梅雨 サイクルトレーナーの出番

Pocket

ついに梅雨の時期に突入しました。

頻発する地震で自転車に最高の季節が台無しになってしまっても、梅雨は例年通りです。

これから約一か月間、一気に自転車に乗れる時が少なくなります。

雨が降らずとも、どんよりとした雲では自転車に乗るモチベーションも下がりがちです。

雨でも強行して乗るか、室内トレーニングかの選択になりますが、自分はママチャリ以外は汚れるのが嫌なので室内トレーニングを選択します。安全上の理由もあります。

何度も記事にしてますが、サイクルトレーナーは退屈であまり使いたくありませんが、全くしないよりはしたほうがまし。

自転車に乗らないと、今までのダイエットが無駄になってしまいます

この時期はスカパーでサイクルロードレースがやっており、リアルタイムでも録画でもテレビでロードレースを見ながらサイクルトレーナーに乗れるのが救いです。

我が家のサイクルトレーナーはこんなものです。

CIMG1992

 

CIMG1994

屋外で走る実車は使わずにサイクルトレーナ用に1台用意しています。

もちろん屋外でも走れる自転車です。専用自転車にするメリットは

屋内に入れるために掃除しなくてよいこと

サイクルトレーナーにセットしたままにしておけること

ですから、サイクルトレーナーで運動しようと思えばすぐできる状態です。

これは結構大事なポイントです。

 

サイクルトレーナ専用にしているので、クイック付きの一番安い自転車で十分。コンポーネントもブレーキのグレードも関係ありません。とにかく漕げればよいのですから。

以前は屋外で走る自転車を家に持ち込んでセットしてましたが、簡単でも作業が面倒になり、専用車にすることに落ち着きました。

ただ屋内に置くスペースの関係からミニベロ用のトレーナーにしています。

3本ローラーならセットの手間は省けますが、やはりタイヤを拭いたりしして、砂や泥を落とさないと、外で乗った自転車をそのまま屋内でのトレーニングに使うには抵抗があります。

メリットは実走感があることと、乗りなれた愛車がそのまま使えることなどメリットも結構あります。

 

 

これなら使わなときは、たたんで部屋の隅に置いとけます。


自転車でのダイエットは継続だと思うので、この梅雨もこれで、なんとか切り抜けたいと考えています。

 

 

Pocket

コメントを残す