自転車の盗難防止対策とワイヤー錠

Pocket

自転車を駐輪するときは盗難が非常に心配です。

ママチャリなら付属の重たい鍵を掛ければ、ひとまず安心。盗まれる確率も低いし、万一盗まれてもロードバイクに比べればダメージは少ない。

ところが

ロードバイク等の高級自転車はいくら鍵を付けても心配です

はっきり言って狙われたら、簡単に盗まれます。鍵を掛けても、100円ショップで買える工具1つで壊せます。U字ロックやブレード状の丈夫そうな鍵も同じ。自転車ごと持って行かれます。

地球ロック(電柱などの固定物にロックすること)が効果がありますが、地球ロックするには柔軟性のないU字ロックでは、やりにくいし、できない事も多い。ワイヤー錠を使うのが一般的です。

ただ地球ロックができなくてもU字ロックの見かけは施錠しているというインパクトでは抜群です。

ロードバイクでスーパーに買い物に行く人はあまりいないと思いますが、サイクリングなら観光施設に寄ったり、トイレで離れることもあります。

自分もやむを得ず駐輪するときは地球ロックです。

フェンスやガードレール、電信柱の支柱です。鍵をしても自転車から目をできるだけ話さないようにします。

地球ロックができ、レストランやコンビニからは窓から自転車が見える場所。

人目に付きやすい場所だが、人の動線から離れた場所。

がっちりガードをして、自転車を盗まれなくても、いたずらや、付属品を狙われる事もあります。最近のスポーツサイクル車は高価なホイール、サドル、サイコン、ライトもあるのでこれらを盗まれないようにする必要もあります。

ガーミンのサイコンなら数万円もするので、自転車から離れるときはサイコンも外す必要もあり。

ワイヤー錠なら長めのワイヤーでホイールにも絡ませ、施錠。

もし、ここの場所は危ないと感じるなら、そこには停めない事。次の施設まで見送りです。

自分は、サイクリングの途中でおいしそうなレストランを見つけても、自転車の盗難が心配される場所なら見送り、コンビニのおにぎりで済ますことなど、常です。

過剰な防犯意識でも盗まれるよりましです。


地球ロックのやりやすいワイヤー錠は複数のタイプがあります。


ストレートタイプ (ワイヤーに癖が無くまっすぐなもの)

ワイヤーに癖がないので使いやすい地球ロックもしやすい、ただ収納が少し面倒。

スポンサーリンク

コイル状(バネみたいに癖があり、伸ばしても縮むもの)

自然にコンパクトに収まるので携帯と収納に便利です。欠点は、ねじれた部分が引っかかり使いにくい。長さを十分生かしきれない。


巻き取りタイプ

自転車専用ではないが、使わない時はワイヤーをケースに収納、使うときは引きだす。収納が簡単、コンパクトで便利です。短時間の使用に便利。ワイヤーが細いので簡易的。


最初にも書きましたがしょせんワイヤーなので、安心できません。悪人のやる気の第一歩のハードルが少し上がった位です。とにかく悪人に面倒くさいと思わせることが大事です。

できれば、2つ付ければ、なお安心です。見かけだけでも、しっかりしていると、盗人も避けてくれるかもしれません。

せっかく軽い自転車にしても、重たい鍵を持ち歩くのは複雑な気分なので、適当な処で折り合いをつけるしかなさそうです。

 

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す