ブログ

電動アシスト自転車 外出先での充電

Pocket

猛暑で電動アシスト自転車ばかり乗ってます。

暑くても適度な運動量で長時間乗れるのが電動のよさ。健康のために自転車に乗っているのにロードバイクで熱中症にでもなったら大変ですからね。もういい年ですし、、。

さて、今回は表題のとおり、電動アシスト自転車の出先での充電。

最近の電動アシスト自転車は航続距離が長くなったとはいえ、100km超や山岳中心のサイクリングになると少々心配です。

有名芸能人なら見知らぬ家でもお願いすれば充電させてもらえるでしょうが、一般人ならまず無理。若いおねーさんなら分かりませんが、おっさんなら不審者扱いで間違いないでしょう。

充電代は10円位でしょうが、外出先での充電はハードルが高いものです。

そこで今回試してみたのがモバイルバッテリーからの充電です。

スマホを充電するために高性能のモバイルバッテリーを持ち歩く人も多いと思いますが、それより容量がさらに大きく100Vのコンセントを備えたバッテリーです。

いわゆるポータブル電源 1万円位から売ってます。

今回これを買いました。スマホやライトの充電にも使えます。

suaoki ポータブル電源 S270 40540mAh/150Wh 家庭用蓄電池 三つの充電方法 AC(150W) DC(180W) USB出力 急速充電QC3.0 車中泊 キャンプ アウトドア 防災グッズ 地震 停電時に 12ヶ月保証

自転車の充電以外にもいろんなところで使えそう。

電動アシスト自転車専用のバッテリーを予備としてもう一つ買うのが手っ取り早いですが、価格が高いし(3-4万円)、それ以外の目的に使えませんからね。

ということで、外出先で充電するにはモバイルバッテリー(ポータブル電源)の他に充電器も必要です。そしてそれらを収納するバッグも。

充電器が小さければいいのですが、大きいのがネック。

以前買ったリアバッグに入れると2/3くらいのスペースを食いました。

峠道のサイクリングでバッテリーを減らし、

峠の頂上の公園で充電を決行。

コーヒーをすすりながら充電の具合を監視。

今回は、充電前23%まで減っていたバッテリーが40分の充電で50%まで復活。

食事を兼ねた休憩の間に充電するのに丁度いい感じです。

バッテリーが50%まで復活するとその後の走行はかなり心強いです。

バッテリーが不足しそうな距離を走るときは、これを持ち出そうと思います。

涼しくなる秋までは電動アシスト生活は続くと思います。

 

Pocket

電動アシスト自転車 バッテリー消費の目安(自分の場合)

Pocket

電動アシスト自転車は便利ですが気になるのはバッテリーの消費量

平地メインならほとんど減らず無限の距離も走れそうな感じですが、坂が連続すると見る見るバッテリーの消費が激しくなります。これはとても気になります。

短距離の利用なら問題なしですが、長距離の走行では気になってしょうがありません。

自分はバッテリーの消費に目安を設けています。ほとんどの電動アシスト自転車にはバッテリーの残量が「%」で表示されると思います。

1%でどれくらい走れるか?

これが当初はとても分かりにくい。

当然、道路状況によって全然違います。下りなら無限、平坦、軽い上り、急こう配でまったく走行距離が変わってきます。

さらに速度、ギアの選択も大きく影響します。

残りの走行距離が大まかでも想定できれば長距離の出先でも安心です。

そもそも自転車や運転する人によって違いがあり、参考にしかならないと思いますが一応自分の目安を書きます。

スポンサーリンク

自分の場合はブリジストンのリアルストリームという自転車。説明書のエコモードで75km走行できると書いてあります。

走行モードは燃費のいいエコモードで設定。

平坦がメイン:1kmで1%の消費

やや坂が多い:1kmで2%の消費

5-10%以上の坂が連続する峠:1kmで4%の消費

上記の目安を組み合わせて走行距離を想定してサイクリングに出ます。

ただ、きつい坂が連続しても坂の頂上がゴールは別として、上ればノンアシストで下れるので平均の走行距離は伸びます。

初めて走行する道で想定より消費が激しい時も当然ありますが、その時は平坦はもちろん少々の坂でもアシストをオフにして距離を稼いでいます。

大体でも残りの走行距離が想定できると安心してサイクリングできます。

いままでいろんなところに電動アシストでサイクリングに行きましたが、残量0で途方にくれたことはありません。まあいざとなれば自力走行可能ですから。

 

Pocket

夏は電動アシスト自転車 でもバッテリーが心配

Pocket

異常な暑さが続く日々

梅雨明けが早くて良かったのですが、暑すぎ!

