ママチャリで美脚

Pocket

ママチャリで美脚になる。きちんとした乗り方でダイエットに成功

今日たまたまお昼にテレビを見ていたら、ママチャリ美脚の特集をしていたので、前の記事にも書いた事の復習もかねて紹介します。


太ももを太くせずに自転車に乗り、美脚になる方法の話です。
サドルを高くして乗れば太ももだけでなく脚全体の筋肉を使うので締まった均整のとれた美しいい脚になると思います。
サドルを高くするのは自転車乗りには普通の乗り方です。
普通、自転車停止中にサドルにお尻を載せていると、つま先が地面にやっと着くか着かないか位が普通です。
停止中にサドルにお尻を乗せた状態で両足が地面にべったり着いているのは明らかに低すぎです。

ママチャリに乗っている人で、低い位置のサドルに乗っている人が多いのは間違いないです。適正な位置に上げることでママチャリでも快適に乗れるようになります。

サドルが低い状態の乗り方をしている人は太ももが大きくなるかは分かりません。サドルが低い位置で乗っている人は太ももの筋肉が太くなる前に疲れて自転車に乗るのを止めるでしょう。

足が太くなるかは別にして、あんなに低いサドルで長時間自転車に乗れる人がいるなら逆に尊敬します。太ももの力だけでペダルを漕ぐのは相当疲れるはずです。

太ももが筋肉で大きくなるならまだましな方です。ほとんどの人は贅肉で太いはずです。

サドルを高くすると脚全体の力で快適に足が回せるので美脚になるのです

しかも、自分が何度も記事に書いてますが長距離、長時間、自転車を漕ぐことができ、有酸素運動になるのでダイエットにもってこいなのです。

自分はママチャリでも相当サドル高くしているので、停止中はサドルに乗ったまま地面に足を着くことが出来ません。

お尻は動いている時だけサドルに載せます。脚全体でペダルを漕ぐので無理な力が入らず軽くてスイスイ進みます。おかげでママチャリでもスポーツサイクルの様に快適に乗れるので数十キロでも乗れます。

ただ注意してもらいたいのは、サドルを上げるのには限界があります。普通サドルのシートポストにMAXのサインがありますがサイン以上に上げない事、サドルごと抜けたり、車体の破損につながります。

そして最初は徐々に上げて走る事。いきなりサドルを上げると初心者はふらついたりして危険です。

 

Pocket

コメントを残す