自転車のチューブ 便利なバルブ変換アダプター

Pocket

スポーツバイクブームでロードバイクを購入。いざ空気を入れようとしたらバルブの形状が違い空気が入れられない という人もいるかもしれません。

ママチャリを筆頭に日本で流通しているほとんどのお手頃自転車は英式バルブという。物がついてます。

一方スポーツサイクルは仏式バルブまたは米式バルブ

以前の記事にもバルブの不満をダラダラ書いているのでここでは割愛しますが、いろんなバルブが混在しているので使えるバルブに変換しなければなりません。

そこで変換アダプターの紹介 いろんなタイプがあるのでシチュエーションで使い分けると便利です。

自転車のポンプは

米、仏専用 空気圧管理が容易で、小型の携帯ポンプも多くの種類が売られている。スポーツサイクルなら必須です。

英式専用 多くの家庭にもあり、メリットはポンプが安いことくらいしか思いつきません。500円以下の手押しポンプもあります。

 

英式から米、仏 または米、仏から英式に変換できれば多くの問題は解決すると思います。


英式バルブを仏式バルブ

これは便利、自分はこのバルブの存在をしらず、チューブごと替えていました。これは常時付けておくもの。

 


英式バルブを米式バルブ

これも常時付けておくもの。格安自転車に多い英式チューブも交換せずに空気圧管理ができます。

 


仏式バルブを英式バルブ

フレンチバルブの存在を知らない人は当然専用ポンプもないと思います。これがあれば普通の格安ポンプで空気が入れられます。非常用で用意しておいても邪魔にはなりません。

 

 


仏式バルブを米式バルブ

これがあれば車のバルブに多い米式に変換できるのでガソリンスタンドでも空気が入れられる。

 

 


まとめ

標準で英式バルブの自転車は、チューブを交換せずに便利な米、仏に変換すれば無駄がなく便利です。又、米、仏バルブの自転車はいざという時のために用意している人も多いです。

ただアダプターを介していると種類によっては入れにくかったり、入らなかったりするポンプもあるようです。

 

 

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す