サイクルジャージかトレーニングウェアか

Pocket

サイクルジャージは自転車に最適化された服だが、最初は少し躊躇する。

サイクルジャージという自転車専用のジャージがあります。

体にピタッとしているため、風の抵抗を受けにくく、バタつかない。ペダルも漕ぎ易くパッドもあるのでお尻も快適後ろのポケットも食料、貴重品などいろいろ詰め込んでも邪魔にならず便利。といいことずくめです。

ですが、ピタッとする服が恥ずかしいデザインが派手価格も高いなど敷居が高く、最初は普通のスポーツウェアで乗ったりします。

ですが自転車を続ける人は、機能性の良さから最後はサイクルジャージを入手することになると思います。

自分も自転車に乗り始めの頃は普通のトレーニングウェアでしたが、服がバタつくのと、風を切る音がうるさいのが嫌でした。

試しに専用ジャージを着てみると、とにかく快適です。

派手なデザインは今でも好きではないですが、探せば落ち着いたデザインの服もあります。価格は高めで、普段量販店の安い服しか着ない自分にとってはビックリするような価格ばかりです。

ネット通販の格安品でも機能は十分で、逆に安い製品のほうが落ち着いたデザインの物が多いので最近はもっぱらそちらを利用しています。価格が安く失敗して買い直しても後悔が少なくて済みます。

そもそも実店舗でサイクルウェアを買おうと考えても、大都市以外の地方では売っている店自体も少なく、大きなスポーツ専門店でもなかなかありません。

サイクルスポーツの日本での認知度の低さはまだまだのようです。

カペルミュールとか落ち着いたデザインで欲しいメーカーもあるのですが自分は田舎に住んでいるので、どこに売っているのかもわかりません。

 


ママチャリでの服装はどうでしょうか。さすがにママチャリでサイクルジャージを着ている人は今まで見たことはありません。やはりアンバランスです。機能は明らかにサイクルジャージがいいのですが、速度も遅いし、ママチャリで100キロ走る人もあまりいないでしょう。

自分はポタリングならママチャリでもロードバイクでも普段着で問題ないですが、ズボンは意識して選ばないと裾がギヤに噛んで破れたり、汚れたりします。一番嫌なのはピタッとしたパンツでないと漕ぎにくいのです。

お勧めはストレッチジーンズとかストレッチチノパンとかストレッチを謳っているものがとても良いです

サイクルパンツの様に脚にピタッとしギヤの噛みこみもなく風の影響も少ない、柔らかく伸びるのでペダルも漕ぎ易い、もともとが普段着なので、シーンを選ばない。最近どこでも売っていて価格も安い。50キロくらいのポタリングならお尻パッドもいらないので自転車を問わず使えます。

Pocket

自転車とマスクと花粉と埃 メガネ曇り止めのレビュー

Pocket

自転車とマスクと花粉と埃で注文したメガネの曇り止めが到着したのでレビューします。

自転車とマスクと花粉と埃

前の記事で自転車乗車中、外気で冷たくなったサングラスやメガネが、マスク、特に排気弁のないマスクを使っていると結露で白くなり、危険なことは書きました。そこで曇り止めを検討。

注文した曇り止めはこれです。

ANTI FOG

到着した商品は、発送時の梱包以外に、箱などなく別紙の説明書もない。小さく軽い商品。チューブの裏に小さい説明書きがあるだけ。虫眼鏡が必要なくらい小さい文字。

したがって、どういう機能でどのくらいの効果があるかなど一切不明。参考になるのは購入者のレビューのみ。

よく売っている瞬間接着剤の容器程度の大きさ。曇り止めを謳っている商品は100円ショップにもあるため、この大きさだけみると高価に感じますが、効果に期待します。

容量は5グラム 確かに少ない。

スポンサーリンク

取りあえず使ってみる。「米粒大に塗り、指で塗り広げ、ティッシュで拭く」それだけ。過去に使ったことのある曇り止めはサラサラの液体だが、これは軟膏みたいなゲル状。

無題

自転車で曇るのはレンズの内側なので節約するために内側だけに塗りました。そしていざ外出。マスクをして最初の一息で一瞬、曇りかけますが、その後は

曇りません。今まで白くなっていたのが、クリアなまま視界が広がります。

今度はメガネを外して直接息を吹きかけてみます。少し白い所が出ましたが、そこは塗りムラがあったようです。もう一度綺麗に塗り、ティッシュで綺麗にふき取ったら、今度は曇りません。

