震災の時の自転車の使い方

Pocket

前回の記事で今回の熊本地震で自転車とその用品が役立ったことを書きました。

震災と自転車 熊本地震に遭遇して

余震もやや少なくなったので改めて震災の時の自転車の使い方を考えました。

地震直後

自転車だと交通渋滞を避けて脱出、移動できる。みんなが車で脱出しようとするので交通渋滞が発生します。道路に障害物などあれば、さらに通りにくくなります。車で渋滞に遭遇すると、前にも後ろにも行けなくなることも想定されます。

今回津波はなかったですが、津波が迫れば一刻を争います。

途中で車を放棄するとさらに周囲に迷惑が掛かることが予想されます。

地震後

スポンサーリンク

たくさんの救急車、消防車、自衛隊の車、救援車両が走り回っているのに、大した用事もなく車で走り回るのは迷惑になるので、できるだけ徒歩か自転車、あるいはバイクが便利です。

家が損壊したり、余震が危険なので、車で生活している人もたくさんいます。特に今回の熊本地震は強い余震が長期間続き、車での生活もやむを得ないところがあります。折り畳み自転車など車に積んでおくと、避難先でも使えるので、不必要に車を移動しなくて済みます。

ガソリンが売り切れのスタンドも続発し、ガソリンも貴重なので、折り畳み自転車を持ち出しておくと便利です。

車が通れない所も多数、渋滞もあり、復興車両を優先刺さるためにも、できるだけ車を使わないようにしています。


今回の地震は車で生活する人が多数います。車が無い人は狭いスペースの避難所です。あまりにも避難者が多いため、どこの避難所もキャパシティを超えています。

そこで自転車にも積めるコンパクトなテントも持っていると便利だろうなと感じました。自転車で逃げだし、自宅にすぐ戻れない場合でも対応できます。車でもテントがあると窮屈な思いをしなくて済みます。

今回の熊本地震では避難が長期化し避難先でのエコノミー症候群の問題も出てきています。いざというときのテントの必要性を感じました。

 

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す