熊本県五木村 内谷ダムまでポタリング

Pocket

前から気になっていた五木村の内谷ダム。坂本村の油谷ダムとの間で揚水発電を行っています。

ちなみに揚水発電は一般的に夜間の余った電力で水を上げ、昼間に落として発電する方式。

この二つのダム、地図上での直線距離は比較的近くにあります。

 

坂本村の油谷ダムは、比較的良い道で、景色も綺麗。自分的にはサイクリングにお気に入りの場所で何度も行っています。

くまがわワイワイパークも近くで、トイレも自販機も利用しやすい。

 

↓これは油谷ダム

cimg2605 cimg2614

ところが隣の内谷ダムは、所在地も五木村、油谷ダム側から簡単に行けそうな道が見つかりません。

もしかしたら、地図に載っていない林道があるのかもしれませんが、遭難すると困るので今回は、五木村側から確実に存在する道をポタリングしながら行ってみることにしました。

山越えで五木村まで行くのもエネルギーを使いましたが、さらに山奥へ、山間部の谷沿いの道を延々と上ります。綺麗な清流を見ながら登れるのが救い。

なんとか到着。

img_5403

でもなんだか想像と違います。

油谷ダムはダムの上に道があり、周囲には展望するところも。ところが内谷ダムは見どころのダム本体の上に通行できる道がありません。しかもフェンスで覆われ写真も撮りにくい。

記念碑らしきものがあるので、ここで取り合えず撮影。

スポンサーリンク

img_5401

説明文があるので読む。油谷ダムとの関係がよくわかります。

img_5399

断面図を見ると、内谷ダムと油谷ダムの揚水発電の仕組みと関係がよくわかります。高低差もかなりあります。

今日の収穫は勉強できたこと。

img_5409

他に観光スポットらしきものはなさそうなので、ここから帰ります。

せっかくなので白滝公園に立ち寄り、大通峠を越えて帰ります。いつもは熊本方面は霞んで見えますが今日は視界がよく遠くまで良く見えました。

白滝公園 紅葉までもう少し。

img_5418

大通峠

img_5421

山間部ばかりだったので、走行距離の割に高度上昇の多いサイクリングでした。

 

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す