平地をタラタラ走っているだけでも汗が目に沁みます。

ロードで山に行きたいですが、この暑さでは命も危険。

でも自転車に乗りたい。

こんな時は電動アシストでしょう。

最近は30万も40万もする電動アシスト自転車が多く出てますが、自分のは実勢15万以下で買えるリアルストリーム。

 

 

30万も出すならバイクを買うぞと思いますが、価格の話はまた今度。

とにかく激坂でも気にせず無理せずどこでも行けます。ほんと電動アシストはすばらしい。

ただ本格サイクリングにはバッテリーが心配です。

本格サイクリングとは自分の場合最低でも100km以上。

休日は最低でも100kmは乗らないと走った気がしません。

 

平地がメインのサイクリングなら100kmなんて余裕ですが、本格的な峠越えになるとバッテリー少々心配になってきます。

予備のバッテリーを買うか、買わないか。バッテリーだけでも数万円するんで簡単に決断できない。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブリヂストン リチウムイオンバッテリー【C400】15.4Ah CENTER DRIVE用
価格:41040円(税込、送料無料) (2018/7/26時点)

 

電動自転車も出先で充電できると便利なんですが、、。

 

 

 

スポンサーリンク
Pocket

自転車(ロードバイク)のバックミラー

Pocket

久しぶりにバックミラー(自転車用)を新調しました。

今まで使っていたのは2つのタイプ

ゴムバンドでドロップハンドルの末端に付けるミラー

そして

腕に付けるミラー

それぞれ一長一短があります。

今回新調したのはドロップハンドルの末端に付けるもの。

腕に付けるのはこれからの季節暑いので使う気になれない。

ドロップハンドルの末端に付けるミラーは既に持っていますが、なぜ同じタイプを買ったのかというと、固定方法が少々違います。

今までのはゴムで付けるタイプ、新しく買ったのはハンドルの末端のパイプに差し込んでボルトで固定するのでガッチリ固定できるタイプ。

 

 

キャットアイのオーソドックスな物ですがこれがイイ。

似たような商品がたくさんありますが、さすがキャットアイ。

このガッチリ固定できるのが良いのです。

ゴムで固定するのは調整が大変です。そして肝心の後方視界がズレまくります。

走行中の振動もそうですが、ロードバイクを壁などに立てかけた時などにもズレます。

これがガッチリ固定できていると振動でズレにくい。壁や柱に立てかけるとズレるのですが再調整が楽。これがゴムだけの固定だとグニャグニャして調整イライラします。

さて肝心のミラーの視界はというと

適度な視界が確保されていて狭すぎず、広すぎず。

元々小さいミラーで広角過ぎると車が豆粒のように小さく映り、なにがなんだか分からなくなります。

今回のキャットアイのミラーはその視界の広さも丁度いい。

今のところデメリットはないですが、固定力が強い分、もしミラー側から倒れたらミラーの首のところに力が集中するので折れたり割れたりする可能性があります。できるだけハンドルからはみ出ないように設置すればリスクは減らせると思います。

 

 

 

 

Pocket

大型サドルバッグにフレームバッグを使ってみたが、、

Pocket

大型サドルバッグは数年前から

そして収納力がすばらしいので

昨年の夏から大型フレームバッグも導入

リュックを背負わなくても一泊や二泊の荷物もこれで十分です。

しかし、これ重いのです。

バッグ自体は軽いのですが、収納力が高いのでいろいろ突っ込んでしまいます。

せっかく収納力があるのに荷物を入れないのはもったいない?ので?ついつい いろんな物を入れてしまいます。

ほとんど使わない工具やカメラ、余分な補給食、予備のライトにバッテリー、輪行袋などなど。

それぞれは軽いですが荷物がまとまると重い。

軽さがメリットであるロードバイクがママチャリほどでないけど、安物のクロスバイク並みの重さ。

普段100キロ程度のサイクリングしかしないので、明らかに過剰装備。

ということで今回原点に戻り、一旦大型バッグを外すことにしました。

小型工具や、チューブ、ポンプなどは小型のサドルバッグまたはボトル型の小物入れで十分。

なんだか少しスッキリ。

便利なので付けっぱなしでしたが、大型バッグが必要なのは自分の場合年に数回なんですね。

自分はレースの部類のイベントは一切出ず、普段重さはそれほど気にする必要もないのですが、余計なものが無くなって少しスッキリしました。

 

 

Pocket

便利な自転車用 ハンドルポーチ 2個目購入

Pocket

最近使っている人が多くなってきた自転車用ハンドルポーチ

サイクリング、ポタリングに持って来いの収納グッズです。

自分の知る限りではこの種のポーチはR250、C3等2-3商品あるようです。

R250のポーチ↓↓ 形状はC3とほぼ同じ

 

価格はどれも3千円弱というところ。個人的にはもう少し安くてほしいかな。

今回購入したのはC3というポーチです。理由は下に書いてます。

アマゾンで買いました。

C3(サイクルキャンペイナーコープス) 自転車用ハンドルポーチ/ドリンクホルダー ステムサイドポーチ 

カメラや補給食、スマホ とにかくアクセスしやすい。自分は主にボトル入れとして使ってます。

フロントバッグみたいに存在感がなく見かけが抜群にいい。特にロードバイクではとても大事な条件。

ぶら下げるような設置なので入れたものへの衝撃が少ないのもいい。カメラやモバイルバッテリーにおすすめ。

ということで使用頻度が多く、ボトルなど重たいものを入れすぎたので1つ目のポーチはベルト部分が裂けてきたので2個目の購入となりました。

前回と同じ商品でもよかったのですが、先にも書きましたが今回選択したC3のポーチはこのベルト部分が強そうで長く使えそうなので選びました。

これくらいガッチリ縫い付けていれば千切れることはないでしょう。

ポーチの中はオレンジ色で入れた物の判別がしやすいのが〇。

ポタリングが主の自分には大活躍です。

あえてデメリットといえば

先にも書きましたが3千円弱は少々高い。

ボトルなど重たいものはダンシング(立漕ぎ)の時、揺れ感がある。

人によってはダンシングの時膝に触れる時がある。

 

 

Pocket

軽量輪行袋はやはり便利だ

Pocket

5月はやはりいい季節、じっとしているのがもったいない。

さっそく今日も行き当たりばったりのサイクリング

荷物にはなりますが念のため輪行袋も持参 これが本日のサイクリングで役立つことになります。

自分の輪行袋は軽量の物に買い替えたため重さは全く苦になりません。場所も背中のポケットでもサドルバッグでも余裕です。

大きくて重い輪行袋なら使うかわからないサイクリングには絶対持ち歩きませんが軽量輪行袋なら苦になりません。

200g台なので以前使っていた輪行袋の半分以下の重さ

 

 

 

さて本題サイクリングは50キロ走行位の場所で少々体調が良くないことに気づきます。走っていると回復すると思いきや100キロ走行位であまり足に力が入らなくなりました。

平地なら問題なしですが、坂ではインナーローで激遅。

最短距離で家に帰っても後50キロ以上あります。

元気ならなんて事の無い距離ですが今日は諦めます。

早速最寄りの駅を探し、輪行袋の出番です。

チャチャと分解して輪行袋に収納。熊本の1時間に1本の田舎のローカル線ですが助かりました。

ちなみに横置きなのでエンド金具は持ち歩きません。混雑する電車でもない限り縦置きする必要もありません。

軽量の輪行袋でもエンド金具が必要なら重さも荷物も増えてしまいますからね。

 

Pocket

久しぶりに見た 違法電動自転車 あー恐ろしい

Pocket

連休、天気もよくポタリング中

自分の横をペダルも漕がずに追い抜いていきました。

それは

違法電動自転車

20インチくらいのミニベロタイプでした。

 

何が違法かっていうと、ペダルを漕がずに進む完全に電動で動く自転車。

自分は時速20以上だったので時速30kmくらいは出ていたと思われます。

乗ったことが無いのでアクセルだけで時速何キロ出るのかは不明。

ペダルを漕ぐ電動アシスト自転車でも時速24kmまでです。それ以上の速度を出すには100%自力でペダルを回す必要があります。

そもそも違法電動自転車はペダルのアシストレベルが云々というレベルでなくアクセルが付いている。

原付としてナンバー登録、保険などに加入していれば問題なしですが、乗っている人は何を考えて乗っているのか?

