自転車用ポンプ ワンタッチフロアポンプは便利

Pocket

スポーツ自転車にほぼ必須のフレンチバルブ用ポンプ

今回少し良いものを買いました。

それがこれ

パナレーサー ワンタッチポンプ です。

何が良いのかというと ワンタッチというネーミング通りバルブへの固定がラクチン。

今までの普通のポンプは

タイヤのバルブに差し込んで固定し、さらにレバーを上げたり、下ろしたりの手間があります。

このレバー、上げたり下ろしたりが結構面倒。

レバー操作時にバルブに横方向の力が働くのでバルブが曲がらないようにもう片方の手で支えなくてはならない ロングバルブの時は特に気を使います。

空気を入れた後、レバーをリリースすると同時に空気が抜けないように瞬時に外さなければならない

バルブのリリースに手間取ると空気が抜けたり、引き抜くとき、勢い余ってスプロケに手をぶつけて怪我したり、、。

それがパナレーサー ワンタッチポンプなら一気に解決

ワンタッチポンプはレバーなるものがありません。

この青い部分をバルブに差し込みます。

少し力を入れてクイっと押し込みます。

垂直方向の力なのでバルブが曲がる心配はありません。

そうするとオレンジ色(米式バルブ側)の差し込み口が出てきます。

スポンサーリンク

これで固定されました。

後は空気を入れる(これはどんなポンプでも同じ)

そして外す時はオレンジ部分を指で押し込むとリリースされます。

一瞬でリリースされるので空気の抜けがほとんどありません。ここは感動もの。

ゲージはこんな感じです。

ここは普通のポンプと同じ。

高めにセットされているので見やすいです。

ネックは価格。

安いゲージ付き仏式ポンプは2000円前後でもありますが、これはほぼ倍です。まあそれでもビックリするほど高いものではありません。

スポーツサイクルの空気入れはほぼ毎回なので、手間と便利さを考えれば安いもんです。

楽天

【あす楽】パナレーサー ワンタッチポンプ BFP-02AGEZ 【80】アルミ製フロアポンプ [対応バルブ:英/米/仏] 空気入れ bebike

アマゾン
パナレーサー ワンタッチフロアポンプ 米仏英対応
ちなみにゲージ無の英式バルブ用もあるようです。

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください