ブログ

今年最初のメンテはプーリー交換

Pocket

昨年から気になっていたディレイラーのプーリー

プーリーとは変速機についている小さな歯車 2個

自分のディレイラーはシマノの105

気になっていたのに なかなか交換しなかったのは大径プーリーやシマノの上位品(DURA-ACE等)、その他アルミなどの金属プーリーが気になったから

ちなみにシマノ純正品は安い

105の純正品で1000円少々

こちらの上位品が人気で気になった アマゾンで3000円少々

シマノ テンション&ガイドプーリーセット RD-9000/9070 Y5Y898060

105の3倍の値段だが高くはない だから どうせ交換するならと考える人が多いのだろう

でも結局元と同じ105のプーリーにした

なぜならレビューを読む限り劇的な変化はなさそうだからだ

5000円もだせば新品のディレイラーを買える事もあるし、そもそも自分はポタリング専門だ

数万円もするビッグプーリーなども無用の長物

まあ純正品以外を使うことによる細かい調整やトラブルを避けたかった理由もある

さて交換作業は簡単

六角レンチ一本でできる 作業レベルは超簡単

写真を撮って説明するほどでもない

テンションプーリーの回転方向に気を付けるくらいだ

さて

交換後のプーリーはどの程度劣化しただろうか

使用距離はポタリングが主で約10000km以上

新品と比較すると結構刃先が削れていた

新品のプーリー 当然だが綺麗

古いガイドプーリー

古いテンションプーリー

特にテンションプーリーの削れが目立っていた かなり丸くなっている

金属のチェーンでも2回交換しているので高速回転するプーリーの交換はもっと早めが良いかもしれない

まあトラブルが起こる前に交換できたので良しとしよう

Pocket

冬の自転車 シールド付きヘルメット

Pocket

虫や埃除けに便利そうだと思い5月に買ったシールド付きヘルメット

虫のいない冬にも便利だった

それは冬の冷気から顔を守ってくれる

オートバイのシールドに比べ小さなシールドだが、これがあるのと無いのとでは大きな違いがある

顔に当たる冷たい風が大幅に軽減

そして目の涙が出にくい 冷風が目に当たると涙が出てくるが、これも大幅に軽減

スポンサーリンク

心配なのはシールドの曇りだが、ほぼ無い

信号の停車中などに体の熱気で曇りかけることが時々あったが僅かだ、そもそも走りだせばすぐ解消

口元が覆われてないので息からの曇りもない

春夏秋の虫よけ、埃よけで買ったが冬にも大活躍だ

ちなみに購入時の記事にも書いたがシールドが不要な時は上下逆にメットに取り付け 荷物になることはない 

価格も日本メーカーKABUTOのヘルメットお手頃なので助かる

Pocket

マグネット充電ケーブルが便利すぎる

Pocket

マグネット充電ケーブル 以前から気になっていた

USBケーブルの接続にマグネットのコネクタを介して簡単に接続できるもの

これだけで

充電の差込口を探す手間が大幅に削減 

老眼で差込口がピンボケでもある程度近づけると磁力でコネクタの接続ができる

マイクロUSBの表裏を気にしなくてもいい

差込口の保護になる

等々

これ本当に便利

自分は自転車に乗るときサイコン、スマホ、ライト等USB充電が必要な機器があってロングライドの時は充電が必須

しかもライトとサイコンはマイクロUSB

スマホはタイプCとケーブルも2種類必要

それがマグネットケーブルを介することで接続が楽になった上に、ケーブルも一本で大助かり

欠点といえば

コネクタを挿していると蓋ができず防水ができないこと まあ自分は雨の時は基本的に自転車に乗らないので問題なし

突然の雨の時は端子を外して蓋をすればよいだけ

ちなみに自分のサイコンはガーミンの820 6時間くらいを過ぎると充電の警告が出てくるのでロングライドでは充電必須

コネクタを差し込むとこんな感じ

ゴムの蓋は浮くけど埃などは防げる

ライトはこんな感じ

小型のライトだがすぐ充電できるのでロングライドも安心、大容量の重いライトは不要、そもそも夜に長時間走らないけど、、

磁力は十分 自転車の走行の振動で外れることは無かった

モバイルバッテリーはハンドル横のサイクルポーチに入れ、ケーブルの長さは30cmで丁度良かった ケーブル長は数種あるのでモバイルバッテリーを置く場所で変えればよいだろう

スポンサーリンク
Pocket

自転車の防寒防風 つま先カバー

Pocket

前回に続き今回も 自転車の冬対策の内容

自分はサイクルシューズのカバーは勝手の良さからつま先だけのカバーを使ってる

寒さに応じて前回買ったインナーソックスやカイロを使う

これで防寒性については十分だ

ただ欠点が一つだけある

靴底が布なので破れやすい

まあ破れやすいのはフルカバーの物でもおなじだろう

なんせ布だから

ワンシーズン使えばかなりダメージがくる

とても数千円もするものは買えない

1000円程度ならワンシーズン持てば良いのかな、まあ安いに越したことはないし、できれば長く使いたい

今のカバーは2シーズン使って破れが出てきた、

そろそろ新品を買わないといけない

楽天で検索しているとロックブロスのシューズカバーが安く売られていたので買ってみた

 

 

お試し価格で安いので一度買おうとしたら売り切れだったが、再入荷でなんとか買えた

800円以下のカバーにしては品質はかなり良さそうだ。

まあ通常の価格なら普通かもしれないが

靴底の補強、ベルクロでの調整 布の厚みなど なかなか良い

特に靴底は破れに強そうだ

今のカバーの予備として買ったのでまだ使ってないが、780円は安いので、この価格で買えるうちにもう一つ買おうかな

Pocket

自転車 今年の冬対策 足編

Pocket



今年も寒くなってきた
冬のサイクリングは好きだが手と足の寒さは嫌だ

手はスキー、スノボ用のグローブ シフターなど少々操作しづらいが、保温は抜群 ポタリングメインなので問題なし ヒルクライムなどでは暑すぎる

足はつま先だけの防風カバーを利用している 雨の日は乗らないのでこれで十分

ただ平地メインならつま先だけのカバーで良いが、長いダウンヒルだと足先が冷えてくる

足先(足の指)の冷えはいったん冷えるとなかなか元に戻らない(自分の場合)
手なら、擦り合わせたり、温かい飲み物をカイロ代わりにして復帰しやすい

簡単に温めることができない足はできるだけ冷やしたくない

足先だけの問題なので足をすべて覆うフルカバーを買っても足先の冷えは同じだろう

コスパ優先でサランラップを巻くとか考えたが検索しているといいものがあったので早速買ってみた

足先だけの靴下

普通のソックスの下にこれを履く なかなか良さそうだ

靴下の二重履きみたいだが、必要な所だけ二重にできるのがよい
コスパも最高の500円台

履いてみた感じは個人の感想になるが
まず薄い まあ普段売られている靴下と同じ よって靴が窮屈になることはなかった
気温5度から10度でダウンヒルを含め100km走ったが足先の冷えはなかった
まあ冬本番はこれからなので0度前後でどうなるかは今後の検証というところ

Pocket


ミニベロ このパーツで劇的に良くなった

Pocket

やっとパーツが到着

アマゾンで買いましたが、発送が中国からなので待たされました

前々回に書いたミニベロのパーツです

上記記事の その2 ということで

メインはトグス?という名前のパーツでメジャーになりつつあるようですが、自分が買ったのはそれに似たような商品 もちろん格安です

エルゴンタイプのグリップも効果は高いですが、いままであるようでなかったパーツ

さっそく取り付けた画像

この赤いのがそれ

なんでもないパーツのようですが これがあると手の負担が大幅に軽減されます

フラットバーハンドルでもハンドルを握るポジションに変化がでて長距離も楽ちん

中々のアイデア商品

本家のトグスは少々高めですがその価値ありそうです 

そしてミニベロのステム延長

数センチの延長で体が相当に楽になりました

今回のプチ改造は取り付け簡単、費用対効果は過去最高

いい買い物をしました 

Pocket

今度の異音はチェーンだった 即交換

Pocket

ロードバイクでポタリング中 足元から異音が、、

自転車の異音 とても気になる

しかも場所が特定しにくい

でも今回はすぐ場所を特定 チェーンだ!

薄い鉄板のチェッカーで測ると交換しなければいけない程伸びてないようだ

しかしチェーンからの異音に間違いない ディレイラーの不具合かも?

チェーンは前回交換から2年 目安の5000km以上は軽く超えている 

ここはいろいろ考えずに交換します

チェーンを交換して異音が止まらないようならディレイラーの交換を検討

チェーンはデュラで4000円くらい ディレイラーは105で5000円くらい

チェーン交換で異音が収まった。回転もスムーズになったのでやはりチェーンの寿命のようだった

後で分かったが、チェーンチェッカーは1.0と0.75の数字が刻まれているものが多い でも11速は0.5の伸びが交換の目安と書いてあるものがあった

0.5の伸びが測れるチェッカーで測ると伸びていたのかも

高いものではないから買おうかな?

PARKTOOL(パークツール) チェーンインジケーター 測定値:伸び0.5/0.75% CC-3.2

まあチェーンは消耗品なので自分の場合1年に一回くらい交換すればトラブル防止になって良いかもしれない

ちなみに今回交換したのはデュラのピンで結合するチェーンでした

Pocket

半年ぶりのミニベロ 窮屈で手が痛い その1

Pocket

ママチャリからロードまで用途と気分で使い分けてますが以前はメインだったミニベロでしたが今は一番乗る頻度が少ない

最近はロードがメイン サイズがワンサイズで万人向けのミニベロは自分にはやや窮屈 久しぶりに乗ると良くわかる

そこで、予算をできるだけかけずに改良を考える

色々と手を入れてこれ以上予算を投資するつもりはなかったのですが、低予算でできるだけ改良を検討します

問題点はハンドルとサドルが近すぎて窮屈 

ロードに慣れると特に狭く感じる

ステムを長くするしかない

そもそもこの自転車にステムと呼べるものがほぼないので付け足す

ロードのステムと違って特殊なため高価

アマゾンで低価格ミニベロ用のステムを発見したので注文

アマゾン様様だ

でも中国からの発送なのでしばらく時間がかかりそう

そして手の痛み対策のバーエンド、

バーエンドと言っても、グリップの外側でなく内側につける角みたいな小さなパーツ 

トグス(TOGS) フレックス クローズクランプ 樹脂製 グリップ内側取り付けスティック ブラック

これはフラットバー用のアイデア商品だと思う

上記の高価?な物ならすぐ手に入りますが、価格に納得できず類似品を探す

同じくアマゾンで格安品を見つけたが中国からの発送で時間がかかる

たぶん効果は同じような物だと思いますが、まだ現物を見てないので何とも言えず

続きは商品が届き取り付けが完了してからになります

Pocket

ママチャリの鍵失くした 鍵の交換

Pocket

10年以上前から活躍しているママチャリ 実用性はロードバイクの比ではありません

ところがついに鍵を失くしてしまった

予備の鍵も既に紛失 これは交換しかあるまい

交換は簡単ドライバーで簡単に外せる

ただし、これは開錠状態の場合

施錠されている鍵を外すには、合鍵で開けるか、切断するしかない

金鋸でギコギコ切断しようと考えましたが、その前にネットで検索

いろんな方法があるみたいで、それによると身近にある物で簡単に開錠できてた

自分も真似をして試してみると5分もかからず開錠

とてもありがたいが防犯を考えると複雑な気分

今回の経験で安物自転車についている鍵は無いも同然と理解

自転車の二重ロックの大切さの意味がよくわかる

そして新しい鍵は押しボタン式にした 

GORIN(ゴリン) ボタン式リング錠 GR-500 K

鍵の紛失防止のためと防犯のため

押しボタン式の鍵も万能ではないようだが、安いママチャリに付いている鍵よりは良いと判断

安いし取り付け簡単、元の鍵の撤去と取り付けで10分もかからない

押しボタンは暗証番号を忘れたら困るので最初に番号をスマホで撮影 (自分で番号を設定できない)

あと長時間駐輪は面倒でも二重ロックがよいでしょう

Pocket

自転車のワイヤーカッター 新調

Pocket

数年使ったワイヤーカッターの使い切れ味が悪くなったので買い替えです 

自転車のワイヤー交換 それほど技術や経験がなくてもできる自転車のメンテナンス

この作業だけでも自分すればメンテナンスのコストは大幅に下がります

でもワイヤーカッターだけは専用品を用意したほうがいいです

まあ工具箱に入っているペンチやニッパーでも切れますが、それとは切断面の形状、切れ味がまるで違います

経験上、ニッパーなどで切った場合、高い確率でほつれます

今回はPWTのワイヤーカッターを買いました

アマゾンでも楽天でも最安1000円台でした

PWT PCT-02 ワイヤーカッター 自転車用

1000円台でも数種類のワイヤーカッターがありますが、このPWTのワイヤーカッターを買ったのはこの突起があるから

知っている人には今更な説明ですがワイヤーはアウターとインナーがあります。アウターは外側のサヤみたいなもので筒状です、これを切断するとき穴が潰れます。

この突起はつぶれた穴を整形できます

ちょっとした機能ですけど便利ですよね

アウターワイヤーはインナーに比べ交換頻度が少ないですが、これで少し楽になりそうです。

Pocket