ロードバイクに乗ればいきなり速く走れるか

Pocket

 

ロードバイクは他の自転車と比べて速いのか?

ロードバイクは速いかと言われればやっぱり速いし、楽です。

ただ全くの初心者がいきなりロードに乗ると前傾姿勢やサドルの高さ、ハンドルの形状に戸惑うかもしれません。慣れれば、今まで乗っていた自転車とは比較にならない程速く快適に乗れます。


いかにロードバイクが速いとはいえ、エンジンは人間の足ですから。貧脚のロードバイク乗りより競輪選手のママチャリのほうが速いでしょう。

最初から過度な期待を抱くとがっかりするかもしれません。

自転車漫画などで、登場人物が初めての乗ったロードバイクの感想で、軽くて羽の様などの表現が良く使われます。自分もそれに期待しました。

自分が初めてロードバイクに乗った時の感想は

「うわ!!、失敗した」が最初の印象です。

ハンドルが遠いし、前傾がきついし、最初はサイズを間違えたかと思いました。素直にクロスバイクにでもしとけば良かったと感じました。

ところが乗りなれてくると速さと、快適さは一変します。

独特のスタイルと車体の軽さで、今までの自転車とはまったく異なる自転車です。

スポンサーリンク

そしてロードバイクはエンジンのないF1カーです。F1カーに3000ccの大排気量エンジンを載せるか、50ccの原付バイクのエンジンを載せるかは、乗る人次第。

自分を鍛えればエンジンはどんどん成長し、速く快適に走行できるようになります。

一度ロードを買ったら、とにかく乗って走れば、走れる距離も速さも伸びていきます。

上り坂も最初は辛いと思った坂も平気で上れていくでしょう。

走れる距離が延び、坂も登れると、行動範囲が飛躍的に広がります。自転車に乗るのが楽しくなり、体も引き締まって、もっと長距離へと走りたくなり好循環になります。

我が家の嫁はロードバイクを買ってまだ数か月なので、まだまだ体力も技術もロードバイクの能力を生かし切れていません。

だから嫁とサイクリングに行くときは自分はママチャリかミニベロを出します。

変な組み合わせですが、自分もロードバイクを出すと明らかに能力の差がありすぎて、あっと今に差が開いてしまうからです。

自分では力を入れて漕いでいないのに、後ろを見ると嫁がいなくなっていることが常です。自転車は嫁の方が新しく高価な物です。

ですから体力が無いのに過度な期待をしてロードバイクを買っても、最初から颯爽と乗れると思わない方がいいです。

でも最初に書いたように、自分を鍛えれば鍛える程、のびしろのある自転車なので、所有する価値はあります

最初は20キロ走行が限界だった人でも200キロでも楽しく走れるようになります。ママチャリで200キロはたとえ走れても楽しくないと思います。

ママチャリやミニベロでは避けていたキツイ坂も、楽しくて積極的に挑戦したくなります。そこまでいくと、もうロードバイクから離れられなくなるでしょう。

 

 

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す