自転車のお尻の痛み どれだけ快適になるか(セラSMP編)

Pocket

自転車のサドル 今までいくつ買っただろう、、。

過去の記事にも書いてますが高価なサドルをいくつも買う経済力はないので標準搭載のサドルか1000円以下から3000円台くらいのサドルを使ってきて、いまのところほぼ満足してました。

ですが、安いサドルはデザインと品質がそれなりというのも事実。

まあ自分のお尻に合えば格安サドルで問題ないのですが、有名メーカのサドルを試してみたく今回チャレンジしました。

白羽の矢を立てたのはセラSMP(SELLE SMP)のサドル

個人的にデザインが気に入ったのとお尻にやさしいと定評があるサドルです。

セラSMP(SELLE SMP)のサドルの形状は他のサドルに比べけっこう独特です。

もし自分のお尻に合わなかったら困るので最初にセラSMPのサドルに似た形状の安いサドルで試してみます。それがGORIXのサドル一見ほぼセラSMP?(比較写真は↓の方にあります)

このサドルでしっくりくれば本家本元のセラSMP(SELLE SMP)のサドルを購入しようという目論見。GORIXの価格は約3000円 合わなければ諦めがつく価格です。

さて結果は?、、、結構合います。3か月使用し、セラSMPのサドルを買いました。

それがこれ
SELLE SMP(セラSMP) EXTRA(エクストラ) サドル ブラック ニューモデル

スポンサーリンク

もっと高価なサドルもありますが自分にはこれが限界。

MADE IN ITALYがカッコいい。

GORIXのサドルと比較

やや肉厚のあるモデルです。当然ですがもっと軽量でレーシーなものもあります。自分はコンフォート重視。

まず最初に100キロライドの感想。

最初の10キロで高さと角度を合わせます。2回ほど停車してしっくりくる位置に合わせます。

位置が決まると快適です。セラSMPのサドルの中でも肉厚のあるモデルなのでショックもかなり吸収してくれます。なかなかいい感じ。

今まで100キロ以上走るとお尻に違和感が出てきたのですが、今回は初めての使用ですが違和感がありません。乗り慣れればさらに良くなるでしょう。期待大です。

格安サドルばかり追い続けてきましたが、少し考えが変わりました。

GORIXのサドルも安い割にはいい品質でした。レールに少し錆が出ましたが、もったいないのでミニベロに移植します。

 

 

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す