ロードバイクのメリット

Pocket

究極のスポーツサイクルはロードバイク

自転車ブームでやっとロードバイクもメジャーになってきました。自転車業界は弱虫ペダル様様でしょう。

少し前まではドロップハンドルの自転車に乗っていると競輪の自転車と間違われていました。若い女性のロードバイク乗りがこれほど増えるとは誰も想像しなかったでしょう。

自分も以前はミニベロで十分と思っていましたが、今ではロードバイクにもどっぷりはまっています。


ロードバイクの優れている点

  • なんといってもスタイルがいい
  • 軽くて速い
  • 長距離ツーリングも楽

自転車自体のカッコいいスタイルと前傾姿勢の乗車スタイルで自転車に興味がある人は一度は乗ってみたいと思います。

ドロップハンドルも見かけだけではなくて、ハンドルの持つ位置をいろいろ変えられるので、乗車姿勢が変えられ長距離も楽に乗れます。

フラットのハンドルだと手も体も同じ姿勢で痛くなります。

いわゆる下ハンドルは、速く走る時だけではありません。向かい風の時など、風の抵抗を減らす事ができ、相当に楽に走ることが出来ます。

軽量な車体と細いタイヤのおかげで速度もかなり出ます。平地なら原付バイクと巡航もできます。場所によっては原付より速く走れます。

車体の形状がほぼ同じでハンドルだけがフラットの自転車はクロスバイクといい、最近多く見られます。

自分はクロスバイクは何となく中途半端で買ったことはないですが、それなりにいいのかもしれません。でもどうせ買うならマウンテンバイクを買ってタイヤをロード使用に替えます。


ロードバイクの欠点

スポンサーリンク
  • 価格が高い
  • 盗難の可能性大
  • 普段着では乗りにくい

安いパーツを組み合わせたロードバイクもありますが、5万円以下では、ほぼまともなロードバイクはないと思います。
自転車に詳しくない人は判らないかもしれませんが、あらゆるパーツが貧弱です。

形だけがロードで中身はママチャリです。あんなパーツで恐ろしくてスピードを出せません。見かけだけのロードバイクより籠のついたママチャリの方が100倍いいです。
自転車人気のおかげで低品質のパーツで無理やりロードバイクを作って売っている店もありますが騙されて買わないようにしましょう。
なんちゃってMTBというのがあります。マウンテンバイクと謳っているのに「悪路を走らないでください」というシールの貼られた見かけだけのマウンテンバイクです。
いまだに多くのネットや量販店で売っていますが、それのロードバイク版、なんちゃってロードバイクは避けましょう。

一般的なロードバイクは20万円以下で入門クラス、高い物は100万円以上するバイクもあります。自転車に興味のない人からすればありえない価格です。

しかも自転車自体が軽くてパーツも簡単に外せるので盗難に遭う可能性も高い。重たいママチャリよりも軽くて高価な自転車を狙うのは明らかでしょう。

服装も普段着で乗っている人もいますが、ギアむき出しなのでズボンは引っ掛かり汚れるし、高速で風圧で服がバタバタなるのは気になるので、やはりある程度のウェアが必要になります。

そのほかにも必要なパーツが多々あります。ヘルメット、サイクルコンピュータ、工具、ボトル、etc. メンテナンスも大変。

それでも、やはり楽しいのでロードバイクに乗る価値はあります。

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す