起こった 自転車のチェーン切れの顛末

Pocket



自転車のチェーン切れという体験をする人はどれくらいるのかな?

自分はママチャリやシティサイクル、各種スポーツサイクルいろいろ乗ってきましたが今回初めてチェーンが切れる体験をしました。

 

ママチャリなんて10年以上使ってますがチェーン交換など一切せず、注油も気づいた時にしかしない程度なのにまだまだ使えそうです。

子供のころでも錆びたチェーンでガシガシ漕いでも切れた記憶がない。

 

現在はロードバイクなどは清掃、注油など走行のたびに行っているし、予防的に交換もしているのでチェーン切れの心配はほぼ無いと思う。

今回切れたのは電動アシスト自転車(クロスバイクタイプ)です。

メンテはロードバイク程ではありませんが、注油、清掃は定期的に行ってますし、チェーンの伸びもチェックしてます。

手軽に買えるチェーンチェッカー

 

自転車の購入後チェーンの交換はしておらず、走行6000kmくらい。

まあチェーンの個体が悪かったのか、電動の負荷の影響か、そもそもチェーンの寿命がそんなものなのかは不明です。

 

さて、前置きはこれぐらいで

どのような感じでチェーン切れが起こったか?

今回チェーンは突然切れたわけではありません。

まず異音。

最初に異音に気づいたので完全に切れずに済みました。

完全に切れれば当然ペダリングができず走行不能、場合によっては変速機やホイールを壊すこともあり得ます。

異音はペダリングする時カチカチと小さな音。砂かゴミがギアに噛んでるような音。

音が大きくなってきたので停止して確認。

最初はギアの歯をチェック、でも異常なし。

手でペダルを回しているとチェーンの異変に気付く。

チェーンのコマは2枚のプレートで繋がってますが1枚が、、

 

破断

 

していた。

取り外して撮影↓

2枚のプレート1枚が無事 辛うじて繋がっていた。クリップがあるのでジョイント部分です。

自分の勝手なイメージですがチェーン切れはコマを繋ぐピンが折れたり抜けたりで切れるものだと予想してましたが、プレートが折れるとは、、。

異音で早く気付いたのでチェーンが完全に切れることはなく(コマの1枚のプレートのみ)、ペダルへのトルクを最小限に自宅まで歩くような速さで20kmを走り、援助を要請せず無事帰宅。

チェーンが切れた個所がチェーンを繋ぐ部分であることも意味がありそう。チェーンのジョイント部分は他のところに比べやはり負荷が大きいのかな?

新しいチェーンはジョイントにクリップでなくシマノのアンプルピンで繋ぐチェーンを買いました。

今回の教訓

チェーンが伸びて無くても切れる時は切れる

シングルギアの丈夫そうなチェーンでも定期的な交換

聞きなれない異音がすればすぐチェック

出先で走行不能にならないために予備のチェーンのコマと携帯用チェーン切を持ち歩く

 

 

 

Pocket


バルーンタイヤ ビッグアップルを試す 

Pocket



クロスバイクのタイヤが減ってそろそろ交換時期。

ということで今回はシュワルベのビッグアップルを購入してみました。

ロードバイクも楽しいですが、年齢的に速さや軽さを優先させるよりも乗り心地を優先させます。

そのうほうが体に優しく短距離はもちろんですが、坂は別として長距離も楽に走れます。

今回も通販で入手します。ネット通販様様です。

海外通販のWiggleで見つからずアマゾンで見つけたので購入。

まあまあの値段。

同サイズでもっと安いタイヤはありますがビッグアップルを試したかった。

SCHWALBE(シュワルベ) BIG APPLE ビッグアップル 2本セット

自転車も複数台所有しているとタイヤ代もばかにならない。

自動車と違ってタイヤ2本で済むことと、自分で交換するので工賃がタダというメリットはありますがスポーツサイクル車のタイヤって高いですねー。

 

サイズは26x2.0 当然、楽天でも売ってます。

 

ワイヤービードなので当然畳めません。

このサイズにしたのは自分の自転車ではこのサイズが限界だから。

ロードの25cのタイヤと比較するとこれだけ大きい。

まだ未走行で乗り心地は不明ですが最初のインプレッションは

溝が小さく走行抵抗は少なさそう。

重さは見かけ通り、自分のスケールでは750g、ロードのタイヤの約3倍。まあ重さが云々というタイヤではないので、、。

取り付け簡単。空気量が多いのでポンピングが大変。ミニポンプではかなりのポンピングが想像できます。

走るのが楽しみです。

 

 

 

Pocket


便利なサイクルポーチ(ハンドルバッグ)お手頃価格が出た

Pocket



サイクルポーチ(ハンドルバッグ)はロードバイク等にも付けても目立たず、邪魔にならず、使い勝手も最高で、アイデア商品だと思います。

 

自転車用のバッグは様々場所に付けるものが売られてますが最初にこの場所に目を付けた人はエライ。

アイデア商品なので商品自体の種類というかメーカーが少なくどの商品も3000円位します。

個人的には若干高く感じる価格設定。3000円ならリュックやサドルバッグも買えますからね。

いろんなメーカーが出してくれるとありがたいと思いながらアマゾンを検索。

発見!!

