ブログ

自転車で使うマスクを買ってみた

Pocket

前回の記事でも書いたが屋外運動でもマスクが必須になってきている昨今

夏にマスクなどあり得ないと思っていたが、エチケット用としても、他人から白い目で見られないようにするために必要だと感じる

スポーツ用のマスクは防寒と花粉対策でいくつか持っているが、呼吸が激しくなると息をするのがつらいので夏の自転車でも使えるマスクを探す

通販サイトを探しまくって見つけたのがこれ

主に紫外線防止用だと思うがこのマモルーノというのが使えそうだ

マモルーノの特徴は商品サイトを見てもらえれば詳しく分かるので割愛し、以下自分の感想のみ

スポーツ用(自分の場合自転車)で使うマスクで一番懸念される呼吸のしやすさは

まさにストレスフリー マスクをしてないのと同じ感覚だ、期待通り

2つの切れ間?から 鼻、口どちらからでも楽に息ができる

穴が開いているので当然だが、マスクをしているのにこの感覚は異次元だ

水分の補給や小さな補給食もマスクをしたたま取れそうだ

正面からは普通のマスクなので自分の飛沫は抑えられ、エチケット用としても〇

このご時世、他人の目も気にならない ここも大事だ

紫外線は当然防御、自転車で気になる正面からぶつかる虫やゴミからも守れそうだ、夏場は顔に虫が当たり痛い時もあるので期待できる

屋外では少ないケースかもしれないが他人からの飛沫も正面から飛んでくるものは直接顔に付着を避けられ、かなりリスクを下げられるだろう 

都会で密集してジョギングしているのをニュースで見たが、そんなシーンで有効かもしれない

簡易的なフェイススクリーンみたいなものか

時期が時期なので大事だ

装着するのは後頭部にかけるゴム2本なので耳の負荷はない 耳にかけるゴムも付属でついていたが後頭部からのほうが良さそうだ

商品の写真は女性だがおっさんの自分が付けても大きさと見た目の違和感はない

日本製でこの種のマスクとしては安いと思う

Pocket

異例のGWサイクル生活だった

Pocket

2020のゴールデンウィークも終了

風が強かったものの天気もまずまずだった

例年と違うのはコロナ自粛

周囲にコロナ患者はいない(たぶん)地方生活の上、郊外の林道を走れば人とすれ違うこともまれだが、できるだけ自転車でもマスクをするように心がけるようになった

郊外に出るまでは、一応住宅街を通るし、散歩やジョギングをする人ともすれ違うことが多いからだ

都会と違いジョギングをしている人のマスク着用率は0%だ

まあそれはそうだろう

スーパーでもマスクを着用していない人がまだいるのだから

このご時世なのでハアハアしているランナーの側をすれ違うのは少し警戒しなければならないと感じる

スポンサーリンク

自転車が走っていれば、さっさと追い抜く、同じような速度なら距離を開ける

気休めかもしれないが他人からの目と、自分を守るためもマスクはしたほうが良いだろう

夏場のマスク着用でコロナ対策以外で良いことにも気づいた

それは紫外線 

普通のマスクでも顔の半分が覆われ日差しを遮る

女性サイクリストに多く見られる顔を覆うUVマスクはもっと良さそうではないか

暑っ苦しく見えるが、日差しを遮るので意外と暑く感じない

正面から日差しを浴び続け走る時はかなり効果があると感じる

自転車やジョギング用のできるだけやぼったくないマスクを今物色中

着用したまま水分補給できるものが候補だ

Pocket

プレスフィットBBの脱着

Pocket

ロードバイクから再び音鳴り

上り坂でペダルにトルクをかけた時にカチカチ音がする

ペダルは交換したばかりなので 今度はBBだろう

できればあまりいじりたくない なぜならBBを脱着する工具を持ってないから

ネジ式のBBならよいのだが自分の自転車はプレスフィットBBだ

まあ簡単にいうと圧入してあるBB 

当然専用の工具が必要

フレームからBBを外す時も大変だと聞く

金属棒を差し込んでガンガン叩き出す方法だとフレームにも悪そうだし、はずしたBBも損傷を受けるはず

工具も使用する頻度を考えると比較的お高い値段だ(自分比だが)

