肥満化したミニベロのダイエット計画

Pocket

重たくなりすぎたミニベロの軽量化計画を考えてます。

ロードバイクからママチャリまで、いろんなタイプの自転車を使い分けてますが、とにかくミニベロは使い勝手がよく、日常の利用からスポーツサイクルまで利用できるので自分の使う自転車としては最多です。

愛車はTERN N8 もともと中価格帯のミニベロ、泥除けも、片足スタンドも標準装備され、重さは12キロくらい。

使い勝手をさらに良くするために、籠を付けたり、スタンドを安定性のある頑丈な両足スタンドに変えたり、細かい変更も数点。

ギアとホイールも交換してますが、これは軽量化に貢献しているはず。少なくとも走行性能は大幅に向上してます。

ダイエット前のミニベロ TERN N8

cimg2551

cimg2553

便利さは増しましたが、なんだか重たいなーと感じ始めた。たぶん体感では15キロ位の重さ。

普通に走っている分はまったく気にならないのですが、最近、車載での移動が多くなり、折りたたんで車に乗せるときに、重さが負担になるようになってきました。

そこでミニベロの軽量化をしてみようかと考えたわけです。軽量化と言っても、高額な費用をかけたり、無理な改造をせず、できるだけシンプルに低予算で行います。

籠の取り外し—一度は付けたものの使う頻度が少なく、リュックまたはウエストバッグで事足りる

両足スタンドの取り外し—便利で安定性は抜群ですが荷物を積むこともないので軽量の片足スタンドに戻します

ペダル—剛性のある金属製の折り畳みペダルを今使っています。少々重いのが難点。プラ製のペダルは嫌なのでspdに替えます。(現在注文中)。ちなみに自分はロードでもspdを使う派なので慣れなどの問題はありません。

泥除け—元々軽量の泥除けでしたが、雨の日に乗ることはほぼないので、とりあえず外します。

ペダルの変更以外は実施済みで車体を持ち上げると、びっくりするほど軽くなった。
個々の重量は大したことなくても、まとまると2-3キロは軽くなっている。

このミニベロは長くて太いシートポストで、これが結構重い。これを替えればコスパのいい軽量化ができそうなので今物色中です。

 

ダホン用が使えます。色もカラフルでいいかも。

追記:

SPDペダルを取り付けました。小さなペダルなので折り畳ペダルに匹敵するくらいのコンパクトさ。出っ張りも少なく、輪行時でも取り外さず、輪行袋にそのまま入れても問題なさそうです。

泥除けが無くなり、ペダルが小さくなっただけで重量だけでなく、見かけもスッキリしました。

cimg3094

cimg3089

Pocket

コメントを残す