宮崎県高千穂~大分県豊後大野市 尾平越を走ってみた

Pocket

梅雨前の晴れが続いたので前々から走ってみたかった緒方高千穂線の尾平越えを走ってきました。

テレビ番組のチャリダーで具志堅さんと朝比奈さんが高千穂を走った特集があったので、尾平越は高千穂から登ってみようと考えましたが、都合で大分県側から登ることにしました。

地図での計画では往復60km 高千穂との県境の尾平越えの標高1100mです。

豊後大野市まで自転車を車載で、そこからのスタート。山道を黙々と登ります。

峠道まではアップダウンを繰り返し、徐々に標高を上げていきます。

CIMG1891

 

自動販売機の場所がわからないので、出発前に買ったペットボトル2本を大事に飲みながら進みます。計画では峠道手前の祖母山の登山口付近で追加のボトルを買うつもりです。

綺麗な川を眺めながら走ります。

CIMG1899

 

峠手前の祖母山登山口に到着。ここまで、なだらかな登りプラス局所的に10%以上の坂が数か所あり峠を前にして体力は結構使いました。

記憶ではこの辺に自動販売機があったはず。しかし壊れた建物しかなかった。

すぐ近くのキャンプ場でコカ・コーラの自販機を発見するも、使用不可の張り紙。シーズン中しか動かないのだろうか?

CIMG1902

しょうがないので出発。尾平鉱山跡付近から祖母山方面を撮影。登山口にもなってます。CIMG1903

 

いよいよ峠にチャレンジ 予定ではここから、さらに500mは上がるはず。

スポンサーリンク

ペットボトルは1本すでに消化済み。ここから本番なので、いざとなれば沢の水を飲むつもりです。これ以上、上には人家がないので大丈夫でしょう。多分。

どんどん登ります。景色が開けているので退屈はしません。

5から10%の一定の勾配でペースが掴みやすく意外と疲れません。

途中、沢や砂防ダムが綺麗なので自転車を止めて眺めます。

CIMG1919

淡々と景色を見ながら登ると頂上に到着。今回は意外と楽でした。道路の状態もよく、交通量も皆無。

結果的に今までで一番楽しめた峠でした。

予定と違ったのは、サイコン標高は970m 予想より100mくらい低かった。

大分県側の頂上付近で記念撮影。高千穂に行くには後方のトンネルを抜けます。

 

CIMG1924

長くて暗いトンネルを超えて、いよいよ高千穂に突入。

CIMG1933

 

広い広場みたいな所はありますが、こちらのほうはパノラマ的な景色はあまり見えません。

高千穂側から祖母山登山口の案内図。CIMG1937

CIMG1941

帰りは来た道を帰りました。

今度は高千穂側から登る計画です。

 

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す