効果は高いようです。機能の説明書きが無いので、詳しいことは分かりませんが。レンズに着いた水分を撥水するのではなく、親水させているようです。吹き付けた息の水分がレンズの表面にうっすら広がっているのが分かります。

商品の容量は5グラムで少なく感じますが、1度に使う量が少なく、効果も高いので、いい商品です。最大50回使用できると書いています。自分の様に片面だけならもっと使えるはず。あとは効果の持続時間ですが、24時間経過した時点では効果は落ちていないようです。

メガネの曇りの改善は自転車だけでなく普段の生活でも便利ですので一つ持っていると、かなり役立ちます。

 

Pocket

自転車で専用アプリとスマートフォンフォルダーを使う

Pocket

スマートフォンが自転車で便利に使えます スマホフォルダーで注意すること

スマートフォンが普及し、自転車で便利に使えるアプリが数多くあります。

自転車とスマートフォンでこんなことができる

ナビゲーションや速度、カロリーを表示してくれる。

サイクルコンピュータ代わりになる。

走行履歴も見れるので、履歴を確認するのも楽しい。ナビゲーションは自転車専用もあるが、グーグルマップやyahooの地図アプリでも十分自転車で使えます。

スピーカーで音楽を聴く

イヤホンは法律で禁止されているので絶対ダメです。スマホのスピーカーから音を出せばOK。これは別の効果もあります。

走行音がほとんどしない自転車は歩行者になかなか気づいてもらえません。

ベルは車のクラクションと同じでなんとなく威圧的でやたらに鳴らしてはいけません。音楽が鳴っていれば歩行者に気付いてもらえます。

電話やメールの着信

ポケットやカバンにスマホがあると気付きにくいですが、ホルダーに付けているとすぐ気づくし、電話を受けることもできます。

以上の様に自転車でも便利に使えるスマートフォンですが自転車に付けるスマホホルダーはいろんなタイプがありスマホの形状によっても合う合わないがあるので注意が必要です。

自分もいろんなタイプを試したのでその経験を元に書きます。

価格優先で買うと結局買いなおす事になり、高価なスマホを守るためでもありますので品質重視で選んでください

駄目なスマホホルダーの特徴

自転車のハンドルとホルダーの取り付けがしっかりできない

自分の自転車のハンドルの径の確認をしっかり確認するのはもちろんですが、ホルダーの取り付け部分もよく確認する必要があります。

ここが貧弱では強く固定できず。少しの段差でくるくる回ります。スマホは自転車のハンドルに付けるには重い物です。貧弱な固定ではすぐ緩くなり回転します。ペラペラのプラスチックではまずダメでしょう。強く絞めこむと使う前に割れてしまいます。

今まで数多くの自転車用スマホホルダーを買いましたが、どれも一番困るのは振動でスマホが簡単に動いてしまう事。ですから、ここがしっかりしたものを選びましょう。

スマホのホルダー部分が貧弱

これは少しの段差でスマホが飛んでいきます。固定が非常に面倒くさい仕組みの物もあります。取り付け、取り外しが面倒で使わなくなります。

自転車は振動が激しいので上下左右の固定が安心です。リリースも簡単でないといけません。

万が一の脱落の為 最後は命綱をつける

どんなホルダーでも何があるか分からないので、スマホにストラップをつけハンドルと連結しときましょう。

ストラップを付けられないスマホもありますがヘッドフォンジャックに差し込めるプラグを利用すると使えます。自分はこの方法で使っています。

ストラップは100円ショップにある伸縮できるコイル状のクリップホルダーです。これなら差し込むだけなので簡単です。これのおかげで脱落から何度も救ってもらいました。

CIMG1230

注意することは自転車側に付ける時、スマホのホルダー以外の場所に付けることです。ホルダーに紐を付けてもホルダーごと脱落したら意味がありません。

いろいろ使いましたが自分が今一番使えるホルダーはこれです。

ミノウラは自転車用の部品をいろいろ作っている日本メーカーなので安心感が違います。

スマホのホルダーここもポイント

スマホは上下左右、いろんなところにボタンやソケットがあります。しかも機種により位置がバラバラ。

スマホのホルダーは左右から締め付け、上下にサポートがあるものが多いです。

特に左右にスマホの電源スイッチがある場合。ホルダーのサポートで押さえつけられる事で、勝手に電源が切れたり、サポートが邪魔でスイッチが入れにくかったりします。

充電しながら走る場合も、USBのソケットがホルダーで隠れてしまう事あります。

しっかりしたホルダーを買っても、上記の様に相性が悪い場合もあるので、要確認です。

 

