自転車でのお尻の痛み

Pocket

自転車で長距離を走り始めると、お尻が痛くなる人が多いと思います。原因は人によっても違いますが自分の経験からすると。

  • そもそも自転車に乗りなれていない

  • サドルの形状が合っていない

  • サドルの高さが低すぎて荷重がお尻に集中している

 


自転車に乗りなれていない人は、自転車に乗る距離と時間を稼げば、次第にお尻も自転車に慣れて痛みも少なくなっていくと思いますが、それまでは、スポンジやゲルなどのクッション材の入ったパンツを着用して乗れば痛みが和らぎます

プロでもレーサーパンツにクッションが入っています。自分も初心者のころに20キロ程度の走行でも着用していましたが、今は長距離走行以外は必要ありません。

下着の様にアンダーに履くものと、そのまま履いて走れるものがあります。普通は1枚だけのそのままのタイプです。

最初はおむつみたいで違和感がありますが、これも慣れです。


サドルの、合う、合わないは、人それぞれで非常に難しいです。ある人にはピッタリでも他の人には全く合わないなど、サドルの商品レビューは参考程度にしかなりません

高級で高いサドルなら合うわけでもなく、試してみないと分かりません

自分はネットで買った2000円位の無名メーカーのサドルが一番合っています。いままでにサドルは十個以上買っています。

自転車に最初から付いていたサドルを含め4個目くらいでちょうどいい物に出合いました。

スポンサーリンク

もっといいサドルに出会うかもと、その後も試しましたが、2000円の無名メーカーの物が合っています。

数万円以上するサドルは自分に合わなかった場合、痛い出費になるのでまだ試したことはありません。


サドルの高さの問題は、初心者など特にサドルの位置が低すぎて、体重のほとんどをサドルに預けることによる痛みです。

サドルの高さを上げると腕や手、脚に荷重が分散されるのでお尻の負担が減ります。ペダルも漕ぎ易く。足の疲れも減り、一石二鳥です。


立ちこぎ等を併用して、お尻の負担を減らしたり、サドルに座る位置を時々変えてお尻の一点ばかりに力が集中しないようするなど方法があります。

ギアを軽くしすぎないようにする方法もあります。理由はサドルが低いのと同じで、軽いギアで漕ぐという事は、足に体重が乗っていないので、サドルの方に荷重が流れてしまうこと。

お尻に掛かる体重をペダルを踏む力にすることを意識すれば、自転車も進むし、お尻の負荷を減らす事になります。

自転車のサドル サスペンションのシートポストを使ってみた

 

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す