ビンディングを付けるかフラットペダルのままか 初心者ほどSPD

Pocket

ビンディングとはペダルに足を固定する装置です。

自転車を日常の足としてだけ使っているなら別ですが、自転車をスポーツとして楽しむなら一度はビンディングを使った方が良いです。

たとえミニベロでもママチャリでもビンディングを使って自転車を漕ぐと違いがはっきり分かります。

ママチャリにビンディングをする人はたぶんいないと思いますが、他の自転車でビンディングを経験しておくとよいです。

なぜかというと、ビンディングには次の効果があります。

靴の裏と、ペダルを固定させ、適正な足の位置で漕ぐことで、効率が上がる事ペダルを踏み外す事がない、引き足といい、踏む力だけでなく、ペダルを引き上げる力も利用できるなどメリットがたくさんあります。

初心者に一番メリットがあるのは、適正な足の位置でペダルを踏める事じゃないかと思います。

スポーツサイクルに乗ったことが無い人、自転車初心者の足を見ていると、足の踏み面当たりで漕いでいる人が多いのに驚きます。

適正な足の位置は足の前の方でペダルを踏んでいます、変な癖が付いている人はビンディングを使うと、最初は相当違和感があると思いますが、慣れればペダリングが劇的に変わります。

ビンディングで適正な位置でペダルを漕いでいると、変な位置で漕ぐ癖が無くなり、ママチャリ等フラットペダルの自転車に乗り換えた時でも適正な位置で漕ぐことが出来るようになります。


デメリットはもちろんあります。初心者は特に

想像は付きますが、足をペダルから外せず、そのまま倒れてしまう事は良くあります。固定の解除は非常に簡単なのですが、そもそもビンディングを付けているこを忘れていることが多いらしい。

常に足の固定を意識しておくことが必要です。

固定力は簡単に調整できます。固定の解除は足のかかと部分をひねるだけです。それでもいざというとき忘れてしまうようです。最初は何度もロック、解除を練習する必要があります。


ビンディングの種類は数種類あります。

利用者が多いのは ロードバイク用のSPD-SL とMTBに多いSPD

外国の特殊な形状のもあります。

スポンサーリンク

SPD-SL

 

SPD

互換性はありません

SPDに対応した靴はいろいろあり、サンダルのような物もあります、サイクリングの出先での歩行が多い人はSPDがお勧めです。自分もロードバイクにSPDを付けています。歩行がしやすく日常の靴と比較しても違和感が少ないので便利です。

ロードバイクで走りに徹したい人はSPD-SLがお勧めです。

外国製ではクランクブラザーズ等デザインがかっこよかったり、キャッチが簡単だったり数種類あります。

 

 

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す