ミニベロのメリット

Pocket

日常の足としても、スポーツサイクルとしても使えるミニベロ

ミニベロと聞いても自転車にあまり詳しくないと、分かりません。

小径車と書いた方がイメージしやすいかも。見ればすぐわかります。ホームセンターなどで売っている折り畳み自転車が分かり易いかもしれません。

子供用自転車位の20インチくらいの小さいタイヤを履いた自転車です。

最近はママチャリよりも格安で、籠を装備したものも安く売られているので買い物用自転車にする人や、デザインも恰好いいのがあるので日常の足として利用している人も多いです。

価格も種類も様々ですべてを詳細に説明するのは難しいので後に回します。

ミニベロの優れている点

性能にこだわらなければ安く購入できる(ただ高い物はロードバイク並みの価格)

  • コンパクトである効果 小回り、駐輪、運搬などが楽ちん
  • 服装もママチャリ同様 どんな服でも似合う
  • 恰好がいいのでスポーツサイクルとして利用しても違和感がない

ホームセンター等では1万円以下で売られている事も、イベントの景品なんかでもよく見かけますが、安全面で心配なので注意は必要です。折り畳み機能が必要でなく、メインの自転車として買うなら格安折り畳みミニベロは避けた方が賢明です。

スポンサーリンク

ミニベロはコンパクトさが一番のメリットでしょう。

価格の割には軽量で、室内保管も楽です。スポーツタイプを選べば、長距離のサイクリングもできます。いろんなタイプがあるので使う人の用途によっていろいろ選べます。

ミニベロの欠点

  • タイヤが小さいので乗りごごちは良くない 特に段差や荒れた路面
  • 盗まれやすい(ただ1万円位の自転車ならショックは少ない)
  • パーツが高め(専用品が多いため、互換性がなく、高めの部品を買わざるを得ない)

メリットがそのままデメリットになります。タイヤが小さいので振動が結構手にきます

小ささが故に盗まれやすい。電柱など固定物にロック(地球ロック)をしないと心配。

タイヤも小さいのですぐ消耗。

他の部品も専用品が多く、流通量が少ないので、手に入りにくく価格も高い。

運搬力などはママチャリに劣るが、デザインや使い勝手のよさから、ミニベロの活躍範囲は広いです。

日常生活やスポーツ、いろんなシーンで使えるのでダイエットをするのは持って来いです。自分もミニベロでの出番が一番多く、次にままちゃり、ロードです。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す