夏は電動アシスト自転車 でもバッテリーが心配

Pocket

異常な暑さが続く日々

梅雨明けが早くて良かったのですが、暑すぎ!

平地をタラタラ走っているだけでも汗が目に沁みます。

ロードで山に行きたいですが、この暑さでは命も危険。

でも自転車に乗りたい。

こんな時は電動アシストでしょう。

最近は30万も40万もする電動アシスト自転車が多く出てますが、自分のは実勢15万以下で買えるリアルストリーム。

 

 

30万も出すならバイクを買うぞと思いますが、価格の話はまた今度。

スポンサーリンク

とにかく激坂でも気にせず無理せずどこでも行けます。ほんと電動アシストはすばらしい。

ただ本格サイクリングにはバッテリーが心配です。

本格サイクリングとは自分の場合最低でも100km以上。

休日は最低でも100kmは乗らないと走った気がしません。

 

平地がメインのサイクリングなら100kmなんて余裕ですが、本格的な峠越えになるとバッテリー少々心配になってきます。

予備のバッテリーを買うか、買わないか。バッテリーだけでも数万円するんで簡単に決断できない。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブリヂストン リチウムイオンバッテリー【C400】15.4Ah CENTER DRIVE用
価格:41040円(税込、送料無料) (2018/7/26時点)

 

電動自転車も出先で充電できると便利なんですが、、。

 

 

 

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください