自転車に乗れば、ダイエット中でも後悔なくスイーツが食べられる

Pocket

自転車のレースを見たことはありますか?選手がドリンクのほかにカロリーメイトみたいなスティック状の食物を定期的に走りながら食べています。

 

低血糖にならないように食べているのです。

低血糖の症状が自ら気が付かないうちに急に現れ危険になるので一定の間隔で食べています。

プロの選手だけでなく素人でも長時間、自転車に乗っているとなります。

自分も休日に長時間自転車に乗る時は小型の羊羹を携帯していきます。少し疲れてきたなと感じるときに食べます。アンパンなどを持ち歩くサイクリストも多いようです。

自分の場合、1-2時間に小型の羊羹を1つ取っています。多いのか少ないのかは分かりません。

せっかくダイエットをしているのに糖分を取ったら帳消しになるのでは?と思うかも知れませが、糖質がないと脂肪も燃えにくくなります。

 

だから長時間自転車に乗る時は遠慮なく好きな羊羹を食べます。脂肪も減り、甘い物も罪悪感なく食べられ、こんなにいいことはありません。

スポンサーリンク

 

ケーキが好きだとか、たい焼きが好きだとかいう人は、少し遠い所にあるおいしい店を探して、そこを目的地に走るとモチベーションも保てて頑張って走れると思います。

他のサイクリストのブログを良く拝見しますが、いろんなところで食べた食事やデザートの写真をアップしているのを見かけます。サイクリング中の楽しみの一つとして、おいしい食事をすることが組み込まれています。

後悔なく食べられる上に、運動しているので、特別おいしく感じると思います。

自分は一人の時は、あまりレストラン等には寄りませんが、娘と嫁が一緒の時は、おいしい店を探して立ち寄ります。


追記

注意しなければならないのは、運動したからと安心して、過剰にカロリーを摂取すること。

運動中のカロリー摂取は大事ですが、運動後は良く考えて食べないといけません

運動後は糖分は控えめにして筋肉の損傷を補修するタンパクが多い食べ物を摂取する必要があります。プロのようにプロテインをシェーカーで飲む人もいます。そこは程ほどでいいと思いますが、運動後の甘いものの取りすぎは、控えたほうが賢明です。

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す