でも、この工具がないと手も足も出せないので買うことにする 高いとはいえ自転車屋さんに依頼することを考えれば元はすぐとれるだろう

アマゾンで購入したのはこれ 複数のプレスフィットBBに対応しているらしい

プレスフィットBBボトムブラケット リムーバー&インストレーション bb86 bb90 bb91 bb92 BB30 bb30a

ちなみに自分の自転車はBB86対応

すばらしいのはこれだけでBBの取り外しと圧入ができる

しかもガンガン叩く取り出しではなく圧入の逆でネジを締める事で取り出しができる BBのグリスアップだけで外すとか再利用を考えると便利な工具だ

早速試してみる 

ケースにはいろんなパーツが入っている 説明書はネットから読み取るらしい、紙の図入りの説明書などない

ネットからうまく見れなかったが、そのまま使うことにする

脱着の仕組みは簡単なので行き当たりばったりで大丈夫だろう

外す時はこんな感じだろうか、、、最初は意味の分からないパーツも試行錯誤で意味のあるものと理解できた

10分ほどこれがここで、あれがこれでとか考えた 理解できれば説明書など不要 単純な仕組みだ

ネジを締めあげ 簡単にBBが外れる ネジを締めるだけなのでほぼ無音

圧入はもっと簡単 

スルスルとはまる 簡単すぎる、、。

あっというまに新品のBB86を装着

ショップに依頼するか工具を買うか悩んだが、ケチらずにさっさと購入しておけば良かった

外したBBも傷一つなく回転もスムーズだったので清掃、グリスアップして再利用することにした

これで音鳴りが解消すればそのまま使うことにする

ちなみに写真の新品のBBはすぐ外した。当然無傷だ。 

スポンサーリンク
Pocket

サイクリングと自販機

Pocket

収まる気配のないコロナ騒動 

人がいない所を探しつつサイクリングすることに

今回は、補給食も事前に用意してコンビニに立ち寄ることも避ける

コンビニやレストランを避けることで感染リスクはほとんど無に等しい

まあ念のためマスクとアルコールスプレーも後ろのポケットに用意しておく

熊本の田舎道でも散歩やジョギングをしている人がいる すれ違ったり追い抜く時はできるだけ距離を置くことを心掛ける

頑張りすぎて免疫が落ちると困るのでダラダラサイクリング、まあいつもダラダラ走っているのでいつも通りの走りだ

この時期に事故でケガなど御免だ その意味でも安全第一

冬と違い春になると喉の渇きも早い 用意したドリンクでは足らず自販機を利用

コカ・コーラのスマホでキャッシュレスで買える自販機で小銭の汚染を気にしなくていいのは便利だ

ポイントも効率よく貯まって最近はこればかり

でも田舎にポツンとある自販機はまだ対応していない物も多い

さらに蓋つきのドリンクにする これも衛生面からだ

缶のプルタブで蓋を開けるドリンクは気になる プラスチックのカバーでもあると良いのだが 他の人はどうなんだろう

コカ・コーラの自販機ばかり利用しているので買う銘柄がマンネリになってしまう

コカ・コーラの次に多いボスとかダイドーとかのドリンクも買ってみたいができるだけ現金は使いたくない キャッシュレス対応を早急に望む

今回ははダラダラと100kmを超えないように走った

もう少し走ろうと思ったが、まあまあリフレッシュできたので良かった

Pocket

ペダルのギシギシ音  交換

Pocket

今日もコロナが怖いので人のいない山奥にサイクリングに行こうと思ったが

天気は良いが風が強く、昨日に比べ寒い

今日はメンテナンス日にする

自分はロードバイクのペダルに使い勝手の良いSPDを使っている

シューズはロード用に比べ重いが、便利なのでSLにはしない

ポタリング専門の自分には最適なペダルだ

小さく両面キャッチなので楽 価格も安い

シマノ(SHIMANO) 両面SPDペダル PD-M520 シルバー EPDM520S PD-M520S

昨日のサイクリングでSPDのギシギシ音が気になった

自転車のギシギシ音の原因は我がブログでも数多く書いてきたが今回はすぐ特定できた

平地の通常のペダリングでは音はせず、上りで、踏み込んだ時だけ発生する

このペダルは専用の工具があれば簡単に分解整備できる 

以前は分解整備して音鳴りや回転の不具合を解消した

今回は数年使っているペダルなのであっさりと新品に交換することにした

3000円台で数年使えば元は取れているだろう

古いペダルは分解整備して電動のリアルストリームにでも付けようかな

Pocket

コロナ騒動の中 厳戒サイクリング

Pocket

通常であれば最高の季節だが、コロナのせいで、妙な雰囲気を感じる休日

都会の家ならあきらめて部屋ごもりだが、我が家は田舎なので出かける

ただ警戒は怠らない アルコールとマスクも携帯

サイクリング中ならマスクはいらないが、コンビニを利用するときはマスク着用、店で触れたものはアルコール消毒するため

今日は阿蘇方面に行くことにした

コンビニで飲み物を調達、店舗も換気のためか入口扉を開放中

店内は客が自分自分を含め4人 3人はマスク着用 よりによってマスクをしてない一人が自分のすぐ後ろで咳をした 

このご時世なので気になる、なんせ会話の飛沫でも感染するらしい強力ウイルスだ 

コンビニに寄る数分でもマスクをしていて良かった

今都会の電車などに乗れば気がどうにかなるかもしれない、こんな時は田舎での生活がありがたく感じる

ところで買ったパンやおにぎりは消毒すべきか?

パンは袋から直接食べれるので安全と思う

おにぎりは難しい 外装のフィルムが汚染されている可能性もある

気を取り直して、阿蘇の高森へ 30分に1回程度軽トラとすれ違うような田舎道をだらだら走る

久しぶりの阿蘇 空気がうまい

免疫力もあがりそうだ コロナ騒動が嘘のような穏やかな景色

帰りに自販機でジュースを買う

ここでまた気になる ボタンと取り口の蓋だ

最近は小銭を出さずスマホで買える自販機が多くなったので良いのだが、、

まあ念のため手を消毒しとくか きりがないな、、。

 

