雨の日の自転車 どうしてる

Pocket

自分がいくら自転車好きでも乗りたくない日がある。雨の日と風が強い日です。

特に雨の日は乗りたくない。出先の天候の変化で雨が降るのは諦めもつきます。

しかし出発前から雨では、カッパまで着て出かけるのはかなり億劫だし、路面は滑りやすい、車からは認識されにくい、自転車も汚れるなど考えると出かける意欲はなくなります。

最近の様に天気の良い日が少なく、また梅雨の時期などは長時間乗れないので、ストレスがかなり溜まります。

泥除けが付いていて、多少の汚れも気にならないママチャリなら少しはましですが。雨水は顔にあたるので視界の悪さは同じ、首筋から侵入してくる雨水は冷たくてとても嫌なものです。

オートバイの一部の車種に屋根付きバイクがあります。一番見かけるのはピザの配達などに利用されているバイクです。外国にはもっとスタイリッシュな屋根付きバイクもあります。

でも自転車の雨対策としては

ママチャリに傘をさして乗る人はいますが、片手運転は危険だし、自転車の取締も強化されてきたので、薦められる方法ではありません。

傘を取り付けるホルダーは今も売っているようですが、しょせん傘なので超低速でしか効果が無いでしょうし、周囲に人や車がいると危険でしょう。

スポンサーリンク

ルーフ付きオートバイみたいに屋根付きの自転車があればいいが、重量や風圧の事を考えると無理だろうなと思っていたら、なんと自転車専用ルーフが発売されていたのです。雨用けシールドという、まだ新しい製品です。

スイス生まれで軽量、販売元のホームページを見るとロードバイク等一部車種とハンドル幅の短い車種等はだめですがママチャリなど一般的な車種はほとんど取り付け可能みたいです。

ただ価格が少し高いのがネック、ママチャリだと自転車本体より高い出費になるかもしれません。

ママチャリに付けるとなると高くても1万円程度でないと買う気になれません。その他、スポーツサイクルでも風圧の抵抗など考えると、いきなり数万円もだしてチャレンジできません。

需要があればいろんなメーカーから安い製品も出てくると思うので今は待ちたいと思います。


室内で自転車を漕ぐサイクルトレーナーは持っていますが、風景が変わらないのは退屈で、15分以上のトレーニングは退屈です。実車の走行間隔に近い、3本ローラーを買おうと検討していましたが所詮景色は変わらないのどれだけ続けられるかも分かりません。

今の所、諦めてカッパを着て雨の中を走るか、サイクルトレーナーをするかしか対策はなさそうです。

 

 

 

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す