ブログ

低価格カーボンホイールが気になる

Pocket

自転車を軽量化するなら?

体重が先だという信念は今でも同じ。

パーツ類の微々たる軽量化より自身の体を軽量化したほうが確実に効果はあります。

まあ低予算で趣味の自転車を楽しむための、いいわけみたいなものですが、、。

さて今回は久しぶりにホイールの話

自転車の足回りの軽量化が効果を一番体感しやすいのですが、レースをするわけでもないので費用対効果から考えると10万、20万もするホイールなんて、とても買えません。

ですが、中国か台湾のいわゆる中華カーボンホイールという存在を知ります。

まあ自分が知らなかっただけで随分前から使っている人は使っていたみたいですが、気になるのは品質。

中華カーボンホイールがいつから普及してきたかは分かりませんが、アマゾンにも多く売られています。

しかもレビューは予想に反して?高評価が並びます。

たとえばこれ

アイカン( ICAN )リム幅23mm 高38mm カーボンクリンチャー ホイールセット ロードバイク用 Sapimスポーク Novatec ハブ(as511sb/fs522sb)

多くのユーザーがいるようで、そのほとんどが高評価。

もしかして、とてもいいのか?

気になります。とても。

有名欧米メーカーの5万から10万のアルミホイールよりもよい印象を受けます。

少なくともプラシーボ効果以上の恩恵はありそう。

今ポチるかどうかとても悩んでます。安いといってもカーボンなんで5万前後の価格はするようですから。

購入したら続きを書きたいと思います。

Pocket

チェーンの交換 105からDURA-ACEへ

Pocket

久しぶりにチェーンの交換です。

ところでチェーンの交換はどのくらいで?

検索すると3000km~5000kmくらいで交換する人が多いようです。

実は自分は10000km以上は走ってますが、不具合は全くないので、交換が伸び伸びになってました。

たぶん今回交換せずともまだまだ走れたと思いますが、サイクリング中のトラブル回避のための予防的な交換です。

さて、せっかく交換ならグレードの良いチェーンを選びたい。なぜなら価格が安いから。

今回は105グレードからDURA-ACEにしました。

説明するまでもなくDURA-ACEは天下のシマノの最上位グレードです。1000~2000円位の差なら迷わずDURAを選びます。

HG-X11というチェーン

 

 

中身はチェーン本体とピンが2本。ピンは当然1本しか使いません。サイクリング中にチェーンが切れた時のために携帯工具と一緒に持っていれば安心です。

さて交換作業の開始

古いチェーンを切ります。切るといっても作業としてはピンを抜きます。専用工具のチェーン切が必要です。数百円で買えます。

ハンドルをクルクル あっという間にピンが抜けます。後はチェーンを外すだけ。

スポンサーリンク

チェーンのコマ数は古いチェーンと同じ。特別なことが無ければコマ数を変える必要はないと思います。

新しいチェーンをディレイラーに通します。ここは絶対間違えないように。

 

フロントのチェーンリングにも通して

ピンでとめる。

再び専用工具のチェーン切でピンを押し込む

飛び出たアンプルをペンチでポキン

完了 とても簡単。

初心者でも簡単にできる作業です。

ところでDURA-ACEのチェーンの違いは?

見かけに関してはDURA-ACEはピンに穴が開いてます。軽量化のため?

他にも細かい違いはあると思いますが、ぱっと見の違いは穴だけですね。

ちなみにアンプルピンに穴はありません。

交換前後のチェーン↓

さて肝心の走行性能はどうか?

音は静かになりました。

期待したいのは音よりも走行性能の向上。

いきなり峠に持っていき15キロダラダラの上りタイムを計測。

結果は?

大幅タイム短縮と言いたいところですが、交換前と同じタイムでした。体調もありますが、交換した直後でまだチェーンが馴染んでないせいだと思います。馴染んでまたチャレンジしたいと思います。

Pocket

サイクリングの獲得標高のおはなし

Pocket

サイクリングで走行ログを記録している人も多いと思います。

後で見返すと楽しいし、モチベーションにもなります。

サイクリングで主に記録しているのは走行距離と獲得標高。

この二つの記録をみればどんな走行をしたか大体理解できます。

走行距離に関してはGPSだったり車輪に付けたセンサーでかなり正確にログを残せますが、獲得標高はかなり?です。

あくまで私見ですが結論からいうと

気圧センサーのないサイコンの獲得標高は全くダメだということ 

近頃はスマホのサイコンアプリでも獲得標高が記録できますがこれも同じ。

スマホのサイコンアプリの獲得標高が異常に高く記録されるのは以前も書きましたが、

今回は気圧センサーの付いたガーミンのサイコンGPSのみで獲得標高を記録するサイコンで記録、比較しました。

自転車にサイコンを2つ付け、標高800mと1100mの峠越えのサイクリングで記録してみました。

頭の中の計算では海抜0から800mの上り、500m下って600m上る行程

これだけで1400m+途中のアップダウンが200m程度と考え

1600m程度の獲得標高を期待します。

 

そして走行が終了

 

二つのサイコンの記録ではどうだったでしょう。

 

気圧センサーの付いたガーミンのサイコンの表示

1770m

大体の予想とおりです。さすがガーミン信頼できる数字を出してくれます。

さてGPSデータのみのサイコンでは

3574m

もはや誤差とかいう範囲ではございません。

スマホアプリのサイコンもほとんどがGPSデータのみで標高を記録しているので過大な数値が出ていると思います。

2000mとか3000mの獲得標高は素人ではかなりきついと思いますが、GPS記録のみのサイコン、またはパソコンでルートを引く机上の計算だけならば過大表示を疑う余地ありです。

獲得標高をキチンと記録したいなら気圧センサーの付いたサイコンを使った方が賢明です。ただ高価ですけどね。

ところでガーミンの最新機種が出ましたが んー かなり悩みます。

ガーミン1000シリーズの1030J

画面大きいし、地図もあるし 、、、。

 

 

 

 

スポンサーリンク
Pocket

小径車 ウルトラライト7(ULTRA LIGHT 7)に変速機が付いた!!

Pocket

高級ロードバイク並みに軽量な折り畳み自転車 ウルトラライト7(ULTRA LIGHT 7) 軽くて小さくてとても欲しい自転車ですが遂に変速機が付きました。

欲しい自転車がありすぎてこれでさらに悩みます。

知らない人も多いと思うので一応書いておきますが、一般的な低価格小径車は意外と重くコンパクトに折り畳めても持ち上げるのはけっこう堪えます。

自分も10キロ超のミニベロを持ってますが、折り畳めてもあちこち持ち運ぶ気にはなれません。車載したり、輪行する時、駅構内を持ち歩く程度ですね。

重量7キロ台のウルトラライト7が出た時は軽さに衝撃でした。(ショップで実感)

自転車で1キロの重さ軽さは数値以上に持っても乗っても感じます。

そして

いつか出ればと思ってましたが、ウルトラライト7(ULTRA LIGHT 7)のギア付きが発売。

3速ギアで重量は7.8kg。

シングルギアは7.4kgだったので当然それよりも重くはなります。

若干重くはなりますがギア付きのメリットは大きいでしょう。

平地ではより速く、坂道では楽になるので行動範囲が大きく広がります。

軽量、コンパクトなので気軽に輪行できる自転車の魅力は大きい。

アマゾンで限定カラーも発売されているようです。

自分はブルーがお気に入り。

ULTRA LIGHT 7 Limited Edition(AL-FDB143) ブルー 特別仕様車 外装3段 超軽量7.8kg 超小型 14インチ 折りたたみ自転車 最軽量クラスモデル登場

 

実勢価格でシングルギアモデルとの価格差があるのが気になりますが、時間が経過すれば落ち着くかかな?

 

Pocket

ヘルメットを買い替えた OGK KABUTO REZZA XXL

Pocket

今回買い替えたヘルメットはOGK KABUTOのREZZA それまで使っていたのは同じくKABUTOのLEFFです。

頭が大きい上にサイクルキャップを常に被るのでどうしても大きいサイズのヘルメットが必要です。

KABUTOのヘルメットは日本人の頭の形状に合っている上に大きいサイズもあるので助かります。

自分は典型的な日本人の形状、欧州の頭の形状とは明らかに違うのでデザインだけで欧州メーカーのヘルメットを買うと明らかに違和感があります。

さて、ヘルメットは定期的に買い替えた方がいいと聞きます(今のヘルメットは2年くらい)が、自分の本音は色を変えたかった事。

本当はLEFF(レフ)が気に入っていたのでLEFF(レフ)の色違いを買おうと思っていたのですがKABUTOのラインアップから消えている。

しかし、REZZAがラインアップに加わり、価格も同程度。たぶん後継?

さてこのREZZA、相当にバージョンアップしてます。

デザインがコンパクトになっている。(キノコ頭になりにくい)

さらに重量が軽量に。これは持った瞬間に感じる。これは一部の上位モデルよりも軽いくらいです。

さらに価格はLEFFと同程度

一部の店では在庫のLEFFもありましたが当然、新しいREZZAを買います。

 

コンパクトになっているので自分の頭に入るか心配でしたが、無用な心配でした。キャップの上からでもピッタリです。

さらに軽い。LEFFも軽かったですが、さらに軽い。

この価格で、デザインと軽さが両立しているのはすばらしいです。

 

Pocket

自転車の利用で車を使う頻度が激減 車のバッテリー上がりに悩む

Pocket

趣味はもちろん、日常の移動手段としても自転車は大活躍してます。

おかげで車の利用は激減、車が必要な時はレンタカーでもよさそうですが、田舎に住住んでるので、やはりいざという時には必要でもあります。

今日1週間ぶりに乗ろうとしたらエンジンがかからない。

いやそれより前にドアのカギが開かない。

リモコンも機能せず鍵穴で開錠する始末。

これがバッテリーの突然死?っていうやつ?

先週は普通だったのにいきなりリモコンも受け付けないほど電圧が落ちるなんて。

まだ交換して1年ほどのバッテリーなので充電をサボっていたせいもあります。1週間に一度くらいの利用では新しいバッテリーも過酷なようです。

まあとにかくバッテリーが弱ってエンジンがかからないときはジャンプスターターが手っ取り早い。今まで数回助けられました。

今持っているデカくて重いジャンプスターターも古くなってきたので新しいジャンプスターターを買うことにしました。

ネットショップを検索してビックリ

今のジャンプスターターは小さいものでスマホの携帯バッテリーなみに小さくなている。当然スマホにも充電できる。しかも価格も安い。

ほとんどがリチウムイオンバッテリーでブロックみたいに重たくてデカい鉛バッテリーのスターターは時代遅れと化している。

自転車しか興味がないですが、カー用品も日進月歩がすごいです。浦島太郎の気分。

とりあえず楽天で一番安かったこれを買いました。小さいので普段はモバイルバッテリーとして使えそう。

 

 

Pocket

サイクリングと蜂とポイズンリムーバー

Pocket

秋の気配が漂う熊本の山中をサイクリング 休憩中に足に激痛が、、。

瞬間に視線に入った物は蜂。アシナガ蜂だと思う。その場からすぐ離れ、2度目の攻撃は無かったですがものすごい激痛。

口で毒を吸い出し、ボトルの水で洗いましたが、効果は?でした。本当は口で吸いだすはダメだそうです。

蜂から刺されたのは人生2回目。用心していても威嚇も無く奇襲されたらどうしようもないです。

2回目はアナフィラキシーショックの確率が高く危ないといわれてますが、自分は大丈夫でした。1回目がミツバチだったせいか分かりませんが、、。

とにかく刺された場所が携帯の電波も通じない山中だし、ソロサイクリングだし危ないところでした。でも激痛はかなりのもの。

よく考えるとペラペラのサイクリングジャージは外敵にとても弱い、蜂に限らずアブ、蛇など危険な外敵からは無防備です。

そこで今回購入したのはこれ

 

ポイズンリムーバー

 

ポイズンリムーバーはテレビで蜂ハンターが使っていたいたのを覚えていて、今回の件で思い出し購入しました。

機能は名前のとおり、毒を取り除きます。

注射器の構造で、

刺された箇所にポイズンリムーバーの先端を当て、ピストンを引くことで体内に入った毒を引き抜く構造。

使う頻度はパンク修理道具よりも少ないでしょうが、当然サイクリング以外の日常でも使えるし、安いし、軽い、万が一のお守り代わりです。

毒を早期に抜くことは、その後の症状の悪化のリスクを軽減できます。

痛みはともかく、携帯も通じないところでアナフィラキシーになったら命も危ないので春から秋までは携帯工具と一緒に持ち歩きです。

今回は熊本の山中 五木村というところからアポロ峠という変な名前の峠に足の激痛を堪えながら登りました。

足を動かしていると痛みはあまり感じず止まると痛い。蜂毒が体に早く回って悪そうでしたが目的地まで無地に行けました。

標高1000m以上 でも天気が悪い。

 

 

Pocket

自転車のお尻の痛み どれだけ快適になるか(セラSMP編)

Pocket

自転車のサドル 今までいくつ買っただろう、、。

過去の記事にも書いてますが高価なサドルをいくつも買う経済力はないので標準搭載のサドルか1000円以下から3000円台くらいのサドルを使ってきて、いまのところほぼ満足してました。

ですが、安いサドルはデザインと品質がそれなりというのも事実。

まあ自分のお尻に合えば格安サドルで問題ないのですが、有名メーカのサドルを試してみたく今回チャレンジしました。

白羽の矢を立てたのはセラSMP(SELLE SMP)のサドル

個人的にデザインが気に入ったのとお尻にやさしいと定評があるサドルです。

セラSMP(SELLE SMP)のサドルの形状は他のサドルに比べけっこう独特です。

もし自分のお尻に合わなかったら困るので最初にセラSMPのサドルに似た形状の安いサドルで試してみます。それがGORIXのサドル一見ほぼセラSMP?(比較写真は↓の方にあります)

このサドルでしっくりくれば本家本元のセラSMP(SELLE SMP)のサドルを購入しようという目論見。GORIXの価格は約3000円 合わなければ諦めがつく価格です。

さて結果は?、、、結構合います。3か月使用し、セラSMPのサドルを買いました。

それがこれ
SELLE SMP(セラSMP) EXTRA(エクストラ) サドル ブラック ニューモデル

もっと高価なサドルもありますが自分にはこれが限界。

MADE IN ITALYがカッコいい。

GORIXのサドルと比較

やや肉厚のあるモデルです。当然ですがもっと軽量でレーシーなものもあります。自分はコンフォート重視。

まず最初に100キロライドの感想。

最初の10キロで高さと角度を合わせます。2回ほど停車してしっくりくる位置に合わせます。

位置が決まると快適です。セラSMPのサドルの中でも肉厚のあるモデルなのでショックもかなり吸収してくれます。なかなかいい感じ。

今まで100キロ以上走るとお尻に違和感が出てきたのですが、今回は初めての使用ですが違和感がありません。乗り慣れればさらに良くなるでしょう。期待大です。

格安サドルばかり追い続けてきましたが、少し考えが変わりました。

GORIXのサドルも安い割にはいい品質でした。レールに少し錆が出ましたが、もったいないのでミニベロに移植します。

 

 

