グラベルロード クロモリフレームのGIOSのナチュールってどう?

Pocket

グラベルロードバイクが欲しくなって、次期購入予定のトップ。とりあえず、様々なメーカーのサイトを物色中です。

今回もグラベルロードネタです。

グラベルロードバイクとして明確に販売しているメーカーもあれば、エンデュランスとかツーリングとかで区別しているメーカーもあるようです。

反対に超軽量で競技で使うようなものはレーサーです。カッコいいですが自分のような普通のサイクリストが乗るには無用の長物です。

まあ、呼び方はどうでもよくて、ようするに

ロードバイクであること

オフロードに強い太めのタイヤが装着できること

強くて、振動吸収性の良いフレームであること

ディスクブレーキであること

であれば自分の用途にピッタリの自転車になるのです。

さらに、お財布に優しい価格であることも重要。

トレックのドマーネとかよさそうですが、アルミフレームで20万円弱。硬いアルミといわれるけど、独特の技術で振動吸収するようです。

とりあえずキープ。でもトレックって対面販売しかしてなかったような、、、。楽天とアマゾンで検索すると中古車はでるけど新車は出てこない。やはり対面販売か。

田舎に住んでいると面倒くさい販売方法なんですね、これが。値引きもあまり期待できないし、ショップも遠いし。

さらに検索。

前置きが長くなりましたがここでやっと

GIOS NATURE(ナチュール)

の登場です。

まずは性能から

タイヤはMTBかと思うようなゴツイタイヤが付いてます。35Cのブロックパターンはやりすぎかと。でもおもしろそう。

まあタイヤなんて消耗品だし、安くてすぐ交換できるので使い方で用途に合うものにすればいいだけ。

そして肝心のフレームは?

ここがGIOSの得意分野

クロモリフレームが細くてカッコいい。カーボンやアルミ素材ばかりの自転車が溢れてますがクロモリは自転車本来の美しさがあります。

この細いフレームに惚れます。

スポンサーリンク

クロモリフレームは知っている人は知ってますが、強くて、振動吸収がいいので、自転車のフレームとしてとても根強い人気があります。ただ重さはネック。

コンポーネントはティアグラ。105グレードが希望ですが、10速なんで許容範囲。

ただブレーキはテクトロ?まあディスクなんでいいか。

重さは11kg

ロードバイクと考えればかなり重いです。

クロモリだからしょうがない。いろいろ変えれば9kg台になるかな?

11kgといえば、自分のミニベロがそれくらい。楽に車に乗せたり、輪行するギリギリの重さかと思います。

さて肝心の価格。数台の自転車を維持する自分には安いに越したことはない。

定価で142,000円(税抜き)

トレックのドマーネに比べるとかなり安い。

更にネットで買える。実売価格は

 

ネット通販様様、かなり購買意欲をくすぐる価格に。

GIOSナチュールは楽天で検索するとずらっと出てくるので今のところ在庫切れはなさそうです。

自転車は6月位が最安値と踏んでますがどうでしょうか?

年末くらいまで待って2018年モデルを定価で買うか?

今年買うかは別にして、第一候補です。第二がトレックのドマーネかな?

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す