自転車で使うマスクを買ってみた

Pocket

前回の記事でも書いたが屋外運動でもマスクが必須になってきている昨今

夏にマスクなどあり得ないと思っていたが、エチケット用としても、他人から白い目で見られないようにするために必要だと感じる

スポーツ用のマスクは防寒と花粉対策でいくつか持っているが、呼吸が激しくなると息をするのがつらいので夏の自転車でも使えるマスクを探す

通販サイトを探しまくって見つけたのがこれ

主に紫外線防止用だと思うがこのマモルーノというのが使えそうだ

マモルーノの特徴は商品サイトを見てもらえれば詳しく分かるので割愛し、以下自分の感想のみ

スポーツ用(自分の場合自転車)で使うマスクで一番懸念される呼吸のしやすさは

まさにストレスフリー マスクをしてないのと同じ感覚だ、期待通り

2つの切れ間?から 鼻、口どちらからでも楽に息ができる

穴が開いているので当然だが、マスクをしているのにこの感覚は異次元だ

水分の補給や小さな補給食もマスクをしたたま取れそうだ

正面からは普通のマスクなので自分の飛沫は抑えられ、エチケット用としても〇

このご時世、他人の目も気にならない ここも大事だ

紫外線は当然防御、自転車で気になる正面からぶつかる虫やゴミからも守れそうだ、夏場は顔に虫が当たり痛い時もあるので期待できる

屋外では少ないケースかもしれないが他人からの飛沫も正面から飛んでくるものは直接顔に付着を避けられ、かなりリスクを下げられるだろう 

都会で密集してジョギングしているのをニュースで見たが、そんなシーンで有効かもしれない

簡易的なフェイススクリーンみたいなものか

時期が時期なので大事だ

装着するのは後頭部にかけるゴム2本なので耳の負荷はない 耳にかけるゴムも付属でついていたが後頭部からのほうが良さそうだ

商品の写真は女性だがおっさんの自分が付けても大きさと見た目の違和感はない

日本製でこの種のマスクとしては安いと思う

Pocket

異例のGWサイクル生活だった

Pocket

2020のゴールデンウィークも終了

風が強かったものの天気もまずまずだった

例年と違うのはコロナ自粛

周囲にコロナ患者はいない(たぶん)地方生活の上、郊外の林道を走れば人とすれ違うこともまれだが、できるだけ自転車でもマスクをするように心がけるようになった

郊外に出るまでは、一応住宅街を通るし、散歩やジョギングをする人ともすれ違うことが多いからだ

都会と違いジョギングをしている人のマスク着用率は0%だ

まあそれはそうだろう

スーパーでもマスクを着用していない人がまだいるのだから

このご時世なのでハアハアしているランナーの側をすれ違うのは少し警戒しなければならないと感じる

スポンサーリンク

自転車が走っていれば、さっさと追い抜く、同じような速度なら距離を開ける

気休めかもしれないが他人からの目と、自分を守るためもマスクはしたほうが良いだろう

夏場のマスク着用でコロナ対策以外で良いことにも気づいた

それは紫外線 

普通のマスクでも顔の半分が覆われ日差しを遮る

女性サイクリストに多く見られる顔を覆うUVマスクはもっと良さそうではないか

暑っ苦しく見えるが、日差しを遮るので意外と暑く感じない

正面から日差しを浴び続け走る時はかなり効果があると感じる

自転車やジョギング用のできるだけやぼったくないマスクを今物色中

着用したまま水分補給できるものが候補だ

Pocket

サイクリングと自販機

Pocket

収まる気配のないコロナ騒動 

人がいない所を探しつつサイクリングすることに

今回は、補給食も事前に用意してコンビニに立ち寄ることも避ける

コンビニやレストランを避けることで感染リスクはほとんど無に等しい

まあ念のためマスクとアルコールスプレーも後ろのポケットに用意しておく

熊本の田舎道でも散歩やジョギングをしている人がいる すれ違ったり追い抜く時はできるだけ距離を置くことを心掛ける

