電動アシスト MTB 33万円!!

Pocket

本格的な電動アシスト自転車のMTBの発売が決定しました。

あーやっとヤマハのYPJシリーズのMTB版が出たのかとおもいきや、パナソニックから発売。

なんだか今年になってパナソニックの電動アシスト自転車が積極的に展開していて、少し前にハリヤそして一時は消えたかと思ったジェッターがグレードアップして発売されたばかり。

まあ、電動アシストのスポーツモデルが増えることはうれしいことです。

さて、パナソニックの電動アシストMTB

「XM1]

細かな仕様はパナソニックのページを見ていただくとして、ビックリしたのは価格。

33万円(しかも税抜き)

税をいれれば、35万超え。

スポーツタイプの自転車にはよくある価格帯なのですが、それでも

かなり強気の価格です。

ちなみにタイプは違いますが、ヤマハのロードバイクの電動アシスト自転車YPJ-Rは税抜き23万円です。

33万といえば本格のスポーツモデルの自転車が買えます。しかも入門者レベルでなく中高級な価格帯の自転車が。

自転車好きでも悩む価格、ましてやホームセンターで格安自転車を見慣れている人たちからするとありえないような価格です。

さて価格はともかくXM1はどんな感じの自転車でしょうか?

スポンサーリンク

写真で見る限り、これは完全に本格MTBですね。やはり従来のスポーツタイプの電動アシスト自転車等からくらべてもカッコいいです。

特にペダル周り。従来の電動アシストはママチャリの電動アシストタイプのように大きくカバーのあるモデルが多いですが、XM-1は新開発のドライブユニットだけあって、スッキリとしていい感じです。

そして大きなフレーム一体型のバッテリー。迫力があり、ママチャリタイプのバッテリーと違っていいデザインです。

でもYPJもそうですが、普通ボトルを置くところにバッテリーが設置されてます。

後は太いタイヤにサスペンション、ディスクブレーキなど一般的なMTBですね。油圧ディスクを使うところなど本格的です。

自分が欲しいかと言われれば、欲しいです(価格は別として)。林道等でかなり楽しめそうです。

ちなみに走行距離はエコモードで78km。普通ですね。ジェッターは85kmです。

重量は21.8kg 特別軽くはありませんが電動で走る分に重さはあまり関係ないです。影響するのは自力走行する時ですね。

スポーツタイプの電動アシスト自転車は市場が広がっているそうなので、今後ヤマハ、ブリジストンにも期待したいですね。できればもっと低価格で。

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す