Pocket

電動アシスト自転車TB1eが気になる

Pocket

今年発売されたブリジストンのTB1e

ここ最近数多くメーカーからE-Bikeが発売されているがTB1eの大きな特徴は走りながら充電されること

スポーツタイプではあまり見かけない便利機能

ママチャリタイプより長距離走ることが想定されるのでスポーツタイプにはぜひつけてほしい機能

自転車が趣味となると1回の走行で100kmなんて普通

だが100km超は30万超えの高額の電動アシスト自転車でも心配になる航続距離だ

電動の車と違い自転車は出先での充電がほとんど不可能  充電に時間もかかるし、知らぬ他人にコンセントを借りるなどハードルが高すぎる

それが走りながら充電でき航続距離が大幅に伸びるのはとても心強い

TB1eはカタログ値では自分の乗っているリアルストリームより40%も伸びる値

そしてなにより価格が安い

30万超えが普通のような高級な E-Bike ばかり発売されているが、

30万なんてカーボンロードバイクか125ccのバイクの値段だ

ところがTB1e は10万円台前半 普通の電動アシスト自転車の値段だ

リアルストリームより安いのだ

自転車が趣味の自分でも電動アシストに30万は躊躇する

リアルストリームが壊れたらこれを買いたいが国産メーカーの耐久性のある自転車なのでまだまだ先になりそうだ

Pocket

コロナと自転車 ~長い闘い~

Pocket

自転車に乗っている限りコロナの影響はほぼというか、まず無い

でも気を付けなければならないこともある

以下は自分のコロナ対策である

サイクリングのコースは郊外 できるだけ人の少ないところ

空気感染は無いといわれているがやはり街中での走行は気を付けた方がいい、散歩中の人がすれ違いざまにクシャミや咳をする可能性はある

飛沫を浴びないためにも適度な距離を取ってすれ違うように気を付ける

街中など人が多いところは自転車でもマスクをするのが賢明かもしれない

自転車を電車に乗せて遠くに行く輪行というものがある。自分も年に数回は輪行をする

電車は密集空間なのでリスクあり 自分はワクチンができるまで輪行をしないことにする

長距離サイクリングでは食事(補給)をしなければ走れない

レストランはできるだけ避ける、人が少ない時間帯に利用する手もあるが、接触感染のリスクはある できるだけ利用しないのが賢明か

残るはコンビニなどになるが、コンビニに入るのにマスクをしたほうが良いか悩む 

密閉空間かつ不特定多数が利用するので短時間とはいえ危険だ

つい最近だがちょっとくらいだからいいだろうと思いマスク無しでコンビニに入ったが、出る客がすれ違いざまに咳き込んだのだ、当然咳エチケットなど気にせず咳をしていた

このご時世なのでとても気分が悪かった

今は短時間のコンビニでもマスクをするようにしている。

自転車用サングラスにマスクはかなり怪しい 近視のため度付きサングラスをしているので外すわけにはいかない

コンビニにマスクにサングラスでは通報レベルだが、最近は珍しい恰好でもないらしい

出入りは自動ドアならよいが、手動のドアも結構多いドアは当然手で触らない、自転車に乗るならできるだけ触ってはいけない

なぜなら自転車に乗っていると汗をかいたり、飛んできた虫やゴミを払ったり顔を触ることが多いから

まあトイレもあるし、ドリンクは扉式の店もあるので、できるだけで

ドアは肘か肩で押す、もし触ったらアルコール消毒必須

かなり神経質な内容だがこれくらい気にしないとダメだと思う