 

 

 

スポンサーリンク
Pocket

花粉メガネ JINS花粉CUTのレビュー

Pocket

花粉メガネ JINS花粉CUTのファーストレビュー

自転車と度付き花粉メガネを探すで花粉対応メガネを選定し届いたのでレビューします。

メガネ専門メーカーで有名なのでしっかりとした梱包です。

CIMG1214

まずは外観から 箱に入ってます度のない眼鏡はこのまま販売しているのでしょう

CIMG1215

裏側から

CIMG1216

正面から

CIMG1217

側面から

CIMG1218

普通のメガネとの比較です カバーの厚みが良くわかります

CIMG1223

真正面からは普通のメガネと区別がつきません 大きさもほぼ同じに見えます。

CIMG1222

折りたたんでも厚みがあるのでケースは普通のメガネのようなハードケースでなく布の巾着袋です。

CIMG1225

外観の確認をして次は、肝心のフィット感や性能のレビューです

まずフィット感です。自分では顔は大きい方だと思っています。よって商品を試すまで不安でしたが、不安は無用でした。箱からだしてそのままかけてピッタリでした。

花粉カット最大98%はメガネ周囲のカバーが完全にフィットした場合だと思います。鏡で確認すると上下はほぼピッタリ、自分の顔で隙間が多かったのは目じり側の隙間でした。顔の大きさ、形でこの辺は大きく変わると思います。自分の顔では90%以上という感じです。カバー部分はプラスチックでゴムのような柔軟性はありません。

さっそくこれで自転車に乗ってみます。

最初の印象は?

まず風の巻き込みがない。周囲にカバーがあるので当たり前ですが、これはいい感じです。花粉や埃だけでなく乾燥にもよさそう。眼球が風にあたると乾燥して充血するのですが、その感じがまるでありません。花粉以外の季節でも使えそうです。1時間くらい外を走り回りましたが花粉による影響は無いようです。

重さの影響は?

普段軽量のメガネをしています。それよりも当然重いですが。重さを感じたり、重さでずり落ちたりはありませんでした。汗をかいたらわかりませんが、今後レビューします。

汗の影響の追記:春の暖かい日に5時間の自転車走行では、汗の影響による極端なずれはありませんでした。普通のメガネ、サングラス程度だと感じました。自転車は顔をやや下向きにして走るので十分の性能だと思います。重量のバランスは良いと思います。

普通のメガネにクリップオンのサングラスをすることがありますが、軽くてもバランスが前に偏りずれやすくなるのですが、それにくらべこれはバランスはいい方だと思います。

視界は?

周囲に厚いカバーがあるので視界は当然狭くなります。レンズが大きいので通常の視界には影響は無いのですが。普通のメガネでもレンズ以外の部分はピントが合っていなくてもなんとなく見えています。そこがすりガラスで覆われている感じです。光は透過するので分かりますが。物の判別はつきません。たとえが難しいですが水中用ゴーグルをしている感じです。自転車の場合、後方からの車を振り返って横目で確認しますが、それがやや見えにくいです。大きな動作をして後方からの車両などをはっきりと視界に捉える必要があります。右折の時は後方車両に注意が必要。

追記

2週間ほど使っていると、カバーによる視界はだいぶなれました。今度は日差しが気になるようになり、このタイプのサングラスが欲しくなりました。

総評 

もっとはやく買えばよかったと思います。花粉以外にも虫や埃も防いでくれるので、年中使えそうです。紫外線もメガネ周囲からの侵入も保護してくれるのでとてもいいと思います。レンズに色を付ければサングラスとしても使えそうです。




補足

度付きでも曇り止めのレンズが選べます。自分は別途曇り止めを使っています。曇り止めの記事もご覧ください。

自転車とマスクと花粉と埃 メガネ曇り止めのレビュー

 

 

Pocket

自転車とマスクと花粉と埃

Pocket

   自転車に乗るならスポーツマスク  

花粉の季節が始まり、目の対策は前の記事で書きました。目の次は鼻と口の対策です。対策と言っても鼻炎薬に頼るかマスクで防御するしかありません。鼻炎薬は効果の程度もあるし、あまり飲みたくないのでマスクの話をします。

花粉や埃に対してマスクはそれなりの効果はあるのですが、自転車での使用は少し問題が発生します。

まずメガネが曇る事、度付きに限らず自転車では目を保護するためアイウェア(サングラスみたいなもの)をします。走行中は風で何とかクリアになっても停車中はメガネが真っ白になり、視界が悪く危険です。

次に上り坂など大量の酸素が必要な時に、空気が足りなく苦しい事。激しい呼吸で使い捨てのマスクなんかじゃ吸い込んでしまいそうになります。

メガネが曇る事に関しては曇り防止の薬剤をレンズに塗る方法がありますが、今売れ筋の曇り防止剤を注文中なので到着してからレビューします。

呼吸に関して結論を言うと使い捨てのマスクはママチャリでゆっくり走るまでが限界です。スポーツサイクルでは呼吸の障害になるのは勿論、風圧で変形し隙間だらけになるし、口の中にまで入ってきます。

では他のお勧めマスクはというと。スポーツ専用の排気弁があるマスクがあるのでそちらを薦めます。

いろんな種類のスポーツ専用マスクがありますが自分のお気に入りはエアスケープという製品です。

CIMG1208

フィルターも高性能で、排気弁があります。排気弁は排気用の穴を通して息が抜けるので、メガネが曇りにくいのと吐く息の抵抗が少ないので呼吸も楽になります。残念ながらエアスケープはもう売っていませんが他にもいろんなタイプのスポーツマスクがあります。

レスプロが有名です。

 

目の花粉対策はこちら↓↓

自転車と度付き花粉メガネを探す

花粉メガネ JINS花粉CUTのレビュー

 

Pocket

自転車と度付き花粉メガネを探す

Pocket

寒い季節から暖かくなっていき、自転車乗りには最高の季節になります。しかし、その前に花粉の季節が到来します。すでに目にかゆみが出てきています。

毎年、対策を考えるのですが自分は、近視でメガネが離せません。今までは目薬で抑えていましたが、花粉対策メガネも充実してきたので購入を検討しました。

花粉対策メガネは顔とメガネの隙間をできるだけ少なくした形状のもので、昔はゴーグルみたいなものが多かったですが今は一見普通のメガネとあまり変わらないようです。デザイン、価格、ネットで注文できることで探しました。

度付きでなければ、価格も安く、有名なスカッシーでいいのですが自分はコンタクトもできないので度付き加工のできるネットのメガネ専門店で調べました。

     スカッシー

品質と価格もよく、実店舗でのサービスも受けられるJINS(ジンズ)とZoff(ゾフ)で比較検討。

JINS(ジンズ)数種類の商品のうち、自分の好みはクリーンという製品がよそさう。花粉カット率最大98% 紫外線99.9% フレームに光触媒等々

詳しくはこちらから
JIN’s GLOBAL STANDARD オンラインショップ

度付きで6900円+税

度付き曇り止めレンズで11900円+税

 

Zoff(ゾフ) エアバイザーという商品はデザインが豊富、度なし3000円+度付き曇りレンズ2000円~。度付き曇り止めレンズは店頭でとあるので、度付きなら店頭でということかな。店舗で買ったゾフのサングラスはお気に入りで今も愛用中、品質はとてもいい。

結局、ネットで注文を完結したかったのと、JINS(ジンズ)のデザインと機能があっていそうなのでJINS(ジンズ)のクリーンに決定しました。

JIN’s GLOBAL STANDARD オンラインショップ

商品が届いたらレビューします。

今回花粉対策で購入に至りましたが、これからの季節はPM2.5や黄砂、虫対策など役に立つことが多そうです。今までは普通のスポーツサングラスでしたが、密閉度が小さいので、たまに小さな虫が飛び込んでくるし、埃っぽいところではゴミも入るので、ちょうどよかったです。

度なしであれば普通のサングラスでもレンズのカーブがきつく、顔にフィットするものがありますが、度付きにするとレンズが歪み、ものすごく違和感があります。近視は本当に不便でお金もかかります。

追記 レビューはこちら

花粉メガネ JINS花粉CUTのレビュー

 

