このミニベロ電動はいいと思う

Pocket

国内の電動アシスト自転車が海外製の有名メーカーの参入で盛り上がってます。

そしてついにあのメーカーからも電動アシスト自転車が出ました。

ダホンと同じくミニベロで有名なTERN

その名もVEKTORON

 

過去に折り畳みミニベロといえば、無名メーカーの違法なもの(フル電動)も含め複数ありました。

しかしこれはミニベロで知れたメーカー製。便利な折り畳み機能+有名メーカーの電動アシストユニット(ボッシュ)を搭載してます。

スポンサーリンク

試乗したわけでもないですが、電動アシスト自転車もTERNのミニベロも保有している自分としては便利さが想像できます。

気になるのは重さと価格。

重さは何とか20キロ以下に収めたようですが、まあ何とか持ち運びできるレベル。輪行袋のベルトが肩に食い込むのは想像できます。

列車から台車のようにコロコロしている写真もありますが、日本では袋に入れないといけませんからね。マンションの自宅とかでは便利かもしれません。

まあ少々重いですが、そこは電動ですから、電動で持ち運びできるのはすばらしいです。活用範囲がすばらしく広がります。

そして価格、これが10万円台なら即買いですが、、、。

高スペックミニベロと考えると普通ですが、やはりこの価格は勇気のいる価格です。

特に初めてこの種の自転車に手を出す人にとってはビックリする価格です。

自分の電動アシスト自転車は国内メーカーのクロスバイクタイプで、電動自転車としては高性能の部類です。それでも15万程度。これはそれが2台分。

まあ性能と便利さを考えると納得ですが、、もう少し敷居を下げてほしい。

 


自分はミニベロもロードもママチャリ、そして先にも挙げたクロスバイクの電動アシスト自転車にも乗ります。

電動アシスト自転車は独特の乗り味でして、乗れば乗るほどママチャリはもちろんですが、のんびり走るミニベロやクロスバイクには適していると思います。

MTBの電動アシストも増えてますが、これもかなり遊べそうです。

速さと軽さが命のロードバイクはもちろん、ミニベロでも早く颯爽と走るのにはそれなりの自転車を選択したほうがよさそうに思います。なんせ時速24キロでアシストゼロですから。

速く走るのと楽に走るのは全く別です。

今回のこの自転車、

国内、海外のスポーツタイプの電動アシスト自転車が多く発売される中で一番魅力的で使えそうです。

 

 

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください