ロードの林道走行 グラベルロードが欲しい せめてタイヤだけでも 

Pocket

今日はほぼ半年ぶりにロードバイクを出動させます。昨日は前後のタイヤを新品に交換済み。昨年買った電動自転車とプチ改造したミニベロが面白すぎて、ロードバイクは長いブランクでしたが、春の陽気で乗りたくなりました。

行き先は五木村(熊本県)、氷川町から東陽村へ桜を見ながら、いつもの大通峠を抜け、後は行き当たりばったりの予定です。

久しぶりのロードバイク。速度もすぐ出て楽ちん。やはりいくらミニベロを改造しても電動アシスト自転車でもロードバイクの速さには及びません。

氷川から東陽村の桜の道。ここまではほぼ平坦。

この先の温泉センターを過ぎたところからから徐々に坂が始まります。

そして大通峠の頂上。

やはりロードバイクだとミニベロに比べ10分以上早く登れました。速ければいいというわけではないですが、やはり快適です。

それにしても今日は暑い。1週間程前にミニベロで来たときここは吹雪だったのにこの季節の服装は本当に難しい。

休憩はこの先、五木村方面に下ったところにある白滝公園。

自販機あり、トイレあり、人少なしで快適。

この先、人吉から八代方面に抜けるか、端海野から泉に行くところですが、久しぶりのロードに乗ったせいか左太ももに違和感がある。

長距離走行を避け、八代方面へショートカットする山道へ行くことにします。しかし、この道は交通量が極端に少ない道なので、石、枯葉、小枝、水たまりがとても多い道。

 

林道は好きだし、ゆっくり行くことにします。この先右に曲がってすぐ荒れた道の始まりです。一応県道のようです。

 

大半はこんな感じの道。

スポンサーリンク

枯葉の中に鋭く尖った小石が隠れているのでもはや避けようがない。

超低速で走りましたが、何度もタイヤが石を弾く感触。ミニベロの方が障害物をサッと避けられるし、タイヤもロード専用でないので早く走れます。

自宅に帰ってタイヤを確認すると、傷だらけ。特にリアタイヤに大きな傷が。

タイヤの糸が見える傷までも。新品タイヤが僅か100km弱の走行でボロボロです。

高いタイヤではないけど少しショック。ちなみにパナレーサーのクローザープラスです。約2000円。

やはりロード専用のスリックタイヤは綺麗な舗装路を走ってなんぼです。

そこで最近よく聞くグラベルロードという自転車がとても気になる。グラベルロードは今まで無関心でしたが形も似ているし大きな違いはなんでしょう。

自分の世代はオフロードならMTBというのが定番でしたが、本格MTBで走るほど荒れてもいない。グラベルロードなら一般舗装路もそこそこ走れて、上記のような少し荒れた路面なら安心して走れるらしい。

ディスクブレーキの性能も折り紙付き。今年は無理でも来年までには、、、、。

いきなり次購入予定の第一候補になりました。

とりあえず、今のロード用タイヤがダメそうなら、グラベルロード用のタイヤに替えてみようかと思います。

とりあえず希望はこれ

 

いろいろ試して本格グラベルロードを勉強しようと思ってます。

 

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す