ところで気になるのは、、、

もし外国のように外出禁止などになればどうなるのか、、

まあその時に考えよう、、

Pocket

コロナと自粛とサイクリング

Pocket

もうすぐ4月なのにコロナの猛威がすごい

都会は外出の自粛推奨 今のところ強制ではない

オリンピックも先送り 先送りの2021でも大丈夫かと思う

自分は田舎住まいだが、もはやどこに感染者がいるか分からない状況

随分前からだが、自転車が趣味になってジムやプールにはほとんど行っていない、ジムは密閉空間かつ機器からの間接接触が濃厚なのでリスクが高いといわれているので今となっては止めていて正解だった

機器に付いた汗を手ぬぐいで拭いたくらいではウイルスを塗り広げるだけだろうし

今年一度だけ雨で自転車に乗れないときにジムに行ったが、やはり不特定多数の人が汗をかきながら触れる機器などは抵抗を感じたが間違いではなかった

その時コロナは海の向こうの話だったのだが、今だと恐ろしささえ感じる

 

コロナはいずれ収まるだろうが、自分はジムに行くことはもうないだろう

このブログを書いているタイムリーな時に温浴施設で感染が広がったニュースが流れている、温泉は好きなのにどうしようか、、

お湯から?それともロッカーや休憩室の椅子から?

気にしだしたらきりがない ストレスで抵抗力が落ちたら困るのでこれくらいにしとこう

まあ自転車に乗っていればコロナに感染するリスクはない、そもそも屋外なので空気は新鮮、自分はソロだがグループでも常に空気が流れ会話による他人の飛沫を浴びることもない

先が見えない状況だが、少なくとも自転車による運動はリスクなく続けられそうだ

Pocket

今年最初のメンテはプーリー交換

Pocket

昨年から気になっていたディレイラーのプーリー

プーリーとは変速機についている小さな歯車 2個

自分のディレイラーはシマノの105

気になっていたのに なかなか交換しなかったのは大径プーリーやシマノの上位品(DURA-ACE等)、その他アルミなどの金属プーリーが気になったから

ちなみにシマノ純正品は安い

105の純正品で1000円少々

こちらの上位品が人気で気になった アマゾンで3000円少々

シマノ テンション&ガイドプーリーセット RD-9000/9070 Y5Y898060

105の3倍の値段だが高くはない だから どうせ交換するならと考える人が多いのだろう

でも結局元と同じ105のプーリーにした

なぜならレビューを読む限り劇的な変化はなさそうだからだ

5000円もだせば新品のディレイラーを買える事もあるし、そもそも自分はポタリング専門だ

数万円もするビッグプーリーなども無用の長物

まあ純正品以外を使うことによる細かい調整やトラブルを避けたかった理由もある

さて交換作業は簡単

六角レンチ一本でできる 作業レベルは超簡単

写真を撮って説明するほどでもない

テンションプーリーの回転方向に気を付けるくらいだ

さて

交換後のプーリーはどの程度劣化しただろうか

使用距離はポタリングが主で約10000km以上

新品と比較すると結構刃先が削れていた

新品のプーリー 当然だが綺麗

古いガイドプーリー

古いテンションプーリー

特にテンションプーリーの削れが目立っていた かなり丸くなっている

金属のチェーンでも2回交換しているので高速回転するプーリーの交換はもっと早めが良いかもしれない

まあトラブルが起こる前に交換できたので良しとしよう

Pocket