自転車の異音(ギシギシ)原因を調べたら、とんでもない事になっていた

Pocket

今回の異音はロードバイクです。ペダル周辺から異音。

ギシギシと異音が発生しだしたのは、激坂を上っている時のこと。

経験上これはBB(ボトムブラケット)だなと思った。(後半で書きますが、まったく違ってました

自分のロードに付いているBB、クランクともにシマノではない。

形状からするとFSA?かな

FSAのパーツは比較的リーズナブルらしく低価格帯のロードの完成車に多く採用されているらしい。

ところでロードのBB関係は規格が乱立していて、工具も専用の工具が必要。よって何も問題なければできるだけいじりたくない。

ママチャリとかミニベロの多くはJISの規格品が多くて整備は楽です。工具も安く後々も使えます。

できれば触りたくないパーツですがペダリングするたびにギシギシと音がするのはとても気になります。

しょうがなく重い腰を上げ、できる範囲で整備してみることにしました。(専用工具がないのでBBの交換まではできません)。

どうしようもなくなったら専門ショップに依頼するか、専用の工具を購入するか検討することにします。

さて、早速作業開始。

まずクランクを外します。

FSAのクランク外しは簡単

六角レンチで中心のボルトを回すだけ。コッタレス抜きなどの工具は必要なし。

コツはキャップみたいなものを最初に外さないこと。ここで失敗する人が多いようです。

そうすると簡単に片側のクランクが外れます。

クランクが外れると波型のワッシャとカバーみたいなパーツがあり、これは指で簡単に外れます。

そしてチェーンリング側のクランクも外します。

これはゴムハンマーで叩けばスッと外れます。

BBの汚れたグリスをふき取り点検。

特に不具合はなさそう。このままグリスアップして再組立てすれば良くなるかな?

せっかく外したのでチェーンリングも汚れをふき取り清掃。

スポンサーリンク

ん?

なんか変?

よく見るとチェーンリングに穴が開いている。

これはデザイン???

??

それも2箇所!!!

 

チェーンリングとクランクを固定するフィキシングボルトが完全に落ちている。(←やっと気づいた)

5つあるボルトの2つが完全にない!!

そう、異音の原因はこれでした。ボルトが欠落しているのでチェーンリングにトルクがかかった時ひずんで異音が出ていたということ。

いつ落ちたかは不明ですが、よく2つも外れて走れたなー。

下手をするとパーツ破損、もっと下手をすると大怪我にもなりかねないところでした。

これは完全に整備ミス。

あー、破損する前に気が付いてよかった。

ボルトは完全に脱落してなくなっているので別途購入せねばなりません。

数十円のものかと思いましたが調べると結構いい値段。

1個あたり約200円以上。高!!

大体5つセットで売ってます。1000~2000円位が多いようです。

 

 

でも必要なものなので買う。

逆に1000円くらいの出費で済んでよかった。チェーンリングが破損したら1000円じゃ済まない。

ショップに行けば1個でも売ってくれるでしょうが単価はもっと高いと予想。

どうせならセットですべて交換することに。

今回色つきのモノにしました。デザインだけでなく、気が付き安いだろうというのが理由。今までのはチェーンリング黒、ボルトも黒でまったく気にしませんでした。

さて最初に原因と予想したBBは清掃とグリスアップだけで済みそうなので、これはこれでよかった。

次回の点検から、チェーンリングのボルトも定期的に増し締めしなくては。

 

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す