今日見たのは完全に年寄りのおじいさんという感じでした。しかも結構飛ばしてる。

若者のスマホとイヤホンも問題ですが、違法電動自転車はお年寄りが多いように思います。

違法自転車で事故を起こせばどうなるのか?

自損事故なら己の責任ですが、他人を巻き込めば

自転車でないので自転車保険は使えず、そもそも違法自転車に乗る人は自転車保険なんぞに加入する考えもないでしょう

自賠責などは元々加入してないので使えず。

よくあんなリスクのある違法電動自転車に乗るなと思います。

あんな違法自転車に巻き込まれたならば被害者の方が悲惨です。

販売する店舗も未だにあるようで、乗っている人も、販売店も取り締まってほしいと思います。

自宅に広ーい庭でもあって、私有地内での利用なら問題なしですが、そんな人、ほぼいないでしょう。

Pocket

自転車にGoProとスマホを同時装着

Pocket

サイクリングでハンドルに付けると便利な物

サイコン
スマホ
動画用カメラ(goproまたはgoproもどき)ちなみに自分はgoproもどきです。

しかしこれらを取り付けるとハンドルが窮屈になります。

サイコンはともかくスマホやカメラは結構大きいので設置場所に悩みます。

スマホなんてポケットやバッグ類に入れてもいいのですが、やはり取り出すのが面倒だし、サイコンと同じようにハンドル周りで見れるのは便利です。

特にスマホのマップは最強です。

今回はgopro(類似品を含む)とスマホが同時装着できる便利な物を入手しました。

購入先はいつものアマゾン

 

GUB G-88オールインワン自転車電話+カメラ+懐中電灯ホルダーバイクハンドルバーGoPro YI SJCAMおよび3.5-6.2インチ携帯電話と懐中電灯に対応したアクションカメラマウント 

使ってみた感じはすごくいい

金属なのでガッチリ固定できます。

スマホホルダーはプラスチックやシリコンゴム製が多いですが、金属の固定力はやはり安心です。

スマホをホールドする部分は指で回せるネジがあり、ここでスマホを挟み込みます。

ここでの安定感もバッチリです。

実際に付けた感じは、こんな感じです。↓

 

スマホホルダーだけと考えても良い商品です。

 

gopro(もどき)はこんな感じです。

スマホホルダーの下にぶら下がるように設置なので邪魔にならず、かつカメラのアングルとしてもベストポジション。

取り付けも簡単。

価格は安いですが中国からの発送なので到着にやや時間がかかります。

ちなみにgoproを取り付ける部分はカメラ以外にライトホルダーにもなります。

 

Pocket

ついに買った低価格カーボンホイール 2000km超走って

Pocket

昨年(2017年)の秋に買った低価格カーボンホイール

軽さや振動吸収性の良さは過去の記事で書いた通りですが、、、

前回の記事↓↓

ついに買った低価格カーボンホイール 実走編

 

気になるのは耐久性?

5万円以上するホイールなので、決して安くはないですが 某有名なカーボンホイールに比べると激安なので気になります。

自分もここが一番気になりました。

 

さて今回は2000km以上走って何か変化が現れたかどうかですが

結論を先に言いますと

少なくとも自分のホイールに関しては まったく問題なし 快適です。

問題どころか、使えば使うほど これにして良かったと感じています。

変化があったところはブレーキ音ですかね これはシューが減っていくので使い始めのシューの音とは明らかに違っています。

ブレーキ音は使い始めの頃の方が好きだった気がします。

ただしブレーキの効きはさらに良くなりました。個人的にはアルミリムのブレーキと大差ありません。

コントロールもし易く、緊急時にはブラケットからでもタイヤロックするほど握れます。

雨の日には全く乗ってないので未だ不明です。

これから気温が上昇していくので、熱には注意していこうと思います。夏の暑さのダウンヒルはこれからの季節ですから。

乗り心地もいいし、いいホイールだと思います。

Pocket