Pocket

自転車の後方確認に便利なグッズ アームミラーの感想

Pocket

自転車の後方確認って結構難しいです。しっかり後方確認するには首を大きく振らなければならないし、その場合自転車の直進性が失われバランスも崩しやすい。

対策品が数多く売られているので問題を抱えている人も多いと感じます。

さてその後方確認の対策品は車と同じで当然ミラータイプが主流。

以前紹介したガーミンのような電子的なものもありますが、費用的に余裕がない自分は厳しいです。

ミラータイプは低価格です。自分も多くの自転車用ミラーを買いましたがデザインと機能が両立するものが少ないですね。

ママチャリなら100円ショップのミラーでも十分ですがロードバイクなどスポーツサイクルには付ける気がしません。

スポーツサイクル用は小型でデザインは良いのですがミラーが小さすぎて無いよりはましな程度。

しかもロードバイクのようにブラケットを持ったり、下ハンを持ったり、乗車スタイルを変えるとミラーの角度が変わってまったく見えなかったり、、。

さて今回入手したのは自転車の車体に付けるミラーでなく腕に付けるミラー。

アームミラーです。

ヘルメットに付けるミラーは見たことがありますが腕に付けるアームミラーは初めて見るので買ってみました。何か良いミラーが無いかと検索して見つけたものです。

アームミラーはアマゾンで数種類見つけました。意外といい値段。お試しなので当然安い方を買いました。

アームミラー 自転車 ロードバイク クロスバイク リスト装着(腕に装着するタイプの画期的なバックミラー)

アームミラー リスト装着タイプのバックミラー BackEye サイクリング等後方確認に便利

さて早速装着。

ベルクロで腕に巻きつけますが違和感はないですね。手袋の締め付けと同じ感触。

緩く付けても車体に付けるのと違いずれも少ない。少々ズレても腕の角度変えればすぐ見たい視界に替えられます。

残暑ある暑い日でしたが、暑くて付けられないこともない。

さて肝心の機能は?これが一番大事です。

とても見やすいです。

車体に付けて無いので振動の影響が少ないのもいい。

ロードバイクのブラケットを持った位置で調整しましたが、そのまま下ハンに移動しても見える。車体に固定式だとそうはいかない。

フラット部分ではブラケットと明らかに腕の角度が変わるので、これはダメでした。

それと曲面のミラーは広範囲が見えますが対象物が小さく見えるので注意が必要。

さてデザインは自分は全く問題ないと思いますがどうでしょうか?ちなみに必要ないときは折り畳んでしまえばリストバンドかサポーターのように見えます。

空気抵抗が気になるようなシビアな走りをする時は畳めば問題なし。自分はそんな走りはしないので展開したままです。コンビニなど立ち寄るときは畳みます。

さらに自転車に固定しないので複数台所有している自分はありがたい。ママチャリでも使います。

これで突然車に追い抜かれてヒヤッとすることも少なくなるでしょう。最近は静かな車が多いですから。

 

Pocket

自転車のお尻の痛みにシャーミークリーム?

Pocket

今回はシャーミークリームを体験してみました。

自転車、特にスポーツサドルの自転車に乗っているとお尻の痛みは多かれ少なかれ経験するはず、、。

ほとんどがサドルの形状による合う合わないの問題で解決すると思います。

しかしサドルが合っていても別の痛みの問題もあるようですね。

それが擦れというか簡単に言うと摩擦による痛み。

自分は今まで(数年間)擦れによる痛みは全くなかったんですが、あるレーサーパンツ(パッドが厚め)を新調した時にその痛みを経験しました。

パッドが自分のお尻に合っていなかったせいだと思いますが、とにかく擦れによる痛みは初めてです。

合わないサドルの変な圧迫も痛いですが、擦れによる痛みもかなりのもの。特に長距離ライドでは辛い。

そこでシャーミークリームなる物を体験してみることにしました。新調したレーパンももったいないので。

今回海外通販で安売りしてたのでそれを購入。今一つ使い方が判らなかったですが、調べるとレーパンのパッドに塗り込んでいたので自分も塗り込みました。

直接肌に付ける場合との違いはよく分かりませんが、レーパンに塗る方が簡単で衛生的?ですかね?

はたして効果は?

今回100キロ程走行しましたが確かに擦れによる痛みはありません。

効果は間違いなくありました。

ランナーとかは靴擦れ対策とかにも利用しているようです。

新調したレーパンも自分のお尻に馴染めば、塗らなくてよくなるかもしれませんが、しばらく使ってみようと思います。

 

Pocket