Pocket

自転車の安全 ヘルメットの必要性

Pocket

自転車の安全対策はどうすべくでしょう。一番基本はヘルメットです。

子供は未熟さや将来性からどんな自転車でもヘルメットを被るべきだと思いますが、大人はどうでしょう。

大人もヘルメットを被った方が安全に決まっていますが、ママチャリではどうでしょうか。大人がママチャリでヘルメットを被っている人を今まで見たことはありません。

ママチャリでは自分も被りません。さすがにママチャリでは恰好悪いからという理由もありますが、気軽に乗れるのがメリットであるママチャリに、いちいち、ヘルメットを被っていられません。駐輪の際の置き場所も困るし、持ち歩くのも邪魔です。

ただママチャリでも速度を出したり、幹線道路を走ったりするなら別です。

自分の用途と速度からママチャリでは被る必要性が無いと感じるのが一番の理由です。


ロードバイクではほぼ被ります。ミニベロでは乗るシーンによって被ったり、被らなかったりです。

自分がヘルメットを被るのを決めるのは走る道と速度です。ロードバイクで走る時は幹線道路の車道を車と一緒に走り、速度も場所によっては原付バイク以上の速度です。

万一の時は軽量のヘルメットでは気休め程度ですがないよりましです。ミニベロでも速度が出るのでルートに危険な所がる時は被ります。

ただロードバイクでも全行程、低速度のポタリングで幹線道路も走らないなら被りません。

厳密にいうと時速5キロ以下の歩くようなスピードでも、転倒した時に打ち所が悪ければ致命傷になります。でもその速度で万が一の時はもはや運の問題でしょう。歩行中でも、ジョギング中でも止まっていても、車が突っ込んで来たり、石につまずいて打ち所が悪ければ終わりです。


 

現状がヘルメットを被る被らないは任意なのだから、自己責任で決めればいいと思います。


今までヘルメットが役立ったことは1回あります。始めて通る日陰の石畳の道で、表面に苔がたくさんあり、後で確認すると歩行でもつるつる滑るような所です。

手も足も出せない程急激に滑り、転倒、太ももと、後頭部を強打。太ももは腫れが引くのに1月以上かかりましたが、頭はヘルメットが守ってくれ無傷でした。下手をすれば死んでいたところです。ヘルメットのありがたさが身に染みて分かった時でした。

 

 

Pocket

サイクリング ドリンクボトルの機能性 やっぱり保温ボトル

Pocket

自転車に乗っていて水やジュース類を飲む時、自転車専用のボトルがあります、軽くて飲みやすく機能的ですが、保温性は全く駄目です

レースとかしているのなら軽いボトルはメリットがあります。レース中、裏方の補給もあるのでそれでいいのかもしれません。

ただ普通のサイクリングであのボトルを使うと冬場は問題ないですが、夏はお湯の様になります。ただでさえ暑いのに飲めたもんじゃありません。氷を入れても冷たく感じるのは1時間くらいです。

そこでステンレスボトルの出番です。日本のステンレスボトルは中国人旅行客の爆買い商品の一つでもありますが、人気のある理由も分かります。日本製のステンレスボトルは軽くて保温性は抜群です

ステンレスボトルの保温力は夏場、自分の使い方で、朝、氷と水を入れ、途中で飲み干します。さらに自販機で買ったジュースを2回入れ、それを飲み干しても氷がまだ残っています。

外側の結露もありません。氷が無くても自販機の冷たさを長時間キープできます。冬は暖かい飲み物を入れてもいいでしょう。大きさはペットボトルサイズで、ワンタッチオープンの物なら走りながら飲めます。

欠点はボトルホルダーが金属の場合、金属同士の接触ででカチャカチャ音がします。プラ製のホルダーなら問題ありません。落とせば当然派手な音でカランカランと転がっていきます。表面も傷が入ります。自分は何度か落として、少し凹んだりしてますが、漏れもなく十分機能してます。

 

自転車専用ボトルで2重構造で保温できるものも一部あります。ただステンレスボトルほどの保温力はありません。短時間で飲み干す人はこれでいいいと思います。まったく保温のないボトルに比べれば雲泥の差です。

 

 

 

Pocket

ついに自転車レースで隠しモーターが発覚

Pocket

AFPのニュースが目に入りびっくりしました。自転車レースに隠しモーターが発覚、しかもUCIのレースで。今回発覚したのはシクロクロスのレースのようですが、以前ロードレースでも疑いのようなものがあった気がします。

レースで不正を働くのは勿論いけないのですが、自分が驚いたのはそのような技術が確立されていることにもっと驚きました。

レースで使うには、もちろん不正なので、外見は普通の自転車で、使う方もリスクを負うのだから効果がはっきりしたものでないと使わないであろうから、相当にコンパクトに設計され、信頼もそこそこあるものであることが想定されます。

昨年、ヤマハからYPJ-Rというロードバイクの電動アシスト自転車が発売されました。スタイルも良く、自分も次に買いたい自転車の候補です。

(追記:電動アシスト自転車はすばらしいですが、日本の規制の中で電動アシストのロードバイクは、速度や重量のデメリットの方が多いと思うようになりました。)

ほとんど普通のロードバイクですが自転車に詳しい人がみるとアシスト自転車だとはすぐわかります。なぜならYPJ-Rはアシストモーターとバッテリーがはっきりわかるからです。

今までの電動自転車を見てきてもモーターとバッテリーを小さくするのは相当難しい技術です。最近のスポーツ自転車はカーボンフレームで接合部分などかなり太くて大きいですがそこに仕込んだのでしょうか、謎です。重量の増加もあるだろし、詳しいことはまだわかりません。ちなみに通常ロードバイクは7キロから9キロ位が多いですがYPJ-Rは15キロ位です。

それが不正にしても目の肥えた自転車ファンや技術者、審判がいる国際レースで使用できる水準の技術になっているのは、はっきりいってすごいです。不正に使うのではなく市販すればすごい利益が得られそうな気がするのは自分だけでしょうか。

(追記:どうやら市販されているシステムを流用していたようです。海外の電動自転車は進んでいる物が多いようです。でもこのシステム、日本では使えません)。

Pocket

自転車でのお尻の痛み

Pocket

自転車で長距離を走り始めると、お尻が痛くなる人が多いと思います。原因は人によっても違いますが自分の経験からすると。

  • そもそも自転車に乗りなれていない

  • サドルの形状が合っていない

  • サドルの高さが低すぎて荷重がお尻に集中している

 


自転車に乗りなれていない人は、自転車に乗る距離と時間を稼げば、次第にお尻も自転車に慣れて痛みも少なくなっていくと思いますが、それまでは、スポンジやゲルなどのクッション材の入ったパンツを着用して乗れば痛みが和らぎます

プロでもレーサーパンツにクッションが入っています。自分も初心者のころに20キロ程度の走行でも着用していましたが、今は長距離走行以外は必要ありません。

下着の様にアンダーに履くものと、そのまま履いて走れるものがあります。普通は1枚だけのそのままのタイプです。

最初はおむつみたいで違和感がありますが、これも慣れです。


サドルの、合う、合わないは、人それぞれで非常に難しいです。ある人にはピッタリでも他の人には全く合わないなど、サドルの商品レビューは参考程度にしかなりません

高級で高いサドルなら合うわけでもなく、試してみないと分かりません

自分はネットで買った2000円位の無名メーカーのサドルが一番合っています。いままでにサドルは十個以上買っています。

自転車に最初から付いていたサドルを含め4個目くらいでちょうどいい物に出合いました。

もっといいサドルに出会うかもと、その後も試しましたが、2000円の無名メーカーの物が合っています。

数万円以上するサドルは自分に合わなかった場合、痛い出費になるのでまだ試したことはありません。


サドルの高さの問題は、初心者など特にサドルの位置が低すぎて、体重のほとんどをサドルに預けることによる痛みです。

サドルの高さを上げると腕や手、脚に荷重が分散されるのでお尻の負担が減ります。ペダルも漕ぎ易く。足の疲れも減り、一石二鳥です。


立ちこぎ等を併用して、お尻の負担を減らしたり、サドルに座る位置を時々変えてお尻の一点ばかりに力が集中しないようするなど方法があります。

ギアを軽くしすぎないようにする方法もあります。理由はサドルが低いのと同じで、軽いギアで漕ぐという事は、足に体重が乗っていないので、サドルの方に荷重が流れてしまうこと。

お尻に掛かる体重をペダルを踏む力にすることを意識すれば、自転車も進むし、お尻の負荷を減らす事になります。

自転車のサドル サスペンションのシートポストを使ってみた

 

Pocket