自転車の安全 ヘルメットの必要性

Pocket

自転車の安全対策はどうすべくでしょう。一番基本はヘルメットです。

子供は未熟さや将来性からどんな自転車でもヘルメットを被るべきだと思いますが、大人はどうでしょう。

大人もヘルメットを被った方が安全に決まっていますが、ママチャリではどうでしょうか。大人がママチャリでヘルメットを被っている人を今まで見たことはありません。

ママチャリでは自分も被りません。さすがにママチャリでは恰好悪いからという理由もありますが、気軽に乗れるのがメリットであるママチャリに、いちいち、ヘルメットを被っていられません。駐輪の際の置き場所も困るし、持ち歩くのも邪魔です。

ただママチャリでも速度を出したり、幹線道路を走ったりするなら別です。

自分の用途と速度からママチャリでは被る必要性が無いと感じるのが一番の理由です。


ロードバイクではほぼ被ります。ミニベロでは乗るシーンによって被ったり、被らなかったりです。

自分がヘルメットを被るのを決めるのは走る道と速度です。ロードバイクで走る時は幹線道路の車道を車と一緒に走り、速度も場所によっては原付バイク以上の速度です。

スポンサーリンク

万一の時は軽量のヘルメットでは気休め程度ですがないよりましです。ミニベロでも速度が出るのでルートに危険な所がる時は被ります。

ただロードバイクでも全行程、低速度のポタリングで幹線道路も走らないなら被りません。

厳密にいうと時速5キロ以下の歩くようなスピードでも、転倒した時に打ち所が悪ければ致命傷になります。でもその速度で万が一の時はもはや運の問題でしょう。歩行中でも、ジョギング中でも止まっていても、車が突っ込んで来たり、石につまずいて打ち所が悪ければ終わりです。


 

現状がヘルメットを被る被らないは任意なのだから、自己責任で決めればいいと思います。


今までヘルメットが役立ったことは1回あります。始めて通る日陰の石畳の道で、表面に苔がたくさんあり、後で確認すると歩行でもつるつる滑るような所です。

手も足も出せない程急激に滑り、転倒、太ももと、後頭部を強打。太ももは腫れが引くのに1月以上かかりましたが、頭はヘルメットが守ってくれ無傷でした。下手をすれば死んでいたところです。ヘルメットのありがたさが身に染みて分かった時でした。

 

 

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す