チェーンの交換 105からDURA-ACEへ

Pocket

久しぶりにチェーンの交換です。

ところでチェーンの交換はどのくらいで?

検索すると3000km~5000kmくらいで交換する人が多いようです。

実は自分は10000km以上は走ってますが、不具合は全くないので、交換が伸び伸びになってました。

たぶん今回交換せずともまだまだ走れたと思いますが、サイクリング中のトラブル回避のための予防的な交換です。

さて、せっかく交換ならグレードの良いチェーンを選びたい。なぜなら価格が安いから。

今回は105グレードからDURA-ACEにしました。

説明するまでもなくDURA-ACEは天下のシマノの最上位グレードです。1000~2000円位の差なら迷わずDURAを選びます。

HG-X11というチェーン

 

 

中身はチェーン本体とピンが2本。ピンは当然1本しか使いません。サイクリング中にチェーンが切れた時のために携帯工具と一緒に持っていれば安心です。

さて交換作業の開始

古いチェーンを切ります。切るといっても作業としてはピンを抜きます。専用工具のチェーン切が必要です。数百円で買えます。

ハンドルをクルクル あっという間にピンが抜けます。後はチェーンを外すだけ。

スポンサーリンク

チェーンのコマ数は古いチェーンと同じ。特別なことが無ければコマ数を変える必要はないと思います。

新しいチェーンをディレイラーに通します。ここは絶対間違えないように。

 

フロントのチェーンリングにも通して

ピンでとめる。

再び専用工具のチェーン切でピンを押し込む

飛び出たアンプルをペンチでポキン

完了 とても簡単。

初心者でも簡単にできる作業です。

ところでDURA-ACEのチェーンの違いは?

見かけに関してはDURA-ACEはピンに穴が開いてます。軽量化のため?

他にも細かい違いはあると思いますが、ぱっと見の違いは穴だけですね。

ちなみにアンプルピンに穴はありません。

交換前後のチェーン↓

さて肝心の走行性能はどうか?

音は静かになりました。

期待したいのは音よりも走行性能の向上。

いきなり峠に持っていき15キロダラダラの上りタイムを計測。

結果は?

大幅タイム短縮と言いたいところですが、交換前と同じタイムでした。体調もありますが、交換した直後でまだチェーンが馴染んでないせいだと思います。馴染んでまたチャレンジしたいと思います。

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す