頑張りすぎて免疫が落ちると困るのでダラダラサイクリング、まあいつもダラダラ走っているのでいつも通りの走りだ

この時期に事故でケガなど御免だ その意味でも安全第一

冬と違い春になると喉の渇きも早い 用意したドリンクでは足らず自販機を利用

コカ・コーラのスマホでキャッシュレスで買える自販機で小銭の汚染を気にしなくていいのは便利だ

ポイントも効率よく貯まって最近はこればかり

でも田舎にポツンとある自販機はまだ対応していない物も多い

さらに蓋つきのドリンクにする これも衛生面からだ

缶のプルタブで蓋を開けるドリンクは気になる プラスチックのカバーでもあると良いのだが 他の人はどうなんだろう

コカ・コーラの自販機ばかり利用しているので買う銘柄がマンネリになってしまう

コカ・コーラの次に多いボスとかダイドーとかのドリンクも買ってみたいができるだけ現金は使いたくない キャッシュレス対応を早急に望む

今回ははダラダラと100kmを超えないように走った

もう少し走ろうと思ったが、まあまあリフレッシュできたので良かった

スポンサーリンク
Pocket

コロナ騒動の中 厳戒サイクリング

Pocket

通常であれば最高の季節だが、コロナのせいで、妙な雰囲気を感じる休日

都会の家ならあきらめて部屋ごもりだが、我が家は田舎なので出かける

ただ警戒は怠らない アルコールとマスクも携帯

サイクリング中ならマスクはいらないが、コンビニを利用するときはマスク着用、店で触れたものはアルコール消毒するため

今日は阿蘇方面に行くことにした

コンビニで飲み物を調達、店舗も換気のためか入口扉を開放中

店内は客が自分自分を含め4人 3人はマスク着用 よりによってマスクをしてない一人が自分のすぐ後ろで咳をした 

このご時世なので気になる、なんせ会話の飛沫でも感染するらしい強力ウイルスだ 

コンビニに寄る数分でもマスクをしていて良かった

今都会の電車などに乗れば気がどうにかなるかもしれない、こんな時は田舎での生活がありがたく感じる

ところで買ったパンやおにぎりは消毒すべきか?

パンは袋から直接食べれるので安全と思う

おにぎりは難しい 外装のフィルムが汚染されている可能性もある

気を取り直して、阿蘇の高森へ 30分に1回程度軽トラとすれ違うような田舎道をだらだら走る

久しぶりの阿蘇 空気がうまい

免疫力もあがりそうだ コロナ騒動が嘘のような穏やかな景色

帰りに自販機でジュースを買う

ここでまた気になる ボタンと取り口の蓋だ

最近は小銭を出さずスマホで買える自販機が多くなったので良いのだが、、

まあ念のため手を消毒しとくか きりがないな、、。

 

Pocket

コロナと自粛とサイクリング

Pocket

もうすぐ4月なのにコロナの猛威がすごい

都会は外出の自粛推奨 今のところ強制ではない

オリンピックも先送り 先送りの2021でも大丈夫かと思う

自分は田舎住まいだが、もはやどこに感染者がいるか分からない状況

随分前からだが、自転車が趣味になってジムやプールにはほとんど行っていない、ジムは密閉空間かつ機器からの間接接触が濃厚なのでリスクが高いといわれているので今となっては止めていて正解だった

機器に付いた汗を手ぬぐいで拭いたくらいではウイルスを塗り広げるだけだろうし

今年一度だけ雨で自転車に乗れないときにジムに行ったが、やはり不特定多数の人が汗をかきながら触れる機器などは抵抗を感じたが間違いではなかった

その時コロナは海の向こうの話だったのだが、今だと恐ろしささえ感じる

 

コロナはいずれ収まるだろうが、自分はジムに行くことはもうないだろう

このブログを書いているタイムリーな時に温浴施設で感染が広がったニュースが流れている、温泉は好きなのにどうしようか、、

お湯から?それともロッカーや休憩室の椅子から?

気にしだしたらきりがない ストレスで抵抗力が落ちたら困るのでこれくらいにしとこう

まあ自転車に乗っていればコロナに感染するリスクはない、そもそも屋外なので空気は新鮮、自分はソロだがグループでも常に空気が流れ会話による他人の飛沫を浴びることもない

先が見えない状況だが、少なくとも自転車による運動はリスクなく続けられそうだ

Pocket

冬の自転車 シールド付きヘルメット

Pocket

虫や埃除けに便利そうだと思い5月に買ったシールド付きヘルメット

虫のいない冬にも便利だった

それは冬の冷気から顔を守ってくれる

オートバイのシールドに比べ小さなシールドだが、これがあるのと無いのとでは大きな違いがある

顔に当たる冷たい風が大幅に軽減

そして目の涙が出にくい 冷風が目に当たると涙が出てくるが、これも大幅に軽減

心配なのはシールドの曇りだが、ほぼ無い

信号の停車中などに体の熱気で曇りかけることが時々あったが僅かだ、そもそも走りだせばすぐ解消

口元が覆われてないので息からの曇りもない

春夏秋の虫よけ、埃よけで買ったが冬にも大活躍だ

ちなみに購入時の記事にも書いたがシールドが不要な時は上下逆にメットに取り付け 荷物になることはない 

価格も日本メーカーKABUTOのヘルメットお手頃なので助かる

Pocket

自転車 今年の冬対策 足編

Pocket



今年も寒くなってきた
冬のサイクリングは好きだが手と足の寒さは嫌だ

手はスキー、スノボ用のグローブ シフターなど少々操作しづらいが、保温は抜群 ポタリングメインなので問題なし ヒルクライムなどでは暑すぎる

足はつま先だけの防風カバーを利用している 雨の日は乗らないのでこれで十分

ただ平地メインならつま先だけのカバーで良いが、長いダウンヒルだと足先が冷えてくる

足先(足の指)の冷えはいったん冷えるとなかなか元に戻らない(自分の場合)
手なら、擦り合わせたり、温かい飲み物をカイロ代わりにして復帰しやすい

簡単に温めることができない足はできるだけ冷やしたくない

足先だけの問題なので足をすべて覆うフルカバーを買っても足先の冷えは同じだろう

コスパ優先でサランラップを巻くとか考えたが検索しているといいものがあったので早速買ってみた

足先だけの靴下

普通のソックスの下にこれを履く なかなか良さそうだ

靴下の二重履きみたいだが、必要な所だけ二重にできるのがよい
コスパも最高の500円台

履いてみた感じは個人の感想になるが
まず薄い まあ普段売られている靴下と同じ よって靴が窮屈になることはなかった
気温5度から10度でダウンヒルを含め100km走ったが足先の冷えはなかった
まあ冬本番はこれからなので0度前後でどうなるかは今後の検証というところ

Pocket


半年ぶりのミニベロ 窮屈で手が痛い その1

Pocket

ママチャリからロードまで用途と気分で使い分けてますが以前はメインだったミニベロでしたが今は一番乗る頻度が少ない

最近はロードがメイン サイズがワンサイズで万人向けのミニベロは自分にはやや窮屈 久しぶりに乗ると良くわかる

そこで、予算をできるだけかけずに改良を考える

色々と手を入れてこれ以上予算を投資するつもりはなかったのですが、低予算でできるだけ改良を検討します

問題点はハンドルとサドルが近すぎて窮屈 

ロードに慣れると特に狭く感じる

ステムを長くするしかない

そもそもこの自転車にステムと呼べるものがほぼないので付け足す

ロードのステムと違って特殊なため高価

アマゾンで低価格ミニベロ用のステムを発見したので注文

アマゾン様様だ

でも中国からの発送なのでしばらく時間がかかりそう

そして手の痛み対策のバーエンド、

バーエンドと言っても、グリップの外側でなく内側につける角みたいな小さなパーツ 

トグス(TOGS) フレックス クローズクランプ 樹脂製 グリップ内側取り付けスティック ブラック

これはフラットバー用のアイデア商品だと思う

上記の高価?な物ならすぐ手に入りますが、価格に納得できず類似品を探す

同じくアマゾンで格安品を見つけたが中国からの発送で時間がかかる

たぶん効果は同じような物だと思いますが、まだ現物を見てないので何とも言えず

続きは商品が届き取り付けが完了してからになります

Pocket

シールド付き自転車ヘルメットを購入 KABUTO VITT

Pocket

シールド付きのヘルメットが欲しかった。

OGK KABUTOがリーズナブルな価格で出してくれました。

VITT というメット

何が良いかって、自分が眼鏡を利用しているから。

今までは度付きサングラスを主に利用。

アイウェアは度付きで出来るか不明だし、有名メーカー品はそもそも高価で買えない。

普通のサングラスはレンズが小さいので日差しは何とかなっても虫に関してはかなり弱い。

今まで虫が目に飛び込んで、痒いし、不快だし、サイクリングに目薬が必須でした。

メットに付いた大きなシールドなら風も虫も埃も怖くない。

シールドは磁石での着脱

使わないときは上下逆に付け納めます。

メットの中に磁石が埋め込んであるようです。でもメットの表面からは磁石がどこかほとんど分かりません。

さらにうれしいのはサイズがXL/XXLもあること。大きめの頭でもOK。

気になるのは、これから暑い季節になるので、汗が心配。汗が蒸発しにくいだろうし、汗を拭く時にシールドが邪魔になるかも?

これに関しては今後レビューします。

そして

シールドを着脱するときに落とさないか心配。落とせば間違いなくレンズに傷が付くと思うので、、。

まあシールドの着脱は横着せずに自転車を停車して両手でしようと思います。

Pocket

自転車と今年の花粉対策

Pocket

2月になったばかりですか、今年も既に感じます。

表題の通り花粉です。

花粉の季節でも自転車に快適に乗るため昨年までの対策は

花粉専用眼鏡

高機能マスク  です。

それなりに効果がありますが、デメリットもあります。

花粉専用眼鏡は密閉度が高く花粉の侵入を抑えるもので、花粉以外にも埃や虫からもガードできます。

デメリットはカバーされてる部分が上下左右に大きめなので視界が狭められます。上下は良いですが。左右の安全確認は首を大きく振る必要があります。

高機能マスクはスポーツマスクなのでフィット感などよく考えられてますがやはり呼吸がしにくい。平地をダラダラ走るには良いですがスプリントもどきをしたり、激坂では酸素が足りない。

水も飲めないし、、、

そういうことで使ったり、使わなかったり。

なかなかベストな花粉対策がないですね。

さて今年は

ちょっと違う対策をしてみようかと考えております。

それは花粉を寄せ付けないスプレーなるものを買いました。

数年前くらいからあるようですが、はたして効果があるのか疑問でしたが、いろんなメーカーが花粉除けのスプレーを発売してるし、アマゾンのレビューを見ると、どのスプレーも高評価。

高いものでもないし、使ってみることに

本当に効果があるとしても自転車ではどうなんだろうと疑問もあります。

イオンとか静電気で花粉を寄せ付けないという理論はわかりますが、自転車では風圧がもろにきます。

目はアイウェアをしてますが、風は入ります。

鼻や口はもろですね。

まあ物は試しで買いました。とりあえず評価の高いこれ↓

アース製薬 アレルブロック 花粉ガードスプレー モイストヴェール 75mL

女性の化粧水のような感じですね。

これで多少なりとも花粉からの暴露を減らせることを期待してます。

ついでにアレルギー用の目薬も購入。

500円以下のものから2000円程度のものまでいろいろ使いましたが、今年はアマゾンから安めの目薬をついで買いしました。

Pocket