自転車とリュック 荷物の整理に便利なもの見つけた

Pocket

ママチャリやカーゴバイクなら全く問題ない話ですが、自転車でそこそこの荷物があるときはリュックを使うケースが多々あります。

自分も、特にロードバイクなどの場合、サドルバッグに収まらない荷物はあまり使いたくないですが、リュックを多用しています。長距離サイクリングの時は必要な物も多くなるのでしょうがありません。

リュックは荷物がたくさん入るし、自転車から離れて行動する時も盗難の心配も不要で便利ですが、乗車中は背中の汗や、荷物の偏りなので非常に違和感があります。

汗対策は、通気性を考えられたリュック等で少しは改善できます。特に自転車用としてリュックは通気性など考えられており効果もあります。

自分が気になるのはリュックに入れた荷物の偏りです。特に細かい荷物、カメラやスマホ、バッテリー、小さくてゴチャゴチャしやすい、しかも重たい。

上記の荷物をそのまま、リュックに入れると、ほとんどがリュックの下のほうに集まります。

ここで問題は

硬くて重いものがリュックの下に集まるのでバランスが悪い。

ごつごつとした硬いものが一部に集中して違和感がある。

カメラ等、精密機器もリュックの下に集まるので、荷物を下ろすときに気を遣う。

荷物を探しにくいし、取り出しにくい。あまり使わないカッパやウインドウブレーカーが一番アクセスしやすいところにある。

細かい間仕切りのあるリュックを使えば多少の整理もできますが、逆に使いにくい場合もあります。

なにかいいリュックの荷物の整理方法がないものかと、登山などする人のブログを拝見したところ。重い荷物は上の方がいいとか、体の重心に近いほうがいいとか、読んでいると納得できる面が多々あります。

重たい荷物はまとめて、偏らないように専用のポーチにでも入れて、できるだけ背中側に寄せておくのがベストだろうと判断しました。

カメラなどの精密機器を守るためにも理に適ってます。

そこで細かい荷物と、偏りを一気に解決できる便利な物を見つけました。目から鱗のアイデア商品だと思います。

でもこれは、本来ビジネスバッグの整理用品のようですが、リュックの中の整理にも使えると思い購入しました。

上にあげた問題点が一気に解決できます。

 

 

CIMG2150

 

けっこういろんな物を収納(ゴムバンドに挟むだけ)できます。

すばらしいのは、使いたい品を発見しやく、取り出しやすい

他の荷物と擦れあって痛まないのもGOOD。

これで、欲しい荷物が見つからずリュックの中を全部出してしまうことは避けられそう。

しかも、都合がいいのは平たい板状なので、リュックの背中側に置いても違和感が全くないこと。外側に柔らかい衣服など入れればカメラなどの保護にもなります。

CIMG2154

 

 

 

CIMG2153

 

自分の場合、サイクリングで必要な小物のほとんどが、これで整理できました。

 

Pocket

コメントを残す