自転車で専用アプリとスマートフォンフォルダーを使う

Pocket

スマートフォンが自転車で便利に使えます スマホフォルダーで注意すること

スマートフォンが普及し、自転車で便利に使えるアプリが数多くあります。

自転車とスマートフォンでこんなことができる

ナビゲーションや速度、カロリーを表示してくれる。

サイクルコンピュータ代わりになる。

走行履歴も見れるので、履歴を確認するのも楽しい。ナビゲーションは自転車専用もあるが、グーグルマップやyahooの地図アプリでも十分自転車で使えます。

スピーカーで音楽を聴く

イヤホンは法律で禁止されているので絶対ダメです。スマホのスピーカーから音を出せばOK。これは別の効果もあります。

走行音がほとんどしない自転車は歩行者になかなか気づいてもらえません。

ベルは車のクラクションと同じでなんとなく威圧的でやたらに鳴らしてはいけません。音楽が鳴っていれば歩行者に気付いてもらえます。

電話やメールの着信

ポケットやカバンにスマホがあると気付きにくいですが、ホルダーに付けているとすぐ気づくし、電話を受けることもできます。

以上の様に自転車でも便利に使えるスマートフォンですが自転車に付けるスマホホルダーはいろんなタイプがありスマホの形状によっても合う合わないがあるので注意が必要です。

自分もいろんなタイプを試したのでその経験を元に書きます。

価格優先で買うと結局買いなおす事になり、高価なスマホを守るためでもありますので品質重視で選んでください

駄目なスマホホルダーの特徴

自転車のハンドルとホルダーの取り付けがしっかりできない

自分の自転車のハンドルの径の確認をしっかり確認するのはもちろんですが、ホルダーの取り付け部分もよく確認する必要があります。

ここが貧弱では強く固定できず。少しの段差でくるくる回ります。スマホは自転車のハンドルに付けるには重い物です。貧弱な固定ではすぐ緩くなり回転します。ペラペラのプラスチックではまずダメでしょう。強く絞めこむと使う前に割れてしまいます。

今まで数多くの自転車用スマホホルダーを買いましたが、どれも一番困るのは振動でスマホが簡単に動いてしまう事。ですから、ここがしっかりしたものを選びましょう。

スマホのホルダー部分が貧弱

これは少しの段差でスマホが飛んでいきます。固定が非常に面倒くさい仕組みの物もあります。取り付け、取り外しが面倒で使わなくなります。

自転車は振動が激しいので上下左右の固定が安心です。リリースも簡単でないといけません。

万が一の脱落の為 最後は命綱をつける

どんなホルダーでも何があるか分からないので、スマホにストラップをつけハンドルと連結しときましょう。

ストラップを付けられないスマホもありますがヘッドフォンジャックに差し込めるプラグを利用すると使えます。自分はこの方法で使っています。

ストラップは100円ショップにある伸縮できるコイル状のクリップホルダーです。これなら差し込むだけなので簡単です。これのおかげで脱落から何度も救ってもらいました。

CIMG1230

注意することは自転車側に付ける時、スマホのホルダー以外の場所に付けることです。ホルダーに紐を付けてもホルダーごと脱落したら意味がありません。

いろいろ使いましたが自分が今一番使えるホルダーはこれです。

ミノウラは自転車用の部品をいろいろ作っている日本メーカーなので安心感が違います。

スマホのホルダーここもポイント

スマホは上下左右、いろんなところにボタンやソケットがあります。しかも機種により位置がバラバラ。

スマホのホルダーは左右から締め付け、上下にサポートがあるものが多いです。

特に左右にスマホの電源スイッチがある場合。ホルダーのサポートで押さえつけられる事で、勝手に電源が切れたり、サポートが邪魔でスイッチが入れにくかったりします。

充電しながら走る場合も、USBのソケットがホルダーで隠れてしまう事あります。

しっかりしたホルダーを買っても、上記の様に相性が悪い場合もあるので、要確認です。

 

 

 

 

Pocket

コメントを残す