自転車で林道 坂本山江線を走ってみた

Pocket

熊本県の熊本方面から人吉方面へ行く道は

美里方面から二本杉の峠、五木村経由

八代方面からは東陽村の大通越の峠、五木村経由

広くて一般的な道は八代から球磨川沿いの県道、国道、または高速を通って人吉まで

自分も長い間上記経路しか知りませんでした。

あるとき坂本村をサイクリングしていて、休憩中に地元のおじさんに教えてもらった林道を走行してみることにしました。すべて舗装されていて人吉まで行けるらしい。

しかし、

地図で確認しても載っていない。ナビにも出ない。

途中で途切れる細い線の道はあるが、それが行き止まりなのか、砂利道なのか、全く不明。おじさんを信じて行ってみることにしました。

結論から言うとそれは

森林基幹道 坂本山江線

という道。舗装はされてますが、かなりアドベンチャーに満ちた道です。ロードバイクで走れますが注意は必要。

坂本村側からの入り口は比較的広く、わかりやすい道。入ったとたんに5から10%くらいの坂がずーと続きます。

登り始めてすぐ球磨川が見えます。

IMG_20160521_094040

道は舗装されているが、障害物が多い。枝、葉、石。途中崩壊しているところも多々。注意して走らないとパンク、転倒のリスクがあります。自分は坂は亀走行なので大丈夫です。

景色は最高にいいです。登りがいのある坂です。この場所で八代海の天草方面の島まで見えます。

IMG_20160521_103330

通り過ぎる車は皆無。追い抜く車もなし、自転車も自分以外はいません。車でもかなり注意して走らないと、石にぶつかることになります。とばして走る環境ではありません。

途中林業関係者の車が止めてあるくらいです。

頂上付近と思われるところで、携帯食を食べ、休憩。

水はあちこちから湧き出ています。飲めるか不明。でも体を冷やしたり、顔を洗うことができるのでリフレッシュできます。

頂上だと思っても急こう配の道がアップダウンします。坂で加速したくても石や道を横断する溝があるので速度を上げられません。

IMG_20160521_105055

頂上付近でもこんな道がところどころ現れ、心が折れます。

IMG_20160521_105252

スポンサーリンク

やっと坂本と山江の境に着きます。

IMG_20160521_115421

開通記念碑 ここまでの最大標高はサイコンで870mでした。

800m前後を登ったり降りたりがしばらく続きましたが、ここからは下りばかりです。

気温が低くなりウインドブレーカーの出番です。この辺から長い下りが続きます。景色は絶景です。ただゆっくり行かないと石、そして、道路に湧水が流れているので滑る危険もあります。高速のダウンヒルは絶対無理です。

IMG_20160521_120750

急斜面の山々が連なります。

IMG_20160521_121341

道路に流れる湧水で蛇が体を冷やしてました。写真はありませんが鹿も現れました。

IMG_20160521_123254

降りてきた道。山江側からはここから登り始める。

人家がポツポツと見え、しばらくすると九州自動車道に遭遇します。ここまでくると安心。道も素晴らしくよく。綺麗な川が流れ、快適に人吉まで走れます。

IMG_20160521_123118

 

IMG_20160521_124554

 

この辺は高速道路と並行して走る快適な道でです。下り基調でスピードも上げられますが、景色が素晴らしいのでポタリングに徹します。

帰りは通常の国道、県道を通りました。人吉から輪行で帰ることもできます。

林道は飛ばして走る道ではないですが、自然を堪能できる道でした。

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す