GORIX ゴリックス 自転車用 バッグ ハンドルバッグ ステム フロント 自転車 ハンドルバッグ 小物入れ ポーチ ブラック(B16)

他のメーカーが3000円前後なのに2000円以下!!

買ってみる価値あり。ということで早速注文

到着!

今までは蓋無を買いましたが今度は蓋付です。

他メーカーより安いけど品質に遜色なし。

バッグの中の生地も色付きで入れたものを発見しやすい。

スマホを入れてみました。

5.5インチのスマホはすっぽり収まります。

さらにカギやら補給食など余裕で収納できます。

自分は主にモバイルバッテリーや鍵を入れてます。

 

Pocket


電動アシスト自転車 予備バッテリーを買ったら楽しさ倍増

Pocket



最近、暑さでメインに乗る自転車がロードから電動アシストになっております。

今回は表題の通り電動アシスト自転車の予備バッテリーを買った話です。

買った理由は航続距離を伸ばしたいから。

現在のバッテリーは3年目を迎えますが特に劣化を感じることはありません。普通のサイクリングなら100km以上の航続を余裕でこなします。

でもやはり自転車を趣味として走ると100km以上の走行は日常茶飯事なんですね。

そこに峠道があるとバッテリーの容量が一気に減っていきます。

バッテリーの減り方は個人差がありますが、自分の場合、上り坂1000m上昇で50%は減ります。(12.8Ahのバッテリー)。

サイクリングのコースに峠超えがあるとバッテリーの残量がとても気になります。

前回の記事では途中で充電する方法も検討しましたが、結局一番現実的なのは予備バッテリーを携行すること。

少々値が張りますが予備のバッテリーを購入しました。

ちなみに現在の自転車はブリジストンのリアルストリーム12.8Ahのバッテリーを積んでます。

 

購入したのが、当然ですが互換性のあるバッテリー。容量は若干少ないですがほぼ同じ。

 

もっと容量が欲しい場合は15.4Ahのバッテリーもあります。

現行のリアルストリームは15.4Ahのバッテリーを積んでいるようです。

大きさと価格と予備という用途から12.3Ahのバッテリーを買いました。

手にしてみて驚いたのが大きさ。

容量がほぼ同じなのにこの違いです。

上が最新の12.3Ahのバッテリー。

横の出っ張りも大幅に縮小。

技術の進歩はすごいです。

小型なので予備として携行するにもありがたい。

自転車に装着しても出っ張りが少なく、ふくらはぎが当たらなくなりました。

これで峠もバッテリーを気にせず走れます。

早速、獲得標高2000m以上のサイクリングをしましたが予備バッテリーのおかげで余裕の走行。1日遊んでまだまだ余裕の残量でした。

もっと早く買っておけばよかった。

 

Pocket


自転車(ロードバイク)のバックミラー

Pocket



久しぶりにバックミラー(自転車用)を新調しました。

今まで使っていたのは2つのタイプ

ゴムバンドでドロップハンドルの末端に付けるミラー

そして

腕に付けるミラー

それぞれ一長一短があります。

今回新調したのはドロップハンドルの末端に付けるもの。

腕に付けるのはこれからの季節暑いので使う気になれない。

ドロップハンドルの末端に付けるミラーは既に持っていますが、なぜ同じタイプを買ったのかというと、固定方法が少々違います。

今までのはゴムで付けるタイプ、新しく買ったのはハンドルの末端のパイプに差し込んでボルトで固定するのでガッチリ固定できるタイプ。

 

 

キャットアイのオーソドックスな物ですがこれがイイ。

似たような商品がたくさんありますが、さすがキャットアイ。

このガッチリ固定できるのが良いのです。

ゴムで固定するのは調整が大変です。そして肝心の後方視界がズレまくります。

走行中の振動もそうですが、ロードバイクを壁などに立てかけた時などにもズレます。

これがガッチリ固定できていると振動でズレにくい。壁や柱に立てかけるとズレるのですが再調整が楽。これがゴムだけの固定だとグニャグニャして調整イライラします。

さて肝心のミラーの視界はというと

適度な視界が確保されていて狭すぎず、広すぎず。

元々小さいミラーで広角過ぎると車が豆粒のように小さく映り、なにがなんだか分からなくなります。

今回のキャットアイのミラーはその視界の広さも丁度いい。

今のところデメリットはないですが、固定力が強い分、もしミラー側から倒れたらミラーの首のところに力が集中するので折れたり割れたりする可能性があります。できるだけハンドルからはみ出ないように設置すればリスクは減らせると思います。

 

 

 

 

Pocket