コロナと自転車 ~長い闘い~

Pocket

自転車に乗っている限りコロナの影響はほぼというか、まず無い

でも気を付けなければならないこともある

以下は自分のコロナ対策である

サイクリングのコースは郊外 できるだけ人の少ないところ

空気感染は無いといわれているがやはり街中での走行は気を付けた方がいい、散歩中の人がすれ違いざまにクシャミや咳をする可能性はある

飛沫を浴びないためにも適度な距離を取ってすれ違うように気を付ける

街中など人が多いところは自転車でもマスクをするのが賢明かもしれない

自転車を電車に乗せて遠くに行く輪行というものがある。自分も年に数回は輪行をする

電車は密集空間なのでリスクあり 自分はワクチンができるまで輪行をしないことにする

長距離サイクリングでは食事(補給)をしなければ走れない

レストランはできるだけ避ける、人が少ない時間帯に利用する手もあるが、接触感染のリスクはある できるだけ利用しないのが賢明か

残るはコンビニなどになるが、コンビニに入るのにマスクをしたほうが良いか悩む 

密閉空間かつ不特定多数が利用するので短時間とはいえ危険だ

スポンサーリンク

つい最近だがちょっとくらいだからいいだろうと思いマスク無しでコンビニに入ったが、出る客がすれ違いざまに咳き込んだのだ、当然咳エチケットなど気にせず咳をしていた

このご時世なのでとても気分が悪かった

今は短時間のコンビニでもマスクをするようにしている。

自転車用サングラスにマスクはかなり怪しい 近視のため度付きサングラスをしているので外すわけにはいかない

コンビニにマスクにサングラスでは通報レベルだが、最近は珍しい恰好でもないらしい

出入りは自動ドアならよいが、手動のドアも結構多いドアは当然手で触らない、自転車に乗るならできるだけ触ってはいけない

なぜなら自転車に乗っていると汗をかいたり、飛んできた虫やゴミを払ったり顔を触ることが多いから

まあトイレもあるし、ドリンクは扉式の店もあるので、できるだけで

ドアは肘か肩で押す、もし触ったらアルコール消毒必須

かなり神経質な内容だがこれくらい気にしないとダメだと思う

ところで気になるのは、、、

もし外国のように外出禁止などになればどうなるのか、、

まあその時